はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:国際結婚 ( 10 ) タグの人気記事

ハッピー・バレンタインズ・デー!!

昨日デビブが「今年のValentine(バレンタイン)は何もしないよ」といっていたけど、
今朝起きたら、ベッドルームに
チョコを持った革ジャンのクマがいました↓
a0118890_14531479.jpg



デビブ、ありがとう!!

Happy Valentine's Day!
みなさんはどんなバレンタインデーを過ごされましたか?



今日の豆知識⇒アメリカのバレンタインは、男性が女性に贈り物をするのが一般的なので、「日本では女性が男性にチョコをあげます」とアメリカ人男性に説明すると、たいてい「日本に行きたいなあ!」といわれます・・・。
[PR]
by masmic | 2010-02-15 14:55 | アメリカ文化

ESLの夏のクラスが終了しました。

Summer term(夏学期)の授業が月曜で終了し、
今日は、Teacher-Student conferences(生徒の進路について話し合う、先生と1対1の会議)がありました。


今タームの先生はロシア人女性だったのですが、
彼女もアメリカ人と結婚してアメリカに移住してきたという背景を持つので、
いろいろ励ましてもらいました。


英語をネイティブなみに習得するのには、時間がかかるということ。
新しい国に移住したあと、いくつかのstage(段階)を踏むということ。
(最初は、移住した国のすべてが好きになり、
次は、なんでも祖国と比べるようになってすべてが嫌になり、
その後、徐々に時間をかけてまた移住した国を好きになっていく、慣れていく、というものでした)


私の場合は、日本でキャリアもありindependent woman(自立した女性)だったのが、
アメリカに来て急にdependent(依存)な状況になったため、
自信をなくしたりしてしまったのでした。


でも、先生も同じ体験をしてきているので、
I was there. It takes time. Be patient. Be brave.(私もあなたと同じ状況だったわ。時間がかかるのよ。辛抱強く、勇気を持って)」と励ましてもらいました。これは自分にとってすごくいい体験となりました。


写真は、先週クラスで開いたgraduation party(卒業パーティー)の持ち寄り料理です。
私はオリジナルのkeema curry(キーマカレー)を持参。あとは先生のRussian salad(ロシア風サラダ)、クラスメイトの持参したcilantro & crab salad(コリアンダーとカニのサラダ)、レモンケーキ、ラップなどなどです。
インターナショナルなpotluck(ポットラック。持ち寄り料理)って楽しいです♪↓
a0118890_12224349.jpg





◎おまけ ~さかな君の近況~
今ターム中に、マクロビ先生Beth(ベス)に、シソを持っていってあげたら、
両日とも、さかな君が「これなに?」と食いついてきました。
「日本のハーブだよ」というと、「食べられるの?」といって小さい葉っぱを1枚とって、何度も「大丈夫?」と聞いてきます。「大丈夫だよ。毒はないよ」というと「本当? 前に、犬に草を食べさせたら死んじゃったんだー」だって。食べさせるなよ!! と思いました。そんな彼は、”若く見られたいため(本人談)”、いつもNIKE(ナイキ)などのアクティブウェアを着ているそうです。たまに透けていましたが(笑) 
秋タームで再会できることを祈ってます。





今日の豆知識⇒夏学期が終わって、fall term(秋学期)が始まるまで、丸一ヶ月間も夏休みがあります。Teacher-Student conferencesでは、先生のオフィスにいって、自分の成績を聞き、次のタームでどのクラスをとるべきか、などの相談をします。職員室みたいな大部屋はなくて、各先生は小さいオフィスを持っています。オフィスの中には、その先生の好みのインテリアが飾られていたりして、興味深いです。
[PR]
by masmic | 2009-08-20 12:38 | ESL・英語

初めて参列した、アメリカの結婚式。

実は、私とデビブは、まだ結婚式をしていません。。。
そこで、将来結婚式をするときの参考になれば、という理由もあり、
お義母さんの知人の結婚式に参加してきました。私にとってアメリカで初めて行った結婚式です。


場所は、先月ブルーベリーを採りに行った農家近くのMount Pisgah(ピスカ山)。
(山でやるのって、びっくりなんですが・・・)

