はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:スローライフ ( 38 ) タグの人気記事

「木」をやっています!

こんにちは。
winter term(冬学期)の間、随分とブログがほったらかしになっていました。
いつも見に来てくれるみなさん、すみませんでした(>_<)

さて、秋学期に続き、この冬学期もまたyoga(ヨガ)のクラスをとっていました。
先週がterm(学期)最後のレッスンだったので、
instructor(講師)のクリスティーンに、写真を撮ってもらえますか、とお願いしたら、
「マスミ!うれしいわ!二人でtree(木)のポーズをやりましょう!!」
と、いきなり難易度高めのposture(ポーズ)に挑戦↓
a0118890_15362432.jpg




私、顔が少々必死です(笑)
Namaste(ナマステー)。




◎おまけ
レッスンが終わった後、いつもクリスティーンがみんなに、「Drive safely.(安全運転で帰ってね)」「Drink water.(お水を飲んで)」などといろいろ声をかけてくれるのですが、それがいつも、ドリフの"8時だよ全員集合"の加藤茶が最後に言う、「歯みがけよ」「宿題しろよ」みたいだな~、と勝手に思っていました。そしたら最近「Breathe.(呼吸して)」も加わり、この先生は本当に面倒見がいいな、と思ったのでした。




今日の豆知識⇒ヨガの先生は、サポートするとき生徒の体を触ることがあるので、何か訴えられたときのために必ず訴訟保険に入るんだそうです。(たとえば「先生のせいで腰を痛めた!」など万一訴えられたときのため)
[PR]
by masmic | 2010-03-15 16:02 | 日々の生活あれこれ

ヨガ・デー・USA。 -YMCA

ご無沙汰しております。
すっかり更新が滞ってしまいました。


さて、今日1月23日は、Yoga Day USA(全米ヨガの日)でした。
YMCAで無料のヨガレッスンを受けられるときき、デビブと行ってみました↓
a0118890_1725399.jpg



ここがYMCAの入り口です↓
a0118890_17261140.jpg



YMCAには、プールや体育館、ジム、サウナ、テニスコートなどがあり、いろいろなスポーツをすることができます。
入り口を入ると、中はこんなかんじ。受付のおじさんがギターを弾いていて、上手でした↓
a0118890_172787.jpg



この日は、子供たちがバスケの試合をしていました。
ほかに、キッズ用の部屋もあって、出入り口に"TEAMWORK AVE.(チームワーク・アベニュー)"と書いてあった(笑)↓
a0118890_17274556.jpg



今日のヨガのスタジオは二階にありました↓
a0118890_17281644.jpg



本当は午前中のHatha Yoga(ハタ・ヨガ)のレッスンに参加する予定が、overslept(寝過ご)してしまい、午後のGentle Yoga(やさしいヨガ)に参加。
今回はビギナー用だったので、普段もうちょっとchallenging(きつめ)なVinyasa Yoga(ヴィンヤサヨガ)のクラスを取ってる私には物足りないかんじでしたが、
デビブは初めてだからちょうどよかったみたいです↓
a0118890_1725792.jpg




今日の豆知識⇒今日のyoga dayの無料コースは予約も何もいらなくて、自由に参加できました。community college(コミュニティカレッジ)以外でヨガのクラスを初めて受講しましたが、先生が使う英語のヨガ用語は同じだったので、初めての先生でもわかりやすかったです。YMCAでプールなどを使いたい人は、月々会費を払う必要があります。
[PR]
by masmic | 2010-01-24 17:34 | ユージーン -お店など・その他

ドライトマトとハーブのロールパン。

久しぶりに、またパン作りにトライしました。
今回は、Tomato Herb Rolls(トマトとハーブのロールパン)です。
前回のパンが固かったので、今回はリベンジなるか!?

材料はコチラ↓
a0118890_17145327.jpg



ベンのオーガニックファームsun-dried tomatoes(サンドライ・トマト)をお水で戻して1/2cup、ほかは
-4cups plain flour(小麦粉)
-1tsp salt(塩)
-2 cloves garlic(にんにく2粒)
-1tbsp thyme(タイム)
-2tbsp parsley(パセリ)
-2tbsp Italian herbs oregano(オレガノ)やmarjoram(マジョラム)など適当に
-1oz butter(バター)
-1/2cup milk(牛乳)
-1/4oz dried yeast(ドライイースト)
-1tsp sugar(砂糖)
です。
1cup=250cc1tbsp=だいたい大さじ1、1tsp=だいたい小さじ1です。


tomato、herb、garlicはすべてfinely chopped(みじん切り)します↓
a0118890_17152362.jpg




小麦粉と塩を混ぜて、真ん中にwell(井戸というか、穴)を作り、
そこに刻んだニンニク、ハーブ、ドライトマトを入れます。
そこに、溶かしたバター、牛乳、そして
あらかじめ砂糖とお湯で溶いて10分くらい置いておきfrothy(泡だった)になったドライイーストを
全部投入↓
a0118890_17154272.jpg



