はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:エンターテインメント ( 36 ) タグの人気記事

一面に載りました!

このspring term(春学期)から、
Lane Community College(レーン・コミュニティ・カレッジ。通称LCC)の学生新聞のチームにphotographer(カメラマン)として参加しています。



先日、私の撮ったlonghouse(ロングハウス)の写真が一面に載りました!やったー:) ↓
a0118890_1026615.jpg







今日の豆知識⇒学生新聞の活動をすると、うちのコミュニティカレッジでは、お給料も単位も少しだけどもらえるみたいなんです。日本では聞いたことなかったけど。longhouseとは、昔native American(ネイティブアメリカン)によって建てられていた建物で、いまLCCに再現・建設中です。LCCでは、ネイティブアメリカンのtribe(部族)の言葉も外国語科目として学べて、4年制大学によっては、transfer(編入)するとき単位として認められる大学もあるそうです。
[PR]
by masmic | 2010-04-19 10:40

教会でボサノヴァ・コンサート。 -Jaqua Concert Hall

以前、教会みたいな映画館Bijouをご紹介しましたが、
今回は教会みたいなコンサート会場、Jaqua Concert Hall(ジャクア・コンサートホール)に行ってきました。
The John G. Shedd Institute for the Artという財団?が運営していて、通称Shedd(シェッド)とも呼ばれているそうです。
本当に教会だったのかな~?↓
a0118890_11323383.jpg



脇の入り口から入って、予約していたチケットを受け取りました↓
a0118890_1134842.jpg



細い通路を抜けて・・・↓
a0118890_11344098.jpg



会場に向かう途中、飾ってある美術品などを見て・・・↓
a0118890_1135084.jpg



細い階段を上り・・・↓
a0118890_11351848.jpg



会場に入りました!↓
a0118890_1136128.jpg



座席に聖書を入れる用のポケットなんかがついているので、たぶん本当にここ教会だったんだろうなぁ↓
a0118890_11354269.jpg



天井が高いです↓
a0118890_113703.jpg



ちなみに一階席はこんなかんじです↓
a0118890_11372420.jpg



私たちの席はbalcony(二階席)後ろだったけど、こじんまりした会場なので、一番後ろでも十分パフォーマンスが楽しめました↓
a0118890_11374581.jpg



で、この日の催しは何かというと、
Jazz Meets Jobim(ジャズ・ミーツ・ジョビン)』
ジャズミュージシャンが、Antonio Carlos Jobim(アントニオ・カルロス・ジョビン)の曲をジャズ風にアレンジして演奏するというもの。
bossa nova(ボサノヴァ)大好きです♪


演奏者は、以前違うレストランでも演奏していた
UO(オレゴン大学)のジャズの教授Carl Woideck(カール)氏と彼のバンド。
デビブもこの先生の授業取ったことがあるんだって↓
a0118890_1138549.jpg



定番のDesafinado(ジザフィナード)から始まって、
3曲目あたりからブラジル人のゲストシンガーが加わり、
さらに途中からCarl教授のレクチャーが始まりました(笑)
ジョビンが、アメリカ人のジャズミュージシャンとOne Note Samba(ワン・ノート・サンバ)を演奏する古い映像を見て、教授の解説を聞きました↓
a0118890_11382458.jpg




ここの会場、音がすごく良かったです。
帰りは、会場後ろのドア→教会正面のドアから出られました↓
a0118890_11384641.jpg



5月にここにPat Metheny(パット・メセニー)が来るみたいです。
こんな小さい箱で見られるなら、ぜひまた来たいなぁ!



今日の豆知識The John G. Shedd Instituteという財団は、Chicago(シカゴ)にaquarium(水族館)を持っていたりと、いろんな施設を運営しています。このEugene(ユージーン)の会場は2002年からの運営だそう。一階席の値段が少し高いので入るときチェックされるけど、「Can I take a look inside?(ちょっと中を見てもいいですか)」といったらあっさり入れてくれました。ちなみに、教会の椅子なので、座り心地はあんまりよくありません。狭いし・・・。宗教関係のものは一切おいてありませんでした。
[PR]
by masmic | 2010-02-14 12:07 | ユージーン -お店など・その他

アメリカのルパ~ン三世~。

市立図書館Eugene Public Libraryで、Lupin The 3rd(ルパン三世)シリーズを見つけ、借りてみました。
音声とsubtitle(字幕)が、英語と日本語両方選べるようになっています。

英語で見てみました↓
a0118890_147409.jpg



声が!山田康雄じゃないと、な~んか違和感・・・。
ルパンの声は次元や五右衛門よりそれなりに高め、なんですが、三枚目なかんじに欠けるよーな。


なので途中から日本語音声+英語字幕で見ています。
銭形のとっつぁんは、ちゃんといがらっぽい声を出してる↓
a0118890_148045.jpg




これって完全にマニア向けなんだろうな~。
全然英語の勉強にはならないけど(笑)、
10本ぐらいあったので、また借りてみようっと。




今日の豆知識⇒不二子の声はけっこう色っぽいと思いました。DVDの内容はテレビシリーズです。
[PR]
by masmic | 2010-02-01 14:09 | 日々の生活あれこれ

ローズボール、接戦の末の勝敗は・・・?