最初に受付にプレゼントを渡します↓
a0118890_9451515.jpg



プレゼントがない人は、この募金箱みたいな箱にお金を入れてもOK↓
a0118890_9464263.jpg



式場はアウトドア! 椅子だけが置かれていました。暑いので水を渡された・・・が、これが正解。椅子の近くに行ったら、2人の男の子がいて、「Bride or Groom?(花嫁側の関係者か、花婿側の関係者か)」と聞かれました↓
a0118890_9474435.jpg



男の子がこれをくれた。式次第・・・。みんな暑いのでうちわ代わりに使っていた。なんか合理的で感心しました↓
a0118890_10325793.jpg



ちなみに私はカジュアルなサマーワンピースを着て行きました(上の写真はそのワンピースの模様)。日本の結婚式だったら、これカジュアルすぎだよな~ぐらいが、ここでは良いようです。
男性も、ネクタイをしていたのはデビブだけで、あとはポロシャツとか・・・なんとジーンズの人も数人いました!すごくカジュアルなので驚きました↓
a0118890_94845100.jpg



式場は本物の森の中です。この日はちょっと蒸し暑かった!
渡された水をゴクゴク飲みましたよ↓
a0118890_9491145.jpg




約30分遅れで式が始まりました。


最初にGroom(新郎)、そしてGroomsmen(花婿の付添い人)が続きます。参列者はみんな着席のまま見守ります↓
a0118890_9494142.jpg



それからBridesmaids(花嫁の付き添い人)が続き・・・↓
a0118890_950919.jpg



なぜかモヒカン頭(笑)のRing bearer(指輪係)が続き・・・↓
a0118890_9504427.jpg



そしてBride(花嫁)が登場。このとき、全員起立して迎えます。花嫁の両脇は彼女の両親です。それから、Giving of the bride(花嫁を花婿に渡す場面)が行われます↓
a0118890_9511070.jpg



このカップルはどうやらキリスト教らしく、牧師が立会いました。お互いにvows(誓い)をしたあと、両家のおじいちゃんがそれぞれ短いお祝いの言葉を述べたのが、ほほえましかったです↓
a0118890_9513689.jpg



そして指輪やキスなど全部終わったら、牧師が「This is Mr. and Mrs. ■■(■■夫妻です!)」というpronouncement(宣言)をして、カップルは退場しました。
カジュアルだけど、とっても素敵な式でした↓
a0118890_952281.jpg




その後がウケた・・・。みんな自分の座ってた椅子を持って、reception(レセプション、披露宴)会場にゾロゾロと移動(笑)↓
a0118890_9523298.jpg





次回は、レセプションの様子を紹介します!



今日の豆知識⇒今回はご祝儀代わりにプレゼントを持っていったけど、いろんなパターンがあるみたいで、あらかじめ新郎新婦が指定した商品をデパートで買うwedding registry(レジストリー)をするカップルもいます。これだと新郎新婦が欲しいものだけをもらえるので合理的です。ちなみにESLの韓国人の友達に聞いたら、韓国ではお金を持参するそうで、親友じゃない普通の友達の場合は$25ぐらいでいいと言ってました。「日本で私は普通30,000円(約$300)払ってた、$100は少ないし$200は割り切れるから縁起が悪い」といったらクラスメートは「高すぎる!」と驚いていました・・・。
[PR]
by masmic | 2009-08-04 10:07 | アメリカ文化

デビブの日本語がだんだんおかしくなってきてる?

デビブは、英語と日本語のbilingual(バイリンガル)です。

でもどちらかというと、ネイティブなのは英語で、計算とかは英語で考えてるみたいです。
日本語もほぼネイティブですが、漢字が弱いです。
日本の友達にお手紙を書くときは、漢字のdictionary(辞書)を見てる↓
a0118890_3461020.jpg




これを見る限り、漢字のレベルは小学校2年生ぐらいと思われます。。。
私がたまに日本語のメモとかをさっさっさ~と書いてるとき、
「漢字を早く書けていいなぁ~」とうらやましそうです。
漢字は、デビブには模様や絵のように見えるとのこと。