このsoft dough(生地)をひたすらknead(こねる)します↓
a0118890_1716163.jpg



10分ほどこねてsmooth(なめらか)になったら、ラップをして
あまり寒すぎないところに放置すること45分↓
a0118890_17162338.jpg



生地が2倍に膨らむはずが、寒かったのかあまり膨らんでいないようす・・・(>_<)
お湯を使うなど少し暖かくして、もう少し放置しました。
ここがパンの難しいところだな~、やれやれ。

その後、punch down(パンチしてガス抜き)してさらに5分ほどまたknead(こねる)します。
そしたら、12等分に分けて丸めて、greased baking tray(油を塗ったベーキングトレイ)に並べます↓
a0118890_1716488.jpg



ラップをしてまた30分暖かい場所で放置↓
a0118890_1717868.jpg



さあ、焼きます!
oven(オーブン)は415F°/210℃preheat(余熱)して、
その間に、dough(生地)にミルクをブラシで塗ります↓
a0118890_1717329.jpg



余熱完了したら、最初の温度で10分焼いて、
その後、温度を350F°/180℃に下げて、続けて焼くこと20~25分↓
a0118890_17174947.jpg



できました!
今回の出来も、決して"ふんわりパン"ではなかったけど、
トマトとハーブの香りがよく、中がもちっとして、デビブに好評~♪
噛むと甘みが感じられる大人のパンになりました↓
a0118890_1718888.jpg




理想のパンを作るのって本当難しいけど、
それだけに面白い!!




今日の豆知識マクロビ先生が、「yeast(酵母)が入ってるパンは、体に良くないからあんまり食べないほうがいいのよ。私はたまにsourdough(サワードウ)を食べてるの」と言ってましたが、イーストもさることながら、gluten-free(グルテンが入ってない)のパンも普及してきています。昨年10月に地元の新聞で読んだんですが、アメリカでは133人に1人がceliac disease(セリアック病。グルテンが引き金になって起こる免疫疾患)なんだそうです。whole wheat(全粒小麦)だから体にいい、という時代ではなくなってきてるのかなぁ、と感じました。
[PR]
by masmic | 2010-01-12 17:31 | FOOD

"談志師匠"と初めて話す。

今日も風邪でESLは欠席。
昨日はyoga(ヨガ)も休んでしまいました。

ここで初公開、ヨガのスタジオです。
まだ授業前なので人がまばらですが、みんなめいめいspine massage(背骨のマッサージ)などのストレッチをしています↓
a0118890_9571956.jpg



実は書きそびれていたんですが、
私のヨガのクラスに、"立川談志師匠"にそっくりの、ハチマキをした白人男性がいるのですが、
その人と、先週のヨガのあとに少し話せたんです~(^_^)v


着替えて水を飲んでいたら、"談志師匠"が男子トイレから出てきて、
なんか普通の優しそうなおじさんになっているではありませんか!
ヘルメットを持ってて、蛍光色のアクティブウェアを着てたので、
Do you always come by bike?(いつも自転車で来ているんですか?)」
と聞いたら、「そうだよ」とのこと。
ヨガのクラス前にも取ったことあるの?とかいろいろ話してくれました。


その中で発覚したのが、
"談志師匠"は中国茶のクラスを取っている!ということ。

じゃあまだ木曜日に、と帰ろうとしたら、
「その日はchinese tea(中国茶)のクラスをとってるんだ。
中国茶って、40何種類もあるんだよ!
green oolong tea(緑色のウーロン茶)もあるよ」とのこと。
I'm from Japan, so I like green tea.(私は日本から来たので、緑茶が好きです)」
といったら、「sencha(煎茶)、puaru tea(プーアール茶)、・・・」とお茶の名前をずらずら言っていました。