さて、1月1日はRose Bowl(ローズボール)がカリフォルニアのPasadena(パサディナ)で開催されました。

私は前日のカウントダウンの疲れから、家でデビブと観戦することにしました。
前日からこのTシャツを着ていました。
(カウントダウンの会場で着てたら、「それいいね!」と声をかけられました)↓
a0118890_11235218.jpg



Duck(ダック。オレゴン大学のアヒルのマスコット)もちゃんと会場に行ってましたよ~↓
a0118890_11244498.jpg



14時から試合が始まりました↓
a0118890_112592.jpg




Ducks(オレゴン大学)の対戦相手は、Bucks(オハイオ州立大学)です。
なかなか点がたくさん入らない、接戦に↓
a0118890_11253641.jpg



が、我がDucksは26対17で負けてしまいました~(>_<)
あ~!残念!! こちらはお互いのチームの監督です↓
a0118890_11255448.jpg




こちらは相手チームのスター選手。
輝いています。おめでとうございます↓
a0118890_11262048.jpg



Ducksには、また次の出場を目指して、がんばってほしい!
GO DUCKS!
a0118890_11314987.jpg




今日の豆知識Ohio State University(オハイオ州立大学)のキャラクターは、buckeyes(トチノキ)なので、「Go Bucks!(ゴー、バックス!)」の旗を持っていました。UO(オレゴン大学)は「Go Ducks!(ゴー、ダックス!)」なので、うまい具合に韻を踏んでいるなぁ(韻を踏むというのだろうか・・・)と感心しました。
[PR]
by masmic | 2010-01-03 11:04 | アメリカ文化

久々にテレビ三昧の一日。

今日は昼からまたDucks(オレゴン大学のチーム)の試合があったのと、
雨で寒い&暗かったので、
家にこもっていました。

が、
Ducksがスタンフォード大学に負けてしまい、デビブがっかり。
ちなみにこちらは、以前マリコさんちにお邪魔したときに発見した、
ducksのカーペット。
フットボールのフィールドになっています。
応援もりあがりそう♪↓
a0118890_1633681.jpg



グロセリーで見つけた、ducks味のアイスクリーム。
どんな味なんだ~!?↓
a0118890_1635319.jpg



私はというと、実は大好きなSpongeBob SquarePants(スポンジボブ)を見られてごきげん。
彼の、optimistic(楽天的)で多少annoying(うっとうしい)なところに、日本にいたときからハマっています↓
a0118890_164611.jpg




今日の豆知識⇒SpongeBob SquarePantsは今年10周年なので、たまにテレビで特別企画をやっています。最近のオレゴンは、冬に向けて雨の多い日が続いています。
[PR]
by masmic | 2009-11-07 15:54 | 日々の生活あれこれ

地球を守れ!『350』人のアーティストが集結。

この前の土曜日、Hult Centerclimate action event(気候運動イベント)があり行ってきました。すごい人でした↓
a0118890_1719220.jpg



350」人のlocal artists(地元の芸術家)によるmusic & dance performances(音楽とダンスの上演)が、ロビーで行われたのです。これ、全部無料です。



で、なぜ「350」人なのか、というと・・・



この数字には意味があります。
「350」という数字は、
the safe upper limit of carbon dioxide measured in “parts per million” in the atmosphere(大気中での、ppm単位における、二酸化炭素の安全な上限値)」なんだそうです。
ppmというのが難しいんですが、これは濃度を表す単位です。

現在の地球はすでに「350」を超えていて、さらに増えている状況なので、それに警鐘をならそう、というイベントだったのです↓
a0118890_17193028.jpg




説明が長くなりましたが、内容はいろんなジャンルの音楽。
私達がついたときは、ロビーの階段の上のグループが演奏していました↓
a0118890_17195166.jpg



ちなみに、右端の白髪の女性は、ユージーンのMayor(市長)です↓
a0118890_1720695.jpg



次はロビー中央で、8つの吹奏楽器による演奏。"eight winds(8つの風)"って名前がカッコいい↓
a0118890_17203245.jpg



寝転がって聴いている人とかいて、みんな自由~↓
a0118890_17204686.jpg



お次は、自由奔放に動きながらtrumpet(トランペット)を吹く人が登場↓
a0118890_17211299.jpg



あと二人追加。みんな、鳥の鳴き声みたいな音を出しています↓
a0118890_1721297.jpg



上の階にも演奏者が・・・本当に鳥が飛んでいるみたいに、泣き声が反響してる!↓
a0118890_17214982.jpg



glockenspiel(鉄琴)も入って、音が風になったみたい↓
a0118890_172228.jpg



と思ったら、徐々に音が消えていき、不思議な黒い服の女性達が出てきた。
数をカウントダウンしながら、奇妙な動き・・・↓
a0118890_17222410.jpg



活発だったのが、苦しそうな怒ったような動きになり、やがて静まっていく・・・
カウントダウンも終わりそう・・・
「地球に残された時間が少ない」
ということを表現していたようです↓
a0118890_17223978.jpg



