はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:パーティー ( 15 ) タグの人気記事

メキシコ人のバースデーパーティー。

2週間くらい前になりますが、
メキシコ人の友達Thalia(タリア)のbirthday party(誕生会)に招待されたので行ってきました。
22歳になったんだって↓
a0118890_13382341.jpg




タリアは頭の回転が早くて、英会話も堪能、テストも一番に解き終わるタイプです。

こちらはタリアの妹さんと、友達の子ども。かわいい↓
a0118890_13385578.jpg



enchilada(エンチラーダ)とピラフみたいなご飯料理をいただきました。
メキシコ人が作るメキシコ料理って本当に美味しい!
メキシコ料理は日本よりアメリカのほうが安くて美味しいと思う。
ちなみに、おいなりさんとのコラボは正直合いませんでしたが・・・(タリアに日本料理持ってきてとリクエストされたので作ったのですが・・・泣)↓
a0118890_13391945.jpg




タリアの家族や親戚が次々やってきて、
食事後にみんなでケーキを囲んで歌いました。
まず、オーソドックスなハッピーバースデーの歌、
次にメキシコの歌と思われるスペイン語の歌を2曲↓
a0118890_13393919.jpg



このケーキは、メキシコのケーキかな?
アメリカのfrosting(フロスティング。砂糖のかたまりみたいなクリーム)がのってるケーキと違って、クリームがしっとりやわらかくて、美味しかったです↓
a0118890_13395733.jpg




ケーキを食べた後、みんなでPictionary(ピクショナリー)というゲームで遊びました。
picture(絵)+dictionary(辞書)の造語です。
カードをひいて、そこに書かれているword(単語)を表すpictureを描いて、それを各チームごとに当てるのですが、絵心と語彙力が同時に問われる、かなり勉強になるゲームでした!↓
a0118890_13401674.jpg





Thalia, happy birthday!
(タリア、誕生日おめでとう)





今日の豆知識⇒私の周りのメキシコ人は、英会話の堪能な方が多いです。聞くと、生まれはメキシコだけど子どもの頃からアメリカに住んでるとか、アメリカの高校を卒業したとか、市民権とって働いてるとか、みんな納得の英語歴。にもかかわらず、渡米一年の私と同じクラスで学んでいるので、「なんでこのクラス取ってるのー?」と当初すごく疑問でした。会話が堪能でも文法やreading/writing(読み書き)のスキルが高いとは限らないんだなー、と思わせられました。日本人と逆なので「どういう勉強をしてきたの?」と彼らに聞いたら、「英語とスペイン語は同じアルファベットだし、似たような単語もあるから覚えやすいんじゃない?」との返答。本当にそれだけなのかな?
[PR]
by masmic | 2010-02-08 13:47 | 日々の生活あれこれ

年越しカウントダウン・イン・ユージーン!

Happy New Year!!(明けましておめでとうございます)

昨日の大晦日は、Cozmic Pizzaのカウントダウンイベントに行ってきました。
フロアの前半分はテーブルが片付けられて、ダンスフロアになっていました。

10時からだけど9時過ぎごろ行ったら、
店の中でゲームしている年配のグループがいました(笑)
We are bored.(退屈してる。)だからゲームして待つの」とのこと。

その後30分くらいしたら演奏が始まり、ステージ前に人が集まってきました↓
a0118890_9192289.jpg



この日は3組のバンドが演奏するのですが、
そのうちの1つは私の好きなSamba Jaなので楽しみ♪
フロアはあっという間に人でいっぱいに↓
a0118890_9194845.jpg



後ろのほうに席はあるんだけど、
みんな立ってダンスに参加しはじめました↓
a0118890_920107.jpg



店の入り口のほうも人でいっぱいに。
途中、地元テレビの中継も入りました↓
a0118890_92035100.jpg



Hula-Hoop(フラフープ)を持参して遊ぶ人とか、
canes(ステッキ)をパントマイム風に操って踊る人とか、
mask(仮面)をかぶって踊るカントリーフェア風の人とか、
度々ヤニを吸いにいってむせこみながらもダンスに参加するおじいちゃんとか、
"individual(個性的)"を通り越して、"weird(変)"な人たちでいっぱいに・・・(笑)
顔がわかんないくらい仮装した人も(右はうちの弟です)↓
a0118890_921440.jpg