写真は、ついに購入したyoga mat(ヨガマット)です↓
a0118890_9574047.jpg





今日の豆知識⇒そういえば、マクロビ先生がよく飲んでいる「kukicha(茎茶)」が、Cozmic Pizzaでも飲めました。日本のgreen teaはけっこう市民権を得ていて、スーパーのお茶売り場に普通においてあるし、maccha(抹茶)アイスクリームも普通に買えます。
[PR]
by masmic | 2009-10-13 09:34 | ESL・英語

ミネソタの田舎のご近所さん。

グランパとグランマの家には、ご近所さんがよくやってきます。
あるときは・・・生後5日めのベイビー↓
a0118890_15524863.jpg



こちらからも、ご近所に散歩にいきました。
まずはこちらのお宅へ。丁寧に庭を案内してくれたあと、自慢のアメ車を見せてくれることに↓
a0118890_15532721.jpg



大きいアメ車が3~4台あって、いろいろと手を加えているようす。「扉にスピーカーを埋めこんだんだ」と大音量で音楽をつけてみたり、バンパーがクルクル回転したり、とすごい入れ込みようです↓
a0118890_15535827.jpg



庭の木の真ん中部分、斜めに枝がなくなってる、と思ったら
「あれはtornado(竜巻)のせいだよ」とのこと。
こんな風になっちゃうんですね~!↓
a0118890_15541521.jpg



そうこうしていたら、別のご近所さんが登場。うちにもおいでよ、とのことでおじゃますることに。
庭が公園みたいに広~い↓
a0118890_1554434.jpg



犬と遊んでいて、何かを投げてるなと思ったら、トウモロコシを投げて拾わせてました。
犬がトウモロコシにかじりついてる↓
a0118890_1555271.jpg





ここの家の人は動物に詳しくて、以前、母親を失ったfawn(子鹿)を飼ってたこともあるそう(!)です。

「子鹿は白い斑点があるうちは鼻が利かないけど、
白いspot(斑点)がなくなったとたんに鼻がするどくなり足も速くなる。
だからクマは子鹿を襲うんだ」と教えてくれました。


ちなみにその飼ってた子鹿は、家の中でdeer feed(シカ用のえさ)を与えて育てて、大きくなったら森に返したそうです。しかも先日、そのシカが奥さんのガーデンに遊びに来たのだそう。そんなことってあるんですね。
こちら、スーパーで売られていたシカのえさ↓
a0118890_15552541.jpg



さて、翌日。
先ほどのシカを育ててた家の奥さんが来て、
「まき割りの機械を見せてあげる」とのことでまた行ってみました。
ここんちの犬と一緒に。大きいほうがウノ、小さいほうがチャンスです↓
a0118890_15554084.jpg



なんとこの機械は昨年購入したそうで、あっという間に丸太を薪にしてしまいます。
破壊力がすさまじいので、
「怪我したときのために携帯電話をいつも持ってきてるの。
腕がなくなっても、声で反応する電話なのよ」だって・・・。この奥さん、タフです!
ちなみに、この薪は来年売るんだそうです↓
a0118890_155652.jpg



帰りにまた見つけた、Indian paintbrush(インディアン・ペイントブラッシュ)。遠くに見える家は、先ほどの奥さんの家族が建てたんだって↓
a0118890_15561912.jpg



家に帰ると、犬のErnie(アーニー)が待っていました。
もうすぐお別れです。さびしい↓
a0118890_15565017.jpg






今日の豆知識⇒上のタフな奥さんの家族によると、この近所に来る動物ではcoyote(コヨーテ)やwolf(オオカミ)ももちろん怖いけど、一番怖いのはcougar(クーガ。ピューマのこと)なんだそうです。理由は、コヨーテとオオカミは口で攻撃するけど、クーガはさらに両手両足を使うから、とのことです。Ely(イーリー)の町にはウルフセンターと熊センターがあって、本物のオオカミと熊を見ることができます。
[PR]
by masmic | 2009-09-05 15:50 |

グランパと感動の再会!