そんなデビブですが、会話はバッチリです!
でも最近は、なんだか使う日本語がおかしい気がして。。。
いや、あってはいるんですけど。。。。

☆デビブ語録
①デビブに近くでオナラ&ゲップされたお義母さんと私が「ちょっとー!!やめてよも~!」と憤慨したときの一言
→「いやよ、いやよも、好きのうち

②私が忙しくて、ついデビブを無視してしまったときの一言
→「ホレたオイラの負けだね

③なんだか明日は雨が降りそうだな~というときの一言
→「明日もおしめりかな?」

④サンダルを買おうとしてて、私が「それどこで履くの?」ときいたときの一言
→「世間ではくの

⑤薬を買いに行って、薬局の人にアドバイスをもらったときの一言
→「おばあちゃんの知恵袋だね」(店員さんは50歳ぐらいの女性だった)


終始、こんな調子なんですけども。。。
あってるんだけど…でも、何か、ひっかかります!




今日の豆知識⇒あと、アメリカに帰ってきてから、Rをたまに巻いています。(例:「こじんまり」が「こじんまRRRり」になってる)。日本に住んでたとき、デビブの寝言は日本語でした(例:「オイラのたのんだのがまだ来ないの・・・すみませ~ん!」←夢の中でも飲み屋に行っているデビブ。一人称はなぜかいつも「オイラ」)。それが最近英語で何か言っています(例:「■▲is very very ◎△!」←聞き取れません)。デビブの頭の中で、何が起こっているのか、非常に気になります!
[PR]
by masmic | 2009-05-02 03:53 | 日々の生活あれこれ

夫のことを何と呼ぶ?

このまえの火曜日に、またお義母さんがpotluck party(食べ物持ち寄りのパーティ)を開きました。

お義母さんは、肉入り&ベジタリアン用のdumpling(ギョーザ)、イカと大根の和風煮物、エビ入りでベジタリアンもOKのヤキソバを、私は先日マクロビ先生に教えてもらったQuinoaキノア(Jeffの嫌いなオニオン抜き)を作りました↓
a0118890_77199.jpg




韓国人夫妻ヨンエーさん&夫ヨボは、豆腐とeggplant(ナス)の肉なし中華風炒め物、
釣り好きのアメリカ人夫妻ダイ&ジェリー&お母さんのポリーンはワインとサーモンを持参。

マリコさんはホイップクリームのたっぷりのったseasonal pie(季節のパイ。これはストロベリー)です↓
a0118890_773451.jpg




お義母さんのお友達は、マリコさんの夫Jeffのようにアメリカンな食事を好む人や、ダイのようなベジタリアン、塩をまったくとらないヨボなどいろいろなので、食事もいろいろ用意します。ヨボ用のキノアは、味付けもまったくしませんでした。でも中にはジェリーのように、日本の珍味さきいかとヌカづけキューリをパクパク食べる人も…。


ダイ夫妻は韓国人の子どもを養子として育てたので、初めて会ったヨンエーさんとも親しく話していました。
話の途中でダイがヨンエーさんに
Where’s your husband?」(旦那さんは?)
ときいたので、私が
「あそこだよ!ヨボー
と呼んだら、ダイも
「Hi! ヨボ!」とあいさつ。
そしたらマリコさんが
Don’t call him “YOBO”! “YOBO” means “sweetheart”.」(ヨボってよんじゃだめよ!ヨボって、”スイートハート-愛しい人-“って意味よ)
とあわてて止めに入りました…。ダイ大爆笑。


"ヨボ"の名前知らなくて、いつもお義母さんと「ヨボがさ~」と話していたので、ついニックネーム感覚で呼んでしまいました。

でもヨボも「I’m ヨボ♥」とかわいく手を振っていたのが、おかしかったです。

結局、いまだに"ヨボ"の本名はわからずじまいです。。。



今日の豆知識⇒デビブもたまに私を「Sweetheart.」とか「Honey.」と呼んでくれますが、私はいまだに恥ずかしくて、「デビブ」と名前で呼んでしまいます。英語では、夫婦は甘いものの呼び名で呼び合うと聞いたことがあります。でも、私とデビブの最近のブームは、「Hey, Mambo!」(ヘイ、マンボ!)と呼びあうことです…。
[PR]
by masmic | 2009-04-25 07:14 | 日々の生活あれこれ