キャンバスを持参して、
この光景を、絵に描いている人もいたし(笑)
みんな、好きなことやりすぎ・・・↓
a0118890_9212469.jpg




うちの妹と弟は、この光景を見てゲラゲラ笑いが止まらなくなりました。
デビブは久々のビールで、いつものようにゴキゲンですが↓
a0118890_9242258.jpg



2番目のバンドがアフリカン音楽を演奏中に、突然「Ten! nine! eight!...(10、9、8、…)」とカウントダウン開始。そして「Three! two! one! Happy new year!!(3、2、1、明けましておめでとう!)」の瞬間がコチラ↓
a0118890_9244820.jpg




その後すぐSamba Ja登場で、盛り上がりは頂点に。
みんな踊ってるので、ブレまくってますが、ステージ下の青っぽい服を着た集団がSamba Ja↓
a0118890_9251546.jpg



ear plugs(耳栓)も出回り始めました~↓
a0118890_9253524.jpg




はしゃぐ妹と弟。
デビブは、引き続き、左のほうで静かにビールを堪能中です(笑)↓
a0118890_926996.jpg







今日の豆知識⇒私は、peacock(クジャク)の羽をつけた裸足の女の人に何度も足を踏まれたんですが、逆に弟は別の女の人の足を踏んじゃったみたいで、彼女が「Ouch! Ouch!(痛い、痛い)」と大げさにアピールしてたのに弟が気づかないでいたら、「分かんないの? かわいいわね。チュ!」と手にしたキスを弟のほっぺたにくっつけていました。そして、「Pass it! Pass it!(そのキスを隣にまわして!)」と指示。そのキスは、次々と知らない人たちにリレーされていったのでした。Love & Peace(愛と平和)な年明けでした。
[PR]
by masmic | 2010-01-02 09:31 | ユージーン -イベント

サプライズ・パーティー大成功!

(今日はかなり内輪ネタです・・・)

Thanksgiving day(サンクスギビングデー)の翌日は、
アメリカではblack Friday(ブラック・フライデー)と呼ばれる、大セールの日です。
この日は早朝5時(!)からセールが行われるので、デビブははりきって仕事に出かけました。


一方、私とお義母さんには、ある重大イベントが・・・
それは、
マリコさん60歳の誕生日を祝うsurprise party(びっくりパーティー)を企画しているのです!
実はThanksgivingに続き、サプライズパーティーも初めての私。
テレビでは見たことあったけど・・・。

日本の60歳=還暦=赤い袖なしや頭巾、という発想から、
ドレスコードはred(赤)、です↓
a0118890_12203043.jpg



35人ぐらいの人が、マリコさんが来る30分前に、赤い服で集まりました!
私が担当したデコレーションも、赤いリボンを基調としています↓
a0118890_12191472.jpg



実は、一ヶ月ぐらい前から、デビブとジェフとお義母さんを中心に、着々と計画を練ってきました。
中でも、「どのようにマリコさんを我が家に誘うのか?」が一番苦労しました。
いろいろ考えたすえ、
結局、デビブがシアトルについていろいろ聞きたいから、
マリコさんたちのシアトルの友達を家に連れてくる、というtrick(策略)になりました。

サプライズ・パーティーは最初が肝心。
一番年上のアヤコさんが、マリコさんたちの到着を、トイレの窓から偵察↓
a0118890_1221217.jpg



そして・・・
SURPRISE!(サプラ~イズ!)↓
a0118890_12212872.jpg



サプライズは大成功! 
自分のバースデーパーティーだと知らなかったマリコさん、予想どおりに驚いてくれました!
そして、お義母さんが用意した赤い衣装に着替え↓
a0118890_1221527.jpg