グランパは、デビブを抱きしめて涙でウルウルしていました。15年ぶりだから、当然です。
それを見て私もちょっとウルウルしてしまいました。

デビブの家は、great-grandpa(ひいおじいさん)がSweden(スウェーデン)からアメリカに移住してきました。なのでおじいさんはスウェーデン語をちょっと話せます。ひいおじいさんの写真がちゃんとありました↓
a0118890_8465383.jpg



グランパは大工仕事が得意なので、carpenter(大工)からとってcarppie(カーピー)と呼ばれています。グランパが、自作の木のおもちゃをくれました。これはサインしてくれているところ↓
a0118890_8472963.jpg



ここがグランパのworkshop(作業場)↓
a0118890_848488.jpg



たしか、1920年ぐらいに建てられた、と言ってました。スウェーデン式の組み方なんだとか↓
a0118890_8482543.jpg



庭にはグランパの作ったこんなブランコや、小鳥の巣、ベンチなど、いろいろ置いてあります。実は家の中には、グランパ自作のすばらしい家具もありました。この器用さ、なぜデビブに遺伝しなかったのでしょうか・・・↓
a0118890_8484613.jpg



これはAmish(アーミッシュ)の椅子なんだそうです。バネがついていて、座るとキコキコゆれました。これもグランパが作ったのかな?↓
a0118890_8491538.jpg



グランパは、若いときはセントポールの近くに住んでいたけど、引退してから田舎に越してきて、グランマとささやかな生活を送っています。さんぽにいったら、裏庭はhuge land(広い土地)で、自然のまま残してありました↓
a0118890_8494130.jpg



ちらほらwild flower(野の花)が咲いていて、摘んでみたら・・・↓
a0118890_8504231.jpg



ほら、こんなに! グランマに「You don’t need to go to the florist!(花屋に行く必要ないですね)」と言ったら笑ってました。

a0118890_851052.jpg



黄色いのは、black-eyed Susan(ブラックアイドスーザン。イエローデイジー)、
手前の赤いのがIndian paintbrush(インディアン・ペイントブラッシュ)、
あとはdandelion(たんぽぽ)など。
私が気に入った白いヒメジョオンみたいな花は、近所の人が「コットンフラワーかしら?」と言ってたけど、結局名前がわかりませんでした。


次回はグランマの面白グッズ登場です!




今日の豆知識⇒アーミッシュといえば、旅の帰りにワシントン州のガススタンドでアーミッシュの家族に会いました。アーミッシュって電気や車を使わない生活をしてる思ったけど、なんでガススタンドに? と不思議でした。アーミッシュはペンシルベニアに住んでると思ってたので、ワシントン州で会ったのも意外でした。
[PR]
by masmic | 2009-09-03 07:57 |

ビーガンメニューも豊富な、フレンドリーカフェ。 -Keystone Cafe

Keystone Café(キーストーン・カフェ)にランチを食べに行きました↓
a0118890_16393097.jpg



行ってみて初めて知ったけど、1979年から営業しているらしい。
入ると右側がキッチンと小さなカウンター席になっていて・・・↓
a0118890_16395064.jpg



左側がテーブル席。壁や天井の絵がすてき↓
a0118890_164051.jpg



そしてここ、中と同じぐらい外のテラスにも席があって、なんとギターのライブ演奏つき!日曜だけかな?
a0118890_16402132.jpg



お店の雰囲気はとってもいいかんじです。
お昼時なのでにぎわってました↓
a0118890_16404395.jpg



外の席は人気のようで座れなかったので、私達は中に座りました↓
a0118890_1641197.jpg



窓から外の席がみえる。い~な~↓
a0118890_16411722.jpg




コーヒーはWandering Goatのコーヒーを使っていて、セルフサービス&飲み放題です。
Regular(レギュラーコーヒー)とDecaf(カフェイン抜き)、普通のmilk(牛乳)とsoy milk(豆乳)を選べました。
a0118890_16413234.jpg



メニューはomelettes(オムレツ)や卵料理がメインみたいだけど、
vegan(ビーガン。極端なベジタリアン)メニューも用意されています。
eggless(卵を使わない)料理も、卵を使う料理と同じぐらいありました。


私がオーダーした、French Toast $4.25(フレンチトースト)。密度があってとってもおいしいパンなのだけれど、フレンチトーストには向かないような・・・気がしました。ちょっと想像と違った↓
a0118890_16415017.jpg



デビブのエッグレス料理、Vegan Powerhouse $5.25(パワーハウス)は、tofu(豆腐)とmushrooms(きのこ)が炒めてあって、それにsour cream(サワークリーム)がついています↓
a0118890_1642421.jpg



注文してから料理が出てくるまでわりと時間がかかりました。
子どもが退屈しないように、本とかおもちゃもある↓
a0118890_16421983.jpg



後ろの席の子がお絵かきしようとして、クレヨンを床にぶちまけていましたが(笑)



この日私達は2人とも卵料理を選ばなかったので、「やっぱりオムレツを食べればよかった!」と少々後悔。
次回はオムレツ食べるぞ!