結婚記念日ディナー。 -Beppe&Gianni's Trattoria

本日4月15日は、わたしとデビブのfirst wedding anniversary(結婚一周年記念日)でした。
学校が終わったらデビブが迎えにきていて、お花とカードをくれました。ありがとう、デビブ♥↓
a0118890_14553513.jpg



それから、夜はディナーを食べに出かけました。

実は今朝、
「今日は一生に一回の結婚1周年記念日だからディナーにいって、それから私達はちゃんとしたプロポーズ(片ひざをついてするやつ)もなかったから、それを改めてやってみては?」
とさりげなく提案したのですが、
デビブが恥ずかしいから嫌だと却下。
「じゃあ、もう一回結婚一周年をやるには、一回離婚してまた結婚するしかないねぇ」
といったら
「そしたら、もう一回グリーンカードの手続きやらなきゃならないのめんどくさいから、やっぱりディナーにいこう!」
という話になりました(笑)それでたぶんお花を買ってきてくれたのでしょう…。


レストランも、フレンチではなく2人の好きなイタリアンにしました。
ここはユージーンで美味しいと評判のBeppe&Gianni's Trattoria(ベッペ&ジアーニズ。公式HPはコチラ)↓
a0118890_15115663.jpg



中に入るとすぐwaiting bar(バー)があって、ところどころ柱で区切られた空間に、無造作にテーブルが配置してあります。雰囲気は、イタリアの田舎の家みたい。夏は外にpatio(テラス席)もできるようです↓
a0118890_15184087.jpg



本当に食堂みたい↓
a0118890_15222230.jpg




まずスパークリングウォーターと、Caprese(カプレーゼ)をオーダーしました↓
a0118890_1525963.jpg



これは、Puttanesca(プータネスカ)というパスタ。トマト、アンチョビ、オリーブ、ケッパー、オニオン、チリフレークが入っています。パスタはフィットチーネをチョイスしました。これは非常においしかった↓
a0118890_1529850.jpg



メインはPollo Marsala(ポヨマルサーラ)というチキン料理↓
a0118890_15461731.jpg




デザートは店オリジナルじゃなく、Sweet Lifeのものでしたので、今日はパスしました。

私たちが食べ終わるころ、店の入口には行列が。。。
ユージーンではかなりの人気店です。コストパフォーマンスも良かったです。



今日の豆知識⇒このお店は、先日もユージーンの新聞The Register-Guard(レジスターガード)のreader's choice Awards(読者投票)で1位に選ばれていました。4月15日はアメリカではtax dayと呼ばれていて、毎年tax(税金)をfile(申告)する最終日となっています。今日帰りにgrocery store(食料雑貨店)に寄ったとき、デビブがレジのおばさんに冗談で「Happy tax day!(よい税金日を)」といったら、「あら、私今日結婚20周年なのよ!」と言われ「僕達も結婚1周年だよ!」と返していました。なんたる偶然!
[PR]
by masmic | 2009-04-16 15:49 | ユージーン -レストラン

これって流行語? 日本語vs.英語。

デビブが最近この映画を図書館で借りてきてみていました↓
a0118890_4483880.jpg



この『たんぽぽ』という映画の中で、宮本信子が「アンター!死なないでー!」と叫ぶシーンがあり、
それを見たデビブは「今度からオイラのことも『アンタ!』って呼んで♪」
と新ルールを作ろうとしていました。。。(却下しました)


そのほかにも、デビブは「(ご飯を)こしらえる」(『渡る世間は鬼ばかり』より)や、
「(冗談)なんかじゃ、ありゃしないよ」(浅草の大衆演劇より)などを、
お気に入りの日本語として使っています。


私が気になる英語は、みんながやたらと使ってる「Awesome!」です。
日本の学校では
awesome=恐ろしい
と習ったけど、みんなが使っているのは
awesome=すごい!
Sounds awesome.」(それいいね~)
などという意味らしいです。

これは以前のcool(かっこいい)みたいな流行語なのかとデビブに聞いたら、
先日バナリパの店員にわざと4回ぐらい「Awesome!」を使っていて…(汗)
このように…↓
「(デ)Awesome!」「(店)Yeah!」「(デ)Awesome!」「(店)Yeah!」…
その結果、「やっぱり流行ってるみたいだね」ということになりました。