肝心なところが終わって、あとはみんなでわいわい。本当にみんな赤い服だ~↓
a0118890_12222465.jpg



こちらも赤い服です↓
a0118890_1223342.jpg



ケーキのクリームも赤い色! Kanreki(還暦)のスペルはデビブがケーキ係の人に教えたらしい↓
a0118890_12232012.jpg



本当にみんな赤い服! これはプレゼントを開けるところです。
この後一人一人がマリコさんについてのスピーチをしました↓
a0118890_1224299.jpg



マリコさん、お誕生日おめでとう。ジェフおつかれさま!↓
a0118890_12242956.jpg



影のプロデューサー、うちのお義母さんもお疲れさま!↓
a0118890_1226834.jpg




ブラックフライデーが、Happy Surprise Friday(ハッピー・サプライズ・フライデー)になりました。





今日の豆知識⇒ブラック・フライデーはなぜblack(ブラック。黒)かというと、お店が黒字になるから、らしいです。Thanksgivingが終わると、手のひらを返したようにChristmas(クリスマス)一色になりますが、ブラック・フライデーもクリスマスセールの前哨戦というわけです。日本でクリスマスが終わったらすぐお正月モードになるのと似ている気がします。
[PR]
by masmic | 2009-12-03 12:32 | 日々の生活あれこれ

リトルボーイ、2歳になる。

今日は甥っ子の2歳の誕生日でした。
正式なbirthday party(お誕生会)は後日開くのですが、
今日はお義母さんのお友達(ベティ&ジョージ)がBBQに呼んでくれたので、
そこで前祝をすることになりました。


ベティ&ジョージの孫娘ソフィー(5歳)が来て、甥っ子と遊んでくれた。
Thanks(ありがとう), ソフィー↓
a0118890_16161478.jpg



ソフィーは少しshy(内気)で、fussy(服に凝ったりして気難しいところがある)、picky(神経質)な性格なんだそう。洋服は、自分で触って気に入った布地の服じゃないと買わないんだって。女の子だし、甥っ子より年上だから、よけいにmature(大人びている)に見えました↓
a0118890_161759.jpg




甥っ子は、そんなソフィーのことがすぐ大好きになった様子。
ソフィーに「little boy(リトル・ボーイ)」と呼ばれてた。


一緒に裏庭のトマトを収穫していたとき、
甥っ子がソフィーをhug(抱きしめる)しようとしたら、
ソフィーは私に「His cloth is messy. I don’t wanna make my new dress dirty.(この子の服汚い。新しいドレス汚したくないよ~)」と言ってきました。
見たら、甥っ子の服はつまみ食いしたトマトの汁でぐっしょり・・・だったのでした。
やっぱり男の子と女の子は違うんだね。
a0118890_16172526.jpg





さて、デビブが、手押し車?を押してあげたら、2人とも大喜び↓
a0118890_16174270.jpg



デビブ、すぐ息が切れぎれに。
実際、大人にはかなりきつい作業です・・・。
が、2人に喜んでもらえて幸いでした↓
a0118890_16175781.jpg




この後、私もやらされました(笑)
リトルボーイの誕生日ですから、がんばりました!↓
a0118890_16181091.jpg




リトルボーイ、今年はケーキのろうそくを、一人でちゃんと吹き消せました↓
a0118890_16182754.jpg




彼はcurious(好奇心旺盛)で、最近hyper(すごく活動的)です。
なので大人たちは、イタズラされる前にすぐケーキを用意してあげよう、と必死(笑)↓
a0118890_16184962.jpg



おいしくいただきました。
手前はソフィーのチョコレートケーキ。
彼女、こんなところにもこだわりが(笑)
a0118890_1619410.jpg




ソフィーと別れるとき、悲しくて泣いたけど、
家に帰ってきたら、お友達からプレゼントが届けられていて、大喜びだったのでした↓
a0118890_1620338.jpg







今日の豆知識⇒ソフィーは幼稚園に通っているけど、ちゃんと一人でスクールバスに乗って行っているそうです。ベティ&ジョージの裏庭のトマトは非常に甘くて美味しいのですが、これは近くのchicken farm(養鶏場)から鶏の糞でできたcompost(堆肥)を購入しているからなんだって。ripe(熟す)しすぎてsquashed(ぐちゃぐちゃにつぶれてる)なものもあったくらいでした。ユージーンではこうして裏庭で畑をやってる家も少なくありません。
[PR]
by masmic | 2009-09-28 16:23 | 日々の生活あれこれ

イラン人の友達の家に、招待されました。

以前、韓国人の友達の家で一緒にカレーを食べたイラン人の友達アマネが、
Ramadan(ラマダン。断食)が終わったから」
とのことで、
今度は彼女の家に招待してくれました!