それと、店員さんの対応がナイスだったので、また来たいと思いました。
例えば・・・
◎オーダーを聞きにきてくれた店員さんが、デビブの好きなThe Simpsons(シンプソンズ)のTシャツを着ていたので、デビブが「それいいね!」と褒めたら、「ありがとう。Goodwillで買ったんだ」とニコニコ。

◎食べ残しを持ち帰ろうとして、でも少しだから「foil(ホイル)ください」といったら、「How about our small container?(小さい容器をお持ちしますよ)」といって2つもくれた。

◎極めつけはレジの人で、私達を「You guys are really charming couple!(あなたたち、本当に魅力的な夫婦だわ)」としきりに褒めてくれました・・・。


ここのお店の人たち、すごく気持ちがよいのです(笑)!





今日の豆知識⇒レストランで料理が出てきたあと、しばらくするとserver(料理を持ってきてくれた人)が「How’s your meal?(お味はいかがですか)」というようなことを聞きに来ます。問題なければ「Good!(おいしいです)」「Excellent!(すばらしいよ)」などと答え、マスタードや小皿が必要なときはこのとき頼めばOK。あと日本みたいに、店員さんを「すみませーん!」と大声で呼んでいる人はあんまり見かけません。
[PR]
by masmic | 2009-08-19 16:55 | ユージーン -レストラン

夏のファーマーズマーケットと、薪窯ピザ屋さん(移動式)。

久~しぶりにSaturday Market(サタデーマーケット)に行ってきました。
フェイスペインティングはこの日も人気だ↓
a0118890_1491719.jpg



この"首だけマネキン"、怖いです↓
a0118890_1494546.jpg



さて、小腹がすいたので、crepe(クレープ)を食べることにしました↓
a0118890_1410431.jpg



「ストロベリークレープ一つ。チョコレートは抜いてください」
と一丁前に、好みの注文ができるようになった私です。。。
「チョコレートの代わりに何か入れてあげるけど何がいい?」
ということだったので、バナナを入れてもらいました↓
a0118890_14102668.jpg



なんだか物足りなかったので、ファーマーズマーケットのほうに行ってみました。
okra(オクラ)を発見! でもこれで$4とは、高いっ↓
a0118890_14104035.jpg



「日本に住んでたとき、オクラと山芋と納豆をまぜて食べてたなぁ」
とつぶいてみたら、となりでデビブが「早く行こう!」だって・・・。
デビブはネバネバ系が食べられない&毛嫌いしてるのです(-_-;)

あとは、今が旬のcorn(とうもろこし)を売ってました。
「いま畑から着きました!」的な、トラックのままのお店です↓
a0118890_14105742.jpg



ブラブラしてたら、以前行ったベンのオーガニック”ヒッピー”ファームのお店を発見! 出店してたんだ~。お母さんがいて、「4月からお店は出してるのよ」とのことでした。これはbell pepper(ピーマン)を焼くドラム式ロースター↓
a0118890_14111312.jpg



焼いているところをぜひ見たかった・・・。
焼かれたピーマンがジップロックに入っていました↓
a0118890_14112615.jpg



以前訪問したとき苗だったのが、こんなに大きくなってる↓
a0118890_14114846.jpg




デビブが「オイラも何か食べる」というので、前にアスパラガスファームのケサディーヤを買ったブース方面に行ってみると、薪オーブンのピザ屋さんが出ていました! すごい、ここで焼いている!(私ばっちり写ってしもうた・・・)↓
a0118890_1412534.jpg



よく見ると、Hideaway Bakery(ハイドアウェイ・ベーカリー)が出店していたのでした。
生地もここでこねています。ピザは3種類ありました↓
a0118890_1412485.jpg



デビブが、roasted vegetable pizza(焼き野菜ピザ。$5)を注文しました。野菜も美味しかったし、生地の端っこのクリスピーなところも美味しかったです↓
a0118890_1413163.jpg



ピザを食べながら歩いていたら、ギターのおじさんが休憩してたんだけど、
ギターケースを見たら・・・
誰かがチップでwatermelon(すいか)入れたよ・・・↓
a0118890_14131517.jpg






今日の豆知識⇒Hideaway bakeryの移動式オーブンとそれを運ぶトレーラーは、お店の人いわく「自分たちで作った」特注品なんだそうです。すごい! もちろん火はガスではなく、firewood(薪)を使っていました。ちょっと聞くといろいろ教えてくれるから面白いです。
[PR]
by masmic | 2009-08-18 14:37 | ユージーン -イベント

焼きたてブラックベリー・マフィン!!