あと、外出時にジャケットを着るか着ないか迷って、間違って暑苦しい格好になったデビブに
You make me feel hot.」といったら、
「それは男を誘惑する言い方(あなたはわたしをホットにさせる→あなたセクシーだわ、みたいな意味)だから、オイラ以外には言わないで」とのこと…。あちゃー。
暑苦しいね、は「You dressed for winter.」などというそうです。

この"暑苦しいね"のほかに、
"方向オンチだね(You have no sense of direction.)"と
"You're clumsy.(ドジだね)"が、
最近二人でよく使っている言葉です。。。



今日の豆知識⇒デビブから教えてもらったけど、この『たんぽぽ』という映画を見て、芦花公園に『Ivan ramen(アイバンラーメン)』というラーメン屋を開いたアメリカ人がいるそうです。公式HPを見て、興味がわきました。今度日本に帰ったらぜひ行ってみたいです。
[PR]
by masmic | 2009-04-11 05:10 | 日々の生活あれこれ

結婚指輪ができました。

サイズ直しが終わって、結婚指輪が手元にきました!
以前のブログに書いたジャッキーの店で希望のものを購入することができ、とても満足です。

a0118890_11422978.jpg



engagement ring(婚約指輪)は、ダイヤが一個だけついているクラシックなsolitaire ring(ソリテア)、wedding band(結婚指輪)は小さなダイヤが列になってついているものにしました。この組み合わせ、とても気に入っています↓
a0118890_1143881.jpg



婚約指輪とバンドをくっつけてしまう人もいるそうですが、私は将来子どもにbandをあげるかもしれないので、そのままにしました。
そのことより、私には気になっていることがあり…。

わたし「指輪の内側にイニシャルとか入れてもらう?」
デビブ「m&d tlfとか?ダサいよ!」
わたし「なに?? m&d(マスミとデビブ) trf(ティーアールエフ)?」
デビブ「それはTK rave factory(いわずと知れた小室ファミリー)じゃん!オイラが言ったのはtrue love forever。やっぱり日本人ってLとRに弱いね」だって…。ガーン!! 言われてしまった。く、くやしい!
「…そうだよね、…ださいよね」ということで却下です。

それにしても、デビブはなんでtrfのフルネームを知ってる???



今日の豆知識⇒私は「80歳のおばあさんになるまで同じ指輪だから、飽きのこないシンプルなものにしよう」と思っていたんですが、お友達のマリコさんによると、「そんなのは5年ぐらいして飽きたら、自分で作り変えてよいのよ。そんなもんは夫に断らなくてよろし」とのこと。マリコさんは最初ゴールドのリングだったのをプラチナに作り変え、さらに中央のダイヤの周りに、夫の母からもらったダイヤを一個ずつ付け加えていったので、最初の指輪と今の指輪は全然違うものになっているそうです。指輪も歳とともに進化するんですね…。
[PR]
by masmic | 2009-02-26 11:52 | 日々の生活あれこれ

ソーシャル・セキュリティ・カードを再申し込み。

アメリカに入国して40日。グリーンカードは届いたのに、
Social Security Card(SSC)がなかなか来ないので、オフィスに直接行ってみることにしました。

SSCには、Social Security Number(SSN)と呼ばれる9桁の番号が載っています。
それはアメリカ人や永住者個人個人に振り当てられる背番号のようなものであり、
仕事をするときなど、生活のいろんな面で必要になるのです。

私の場合は、グリーンカードを申し込んだときに、
在日アメリカ大使館で一緒にSSCの発行も申し込んだのですが、
1ヶ月過ぎても音沙汰がないので、直接聞いてみることにしました。

ここがEugeneのオフィスです↓
a0118890_12113848.jpg



窓口に呼ばれると、真っ赤なマニキュアの若い女性が担当でした。
What can I help you?」(用事はなんですか?)
と聞かれたので、がんばって自分で言ってみました。
I applied my social security card when I got my green card, but I haven't received it yet.」(グリーンカードをもらったときにSSCを申し込んだのですが、まだ受け取ってないのですが)