なんと、Iranian food(イラン料理)を作ってくれるとのことで、ランチをごちそうになってきました。



まずはsoup(スープ)から。
chicken stock(チキンのダシがでたスープの素)で煮込んだスープです。
potato(じゃがいも)と、halal(ハラール。イスラムの特別な肉)のchicken(チキン)が入っています。
味がよ~く出ていて、おいしかった↓
a0118890_14591796.jpg




次は、米料理。
これも中にハラールのチキンが入っています。
黄色はsaffron(サフラン)の色。ほかにyogurt(ヨーグルト)などを入れているそう↓
a0118890_14593359.jpg




ケーキみたいに切って食べました。
イランの伝統的な料理なんだそうです↓
a0118890_14595066.jpg




最後に、jelly(ゼリー)。
cherry(さくらんぼ)味のゼリーの中に、イチゴとバナナが入っていました。
韓国人の友達・ヨンスが、ゼリーの素をみたいとのことで、一緒に置いてみました。
食材はいつもポートランドで買っているんだって↓
a0118890_150596.jpg




ちなみに、アメリカのレストランで外食するときは、
ハラールの肉を使ってるかわからないので、いつもベジタリアンフードを食べるんだそう。


ランチが終わったあと、
アマネの結婚式の写真もみせてもらいました。
イスラム式、ということで興味しんしん。

新郎新婦がイスラムのコーランを読んでいる上から、親戚が砂糖の粉みたいなものをふりかけたり、
ハチミツを指につけて夫婦でなめさせあったりする儀式がありました。
イランでは伝統的な儀式なんだそうです。



アマネのウェディングドレス写真を見ていたとき、ヨンスが
「アマネは、イビョンホンの妹に顔が似ている!」というので、インターネットで探すことに。。。
・・・その人は、ミス・コリアなんだそうです。
たしかに目鼻立ちがくっきりしていて、似ているっちゃー似ているけど・・・ビバ!ヨンスの発想(笑)



その後、インターネットでイランの有名人の写真を見たりしました。
Persian(ペルシャ語)を使ってる、といってたけど、
やっぱりネット上の文字も右から書かれてるんだな~↓
a0118890_1502989.jpg





最後に、一緒に写真を撮ることに。
実はこの日は「自宅で、女性だけだから」と、
アマネはタンクトップ姿でスカーフもしてなかったのですが、
さすがに写真のときは肌を露出しない服を着なきゃ、と着替えをしました。
右から、ヨンス、アマネ、私です↓
a0118890_1504671.jpg




アイデアガール、ヨンスが、「三人でスカーフかぶらない?」と提案したので・・・、
それもやってみました(笑)↓
a0118890_151359.jpg






今日の豆知識⇒アマネに、いつも何時に食事するのか聞いたところ、「lunch(昼ごはん)は1~3時で、dinner(夕飯)は夜9時。イランではそれが普通」と言っていました。けっこう遅いんですね。アマネがインターネットで韓国人俳優を検索していたので、「なんで知ってるの!?」と聞いたら、イランでは日本や韓国の番組をたくさん放送していて、「チャングム」とか「おしん」とかをTVで見ていたんだそうです。なんと!
[PR]
by masmic | 2009-09-23 15:16 | 日々の生活あれこれ

これぞオレゴン風?な結婚披露宴。

昨日の結婚式からの続きです。

さて、reception(披露宴)会場は、式場から歩いて20秒ぐらいのところにある、
Mount Pisgah Arboretum(マウント・ピスカ・アーボリトム)という場所です。
自分で運んだ椅子を、座りたいテーブルに置きました・・・(新郎新婦の席などはリザーブされていましたが)↓
a0118890_13174835.jpg