この週末、blackberry(ブラックベリー)を採りに行ってみました↓
a0118890_11471213.jpg



場所は以前発見した川の近くです。酸っぱい実と甘い実がまだ五分五分だったので、甘そうな実を探して、奥へと・・・。blackberryってイバラだらけなので、トゲとの戦いでした↓
a0118890_11473079.jpg



なんとか集めた実を使って何を作ろうか考えた結果、muffins(マフィン)を作ることに。
「きっとseedy(種が多い)だ」
「きっと水っぽくなるよ」
「きっと酸っぱいよ」
というネガティブなデビブのアドバイスを無視して、さっそく取りかかります。
材料はこちら↓
a0118890_11474184.jpg



小麦粉、ベーキングパウダー、ブラウンシュガー、塩をボールに入れ混ぜます。
ミルク、卵、溶かしたバター、バニラエッセンスを別のボールで混ぜます。
ブラックベリーは半分に切ります↓
a0118890_11475526.jpg



それらを全部混ぜて、型へ流し込み・・・↓
a0118890_1148949.jpg



400°Fのオーブンで焼くこと約20分・・・↓
a0118890_11482290.jpg



できました! 少し冷ますと固まってきたので、思ったより水っぽくならずにすみました。
最初ネガティブだったデビブも「いいじゃん!」とパクパク。。。
私好みのほどよい甘さでした♥↓
a0118890_1214258.jpg






今日の豆知識⇒アメリカに来て「便利だなぁ」と思ったことの一つが、いろいろな物の規格が統一されていることです。たとえばこのマフィンも、マフィン型は12個用になっており、どのレシピもたいてい12個用で書いてありました。キッチンのsink(シンク。流し)の栓なんかも、いちいち自宅のサイズを測らなくても、お店でたまたま見つけたものがぴったりはまるので、すごく便利だなぁと思います。
[PR]
by masmic | 2009-08-17 12:02 | FOOD

大粒&甘~いブルーベリー!! -Grenon's Blueberries

またまたU-Pick(自分で摘む畑)へ、blueberry(ブルーベリー)を採りに行ってきました。

先月行ったAdkins Farmには小さい粒しかなかったのですが、
今回行った場所は、大粒!!&甘~かった!!やっほ~ぃ(^o^)丿↓
a0118890_9343920.jpg



今回の場所は、空港の近くにあるGrenon's Blueberries(グレノンズ・ブルーベリー)というファームです。お義母さんが毎年行っているクチコミの場所で、新聞には載っていないそう。
bushy(草が茂った)なブルーベリー畑です↓
a0118890_935740.jpg



見てください、このブドウのような大粒のブルーベリー!↓
a0118890_9351948.jpg



味も当然ながら甘~い(^_^)
デビブも時々食べながら、夢中で採っていました↓
a0118890_9353333.jpg



私は房をわしづかみにしてもぎ取ってました。だって選ぶ必要がないくらいどれもripe(熟して)しているから。
それもそのはず、このファームは、一日営業したら、またブルーベリーが充分実るまで休むんだそうです。良心的というか、プロのこだわりですね↓
a0118890_9354781.jpg



あっというまにバケツがいっぱいに。
このバケツ1杯が8lbs(=約3.6kg)↓
a0118890_936193.jpg



5人で行って、一人1バケツずつとりました↓
a0118890_9361476.jpg



ここがオフィス↓
a0118890_9362761.jpg



中は会計待ちの人が列を作っていました。
みんな暑くなる前の午前中を見計らって来てます↓
a0118890_936418.jpg



$1.75/lbだったので、バケツ1杯が10ドルぐらいでした↓
a0118890_9365492.jpg



ちゃんと手を洗う場所もありました。ホースをつないでいて面白い↓
a0118890_937752.jpg



駐車場も広~くて、左側にあるブルーベリー畑も広~い。
この夏またここに来ようとたくらんでいます↓
a0118890_9371953.jpg






今日の豆知識⇒一緒に行った人によると、この農場は20年前もあったとのこと。長年育てているからなのか、ブルーベリーの木はどれも背が大きかったです。しかも木が大きいから日陰で摘めました。U-Pickは、クレジットカードや小切手が使えないところもあるので、現金を持っていくか、事前に確かめたほうがよいです。
[PR]
by masmic | 2009-08-06 09:51 | ユージーン -自然・公園


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