すると、赤いマニキュアの女性は、しばらくコンピュータで調べたあと、
We don't have your record.」(あなたの記録はありませんね)
と言いました。

なんでぇー!?
いつどこでapplyしたかと聞かれたので、embassy(大使館)と答えましたが、
やはり記録はなく。はは~ん、大使館との横の連携はないんだな、と悟りました。。。


で、しょうがないからまた再度申し込みをすることにしました。


そうこうしているうちに、赤いマニキュアの女性のコンピュータがフリーズしてしまって(-_-;)
別の窓口に行かされました。とほほ。


新しい窓口の人はとても対応がナイスで、いくつか質問された(私の生年月日と、親の名前など)あと、サインして終わり。1~2週間で届きます、とのことでした。


今日の豆知識⇒SSCがないと、運転免許も取れないし、オレゴン州の身分証明書も作れません。身分証明書がないと、リカーショップでお酒を買うときや、バーに入るときに困ります。自動車保険やオンラインバンキングにも必要になります。SSNは何かと聞かれる番号なのです。
[PR]
by masmic | 2009-02-25 12:51 | グリーンカード・移住

アメリカで結婚指輪を買う。

Valentine’s day(バレンタインデー)が近づき、jewelry shop(宝石店)の広告が毎日すごい勢いで新聞にはさまってます。2月14日までセールなのです。

そして、私とデビブに一番足りないもの・・・
それが、結婚指輪!!
(結婚して10ヶ月たつのに未購入…。結婚式もまだだし…)

もともと、「指輪はアメリカに行ってからね」と約束していたので、このセールの時期をこれ幸いにと最近ジュエリー店巡りを始めました。

さて、ユージーンで有名なモールは、バレーリバーセンター(Valley River Center)、
通称バレリバといいます。とりあえずここに行ってみました。

そこで気づいたこと・・・

アメリカの指輪は、これでもか~!!というぐらいダイヤがてんこ盛り! 
ゴージャスなものが主流ということです。やはり量が重要なんですね、この国は。
対して、私とデビブの好みは共通していて、「シンプルなもの」です。

そしてアメリカでは、engagement ring(婚約指輪)とwedding ring(結婚指輪。単にbandとも呼ぶ)を日常的にセットでつけるのが主流です。最初からセットで売っているものもあれば、自分で選んで組み合わせることもできます。

私は迷いました。私たちはすでに婚約期間ではなく、結婚しているのに、いまさら婚約指輪が必要なのか?

というのも、私たちは最初、結婚指輪だけを買おうと思っていたからです。日本では結婚した夫婦は、プラチナのプレーンなリングなんかを1個ずつつけますよね?だから私たちも、ややリッチな結婚指輪を買って「1個で2個分!」と思っていたのです。加えて、二人ともシンプルな指輪が好みです。

が、ジュエリー店にいって、「結婚指輪を探しているのですが…」というと、たいていこのゴージャスなセットのものを紹介されます。
セットになっているのには訳があるらしく、
(夫からもらった)婚約指輪は一生自分で持っておき、
(2人で選んだ)結婚指輪は子ども夫婦などにあげる、
などするようです。

んで、結論からいうと、バレリバの、とあるジュエリー店で気に入ったものを見つけました!! 
まだ買っていませんが、いずれそこで買おうと思います。
そこに決めた理由は、指輪が気に入ったことはもちろんですが、
そこの店の店員のジャッキー(←ドラマ「24」のクロエに似ています)が、
「10ヶ月間も指輪なしなの~!!??」と言ってくれたからなのです。
(そうそう、10ヶ月もだよ~!クロエ、わかってくれるぅ~?)と私は心の中で叫びましたよ。
現物はいずれ、写真UPします!


今日の豆知識⇒みんなが知ってるあのcostco(コストコ。英語ではカスコと発音する)にも実はなかなか手ごろで質のよいジュエリーがあります。でも私がいいな~、と思ったのは1万ドル以上したので却下。バレリバの店員さんの別れ際の一言「Happy hunting!(おそらくHappy valentineにひっかけて”幸せな指輪探しを!”の意)」は気の利いた挨拶だと思いました。
[PR]
by masmic | 2009-02-13 05:20 | アメリカ文化


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