ランプがなぜか和風↓
a0118890_1318982.jpg



会場のこまごましたところは、新婦のお母さんと親族が一所懸命準備した手作りのものでいっぱい。
例えば、テーブルのお花や、テーブルクロス、皿の上のナプキンとか・・・。
グラスがジャムの瓶!↓
a0118890_13182152.jpg



こちらが、wedding cake(ウェディングケーキ)です↓
a0118890_13183358.jpg



司会者は特にいなくて、DJがついでにアナウンスするかんじでした。
この日は珍しく蒸し暑かったゆえ、
ドリンクコーナーは瞬く間に人でいっぱいに。ビールを見つけて、デビブごきげんに↓
a0118890_13184782.jpg



お料理がこれまたビックリ!!
何がビックリかって、なんか夕食みたいなんですもの・・・。
私の知ってる日本の披露宴と、ここは本当に全然違いました。

メニューは、ほぼspaghetti and meat sauce(スパゲティー・ミートソース)のみで、
buffet(ブッフェ)スタイルでした。
リザーブ席の人(つまり、新郎新婦に近い親族)から取りにいけます。
メニュー数は少ないけど、ベジタリアン用ミートソース、ホワイトソースも選べるところが
アメリカっぽい↓
a0118890_1319668.jpg



meatballs(ミートボール)とサラダとパンもありました。
決して豪華ではないけど、新婦の親族が手作りしたミートソースはとっても美味しかったし、何よりお腹がい~っぱい!!になったので、すごく満足。やっぱり合理的なんですね~(笑)↓
a0118890_13192217.jpg



小さい子どもがけっこう来ていたけど、飽きたら普通~にシャボン玉で遊んでいました↓
a0118890_1319369.jpg



ケーキカットは、アメリカでもやはりシャッターチャンスの場です↓
a0118890_13194930.jpg



このウェディングケーキって、みんな食べられるのかな・・・といらぬ気苦労をしていたら、どどーん!と全員分のケーキが登場。全部味見しました♥↓
a0118890_1320252.jpg



おなかが満足したところで、ダンスタイムに突入。
まずは新郎新婦がファーストダンスをして・・・↓
a0118890_13201567.jpg



次が新婦とその父。
その次が新郎とその母。
その後、みんなで踊りました。
結婚年数が少ない人からダンスを抜けていったら、最後に残ったカップルはなんと結婚57年目。
いいね!↓
a0118890_13203085.jpg



あ、またあの子だ(^_^)↓
a0118890_1320436.jpg



bouquet(ブーケ)トスが行われて・・・↓
a0118890_13205716.jpg



いよいよクライマックスへ。
レセプション最後は、みんなからのプレゼントを積んだこのトラックに乗って、新郎新婦が消えていきます。Just hitchedJust marriedと同じ意味で、「(たった今)結婚しました!!」です↓
a0118890_1321111.jpg






今日の豆知識⇒結婚式でも披露宴でも、主役は花嫁!何でも花嫁が先か、もしくは大トリです。レセプションでは、誰かのスピーチは全くなかったです。新郎新婦の特別席もなくて、彼らは親族の席に普通に座って食べてました。ケーキを食べた後のファーストダンスがとてもロマンチックでした。新郎新婦がプレゼントとともに消えたあとは、自然に「解散~」となるようです。
[PR]
by masmic | 2009-08-05 13:31 | アメリカ文化

初めて参列した、アメリカの結婚式。

実は、私とデビブは、まだ結婚式をしていません。。。
そこで、将来結婚式をするときの参考になれば、という理由もあり、
お義母さんの知人の結婚式に参加してきました。私にとってアメリカで初めて行った結婚式です。


場所は、先月ブルーベリーを採りに行った農家近くのMount Pisgah(ピスカ山)。
(山でやるのって、びっくりなんですが・・・)

最初に受付にプレゼントを渡します↓
a0118890_9451515.jpg



プレゼントがない人は、この募金箱みたいな箱にお金を入れてもOK↓
a0118890_9464263.jpg



式場はアウトドア! 椅子だけが置かれていました。暑いので水を渡された・・・が、これが正解。椅子の近くに行ったら、2人の男の子がいて、「Bride or Groom?(花嫁側の関係者か、花婿側の関係者か)」と聞かれました↓
a0118890_9474435.jpg



男の子がこれをくれた。式次第・・・。みんな暑いのでうちわ代わりに使っていた。なんか合理的で感心しました↓
a0118890_10325793.jpg



ちなみに私はカジュアルなサマーワンピースを着て行きました(上の写真はそのワンピースの模様)。日本の結婚式だったら、これカジュアルすぎだよな~ぐらいが、ここでは良いようです。
男性も、ネクタイをしていたのはデビブだけで、あとはポロシャツとか・・・なんとジーンズの人も数人いました!すごくカジュアルなので驚きました↓
a0118890_94845100.jpg



式場は本物の森の中です。この日はちょっと蒸し暑かった!
渡された水をゴクゴク飲みましたよ↓
a0118890_9491145.jpg




約30分遅れで式が始まりました。


最初にGroom(新郎)、そしてGroomsmen(花婿の付添い人)が続きます。参列者はみんな着席のまま見守ります↓
a0118890_9494142.jpg



それからBridesmaids(花嫁の付き添い人)が続き・・・↓
a0118890_950919.jpg



なぜかモヒカン頭(笑)のRing bearer(指輪係)が続き・・・↓
a0118890_9504427.jpg



そしてBride(花嫁)が登場。このとき、全員起立して迎えます。花嫁の両脇は彼女の両親です。それから、Giving of the bride(花嫁を花婿に渡す場面)が行われます↓
a0118890_9511070.jpg



このカップルはどうやらキリスト教らしく、牧師が立会いました。お互いにvows(誓い)をしたあと、両家のおじいちゃんがそれぞれ短いお祝いの言葉を述べたのが、ほほえましかったです↓
a0118890_9513689.jpg



そして指輪やキスなど全部終わったら、牧師が「This is Mr. and Mrs. ■■(■■夫妻です!)」というpronouncement(宣言)をして、カップルは退場しました。
カジュアルだけど、とっても素敵な式でした↓
a0118890_952281.jpg




その後がウケた・・・。みんな自分の座ってた椅子を持って、reception(レセプション、披露宴)会場にゾロゾロと移動(笑)↓
a0118890_9523298.jpg





次回は、レセプションの様子を紹介します!



今日の豆知識⇒今回はご祝儀代わりにプレゼントを持っていったけど、いろんなパターンがあるみたいで、あらかじめ新郎新婦が指定した商品をデパートで買うwedding registry(レジストリー)をするカップルもいます。これだと新郎新婦が欲しいものだけをもらえるので合理的です。ちなみにESLの韓国人の友達に聞いたら、韓国ではお金を持参するそうで、親友じゃない普通の友達の場合は$25ぐらいでいいと言ってました。「日本で私は普通30,000円(約$300)払ってた、$100は少ないし$200は割り切れるから縁起が悪い」といったらクラスメートは「高すぎる!」と驚いていました・・・。
[PR]
by masmic | 2009-08-04 10:07 | アメリカ文化

独立記念日パーティー。

先週の土曜日は、The 4th of July(アメリカ独立記念日)だったので、
お義母さんのお友達の家に行きました。

行ったのは、以前inauguration day(大統領就任式の日)におじゃました、
ダイ&ジェリーのお宅です。backyard(裏庭)が広~いのです!↓
a0118890_1191991.jpg



例年50人ぐらい来る、とのことでしたが、人も多いし犬も多かったです!↓
a0118890_1194052.jpg



スザンナにもまた会えました♥ 手前を横切ったのは、大興奮中のHenry(ヘンリー)君↓
a0118890_1110043.jpg



家の敷地に、すごく大きなcherry(さくらんぼ)の木が何本かあって、「自由にとって食べて!」と言われたので遠慮なく食べてみたらすごく甘くて美味しい!!↓
a0118890_11101745.jpg



「そこのカゴを使って、木に登って採って食べて!」とホストに言われたけど、それだけでおなか一杯になるとBBQが食べられないので、残念ながら終了―。


そうこうしているうちに、食べ物がぞくぞくと集まってきました!美味しそう~!!↓
a0118890_1110364.jpg



食べていると、BBQが始まりました。
シェフは、Jeff(ジェフ。シマシマの服)とホストのJerry(ジェリー。ヒゲの人)です。
グリル4台がフル稼働!!↓
a0118890_11105286.jpg



ベジタリアン用のベジバーガーも作っていました。ちゃんと炭で焼いていて、いい香り!↓
a0118890_1111620.jpg



ベジバーガーが焼きあがったので、Jeffが「ベジバーガー!ベジバーガー!」と叫んだら、
一番先に走ってやってきたのがSpad(スパッド。写真中央の茶色い小型犬)でした・・・。
スパッド君、キミは絶対ベジタリアンじゃないはずだ!! 
ちなみに、左の黒い犬はJerryの犬Fish(フィッシュ。ジェリーが釣り好きのため)、
右でウロウロしているのはヘンリー君です。
犬にとってもBBQは大興奮みたい↓
a0118890_11112227.jpg



ちなみに、このスパッドはお別れが嫌いで、サヨナラをいうと噛むそうなので、
韓国人の友達に「Don’t say goodbye or Sayonara to him.」(彼にグッバイとかサヨナラっていっちゃダメだよ)といったら、「OK. Let me try it. NARASAYO!」(わかった。試させて。ナラサヨ!)と言ってました。
ならさよ、じゃなく、さよならだよ~! 
結局、犬に無視されて終わりました・・・。噛まれなくてよかったよ。



見よ!アメリカの誕生日を祝うにふさわしい、ザ・ハンバーガー↓
a0118890_1112724.jpg



食べながらも、おしゃべりは続き・・・。
木陰には女性陣がずらっと↓
a0118890_11122588.jpg



階段にも人が・・・↓
a0118890_11124264.jpg



実は、後から来た人の自己紹介を聞いて笑ってしまいました。
Dan(ダン)という人が2人いて、お互い自己紹介してたのですが、
Hello. I'm Dan.」(やあ。僕はダン)
I'm Dan, too(two).」(僕もダン⇒僕はダン2)
I'm Dan, one.」(僕はダン1)
これを真顔でやってたので・・・(笑)


デザートもしっかりいただきます。ラムがしみたケーキが美味しかった!
a0118890_11125961.jpg



BGMも、これぞアメリカ!という音楽で、アメリカンな雰囲気を存分に楽しめた一日でした。日本にもこういうパーティーあればいいのに~(^_^)


そろそろ帰る時間ですが、
犬のNancy(ナンシー)が、ボールを投げてあげるまで、私の前を離れません・・・↓
a0118890_11131795.jpg



帰るとき、犬のスパッドがサヨナラを嫌がって暴れて鳴いていたので、ホストのDi(ダイ)が目を隠してあげていました。本当にサヨナラが嫌いみたいです!





今日の豆知識⇒ギリシャ人の人が来ていたので、以前から疑問に思っていた質問をしてみました。「英語には"It’s all Greek to me."(それは私にはさっぱりわからない)という表現があるけど、ギリシャではこの場合何といいますか?何語が一番難しいんですか?」と聞いたら、「ギリシャで難しいのは、どこかの言語じゃなくて、"borrow from all countries"(世界中のすべての国から何かを借りてくる)だよ」とのこと。なるほど。それは確かに難しそうです。
[PR]
by masmic | 2009-07-07 11:39 | アメリカ文化

ESLの仲間と我が家でインターナショナル・パーティー。

昨日は、いつも通っているESLの先生や友達を招いて、我が家でパーティーしました。
集まったのは、日本人、韓国人、アメリカ人を中心に20人以上。
さかな君は仕事のため欠席です(残念!)

デビブはビール用クーラー担当↓
a0118890_12471067.jpg



お義母さんは、gyozachinese-style dumpling。ギョーザ)とsushi roll(のり巻き)と、デザートを用意してくれました。
私はspinach lasagna(ほうれん草のラザニア)を。
あとはゲストのみんなが、チャプチェ、kimchee(キムチ)、gratin(グラタン)、自分ちの畑でとれた野菜、eggplant(ナス)料理、soba salad(そばヌードルサラダ)、おつまみ、アイスクリームなどなど、持参してくれました↓
a0118890_12462881.jpg



おいしくいただいています♪(by サラダ)
ちなみに、この中で一番好きなのはギョーザ、ということでした↓
a0118890_12475557.jpg



こちらのガールズもおいしくいただいています♪↓
a0118890_12481318.jpg



あとはキッチンで話したり・・・↓
a0118890_12483385.jpg



リビングでガールズトークしたり・・・↓
a0118890_124975.jpg



キッチンでボーイズトークしたり・・・↓
a0118890_12494335.jpg



アイスクリームに群がったり・・・(笑)↓
a0118890_1250644.jpg



食べたり、飲んだり、話したりして、夜まで楽しみました。
クラスメートや先生が家にいて、不思議なかんじだった。
サラダがしゃべるのを聞いて、うちのクラスの先生がひとこと。「英語が上手ね」(笑)
そうだよねぇ、私なんか、サラダの人生より長く英語を勉強してきてるはずなのに、まだ片言だよ・・・(泣)↓
a0118890_12503414.jpg



最後。サラダさんに練習の成果を見せていただきました。
(右の人形で赤ちゃんを抱く練習?をしていた)↓
a0118890_12505437.jpg





今日の豆知識⇒メキシカンの友達も何人か誘ったんだけど、みんな仕事があったり、子どもがたくさんいたりしたため、来られませんでした。残念です。学校の先生って、生徒のパーティーに来てくれるのかな?と疑問でしたが、みなさん喜んで来てくれたのでうれしかったです。この日、ガールズトークの中で判明したのは、「マッサージ30分無料(30 minutes massage for free)」は、韓国語でも同じ言い方だということです("さんじゅっぷん"ではなくて、"さんじっぷん"と発音するけど)。あとは、「三角関係(love triangle)」とか「約束(promise)」とかも同じです。
[PR]
by masmic | 2009-06-08 12:56 | 日々の生活あれこれ

パーティー前の買出しに、コストコへ。

今日はこれといって特別なことがないので、昨日の買い物の話を。。。

(といっても、これから自宅でパーリーなのですが♪)
BBQトライティップを焼こうと思っていたら、天気もグズグズ・・・、参加者も増大し(今カウントしたら20人以上!)・・・、ということで、急きょ作戦変更。lasagna(ラザニア)にすることにしました。

costco(コストコ)に行ったら、ボートを売り出していました。夏ですね~↓
a0118890_8342627.jpg



さらにwatermelon(スイカ)もゴロゴロと。夏ですね~↓
a0118890_834445.jpg



今回のラザニアは、肉なしベジタリアンなので、spinach(ほうれん草)1lb(1ポンド=454g)とmozzarella cheese(モッツァレラチーズ。2lbで$7くらい)を購入↓
a0118890_8333348.jpg



お義母さんはフレッシュなモッツァレラを食べたことなくて、「こんなブヨブヨのチーズどうするの?」と不思議そうにしていましたが、chop(たたき切り)して使うことに。。。

costcoではなぜか血迷って(夏ですね~)、
French(フランス語)のテキストも購入してしまった。。。
デビブには「いまマスミは英語を勉強しているくせに・・・。I don't understand you!(理解できないよ)」と言われてしまいましたが、これも勉強するのです、趣味で!(学生時代を思い出してね)
a0118890_8383378.jpg



今日の豆知識⇒いま、ちゃくちゃくとラザニアなどを準備中。。。↓
a0118890_8331319.jpg



オーブン料理は、早めに準備しておけて、パーティー前にオーブンに入れるだけなので楽なのです。もしゲストが早めに着いてしまっても焦らなくてよいので便利。また、ユージーンはベジタリアンの人も多いので、肉なしで作っておくと、誰でも食べられます。
[PR]
by masmic | 2009-06-07 08:37 | 日々の生活あれこれ


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