ダンスが終わると、今度はJazz(ジャズ)が始まりました。
ワンステージごとに演奏場所が変わるから、観客もぞろぞろ移動↓
a0118890_1723096.jpg



ジャズ↓
a0118890_1723135.jpg



folk/rock(フォーク・ロック)のグループ↓
a0118890_17234111.jpg



アフリカっぽい音楽のグループ。踊っている女の人の足にマラカスがついていて、ちゃんとリズムになってる! 後ろの中華鍋みたいな楽器たちも気になりました。なんていう楽器だろう・・・↓
a0118890_1724388.jpg



パーカッションとダンス。
ムムッ…ところで、外野にいる青いTシャツの人たち、もしかして・・・?↓
a0118890_17241988.jpg



やっぱり! Samba Jaでした!↓
a0118890_1724439.jpg




私が行くとこに、彼らしょっちゅう出現するんですけど!
すっかりファンになってしまったじゃないですか~。
またみんなで踊りました(笑)
a0118890_17245947.jpg





◎人ごみで使える英語
-Am I in your way?
(後ろの人に向かって→私、じゃましてますか?見えますか?)

◎同じく"way”を使った、バーの店員さんの一言
-Can I get this out of your way?
(客の食べ終わった食器を→片付けてもよいですか?)




今日の豆知識⇒ユージーンは人口の割に、アーティストの多い町なんだそうです。会場では「Urban Homesteading for Carbon Reduction(二酸化炭素削減のための、都会の自作農場)」という紙を渡されました。そこには"Grow a garden(畑を始めよう)" "Buy local(地元経済をサポートしよう)" "Preserve and store food for winter use(冬にそなえて食料を保存加工&貯蔵しよう)"などの提案が。ほか、"Be a climate citizen(国会議員に電話して訴えよう)"なども書かれていました。
[PR]
by masmic | 2009-10-28 17:14 | ユージーン -イベント

ベーシストの友達ができました。

先週から、conversation partner(英会話の相手)となった友達エリックが
ライブをやるというので、デビブと聴きに行ってきました。
場所は、Cozmic Pizzaです↓
a0118890_14544329.jpg




彼はジャズミュージシャンで、wood bass(ウッドベース)を担当しています。
この日は、Miles Davis(マイルス・デイビス)のカバー曲を演奏しました。
「いつも小さい箱で演奏しているから、こういう広い場所だと響きが違う。これからは月一で、ここで演奏するつもりなんだ♪」とのこと。

渋いクールなサウンドでした↓
a0118890_1455196.jpg




これから毎週いろいろ話すのが楽しみです(^_^)



今日の豆知識⇒この日、路上でsamisen(三味線)を弾いているアメリカ人の人をみました! ユージーンのダウンタウンに津軽三味線の音が響き渡っていて不思議でした。前にもLCCU of O(オレゴン大学)で三味線を弾くアメリカ人(別の人)を見たので、もしかして三味線はじわじわ世界進出してるのかもしれません。
[PR]
by masmic | 2009-10-27 14:48 | 日々の生活あれこれ

2ドルの映画館。 -Gateway mall

最近しばらく行ってないんですけど、
私とデビブが映画に行くときは、大抵2ドルの映画館に行きます。
隣町Springfield(スプリング・フィールド)にある、
ここGateway mall(ゲイトウェイ・モール)の中にそれはある↓
a0118890_1339176.jpg




Two for STARWARS, please.(『スターウォーズ』を2枚ください)」などと、映画名を言ってチケットを買います。ちなみに2ドルの映画はなぜこんなに安いかというと、公開されて少したった映画を上演しているから。少~し古いけど、それでも日本公開よりはかなり早く見れるのです↓
a0118890_13395883.jpg





中に入ると、お約束のpopcorn(ポップコーン)売り場が。。。
チケットは安いけど、中で飲み物などを買うと、高くつく!ので、
いつもは買いません・・・(-_-;)↓
a0118890_13403013.jpg




中はcinema complex(シネマ・コンプレックス。複合映画館)になっています。
通路を通ってお目当ての映画が上映されている部屋へ↓
a0118890_13404491.jpg




久々にゆっくり映画を見に行きたくなってきました。





今日の豆知識⇒この映画館は夕方4時ぐらいから開館しますが、夕方の第一回目はさらに安くて、大人一人$1.50で入れることもあります。最新映画をやってる映画館は$7台とかで、インディペンデント系の映画館は時間によって$4くらいだったりします。映画の料金は時間帯や映画館によって結構まちまちです。
[PR]
by masmic | 2009-10-07 13:31 | ユージーン -お店など・その他

田舎の体育館みたいな箱でライブ。 -Sam Bond’s Garage

ユージーンのスラム街whiteaker(ウィティカー)で2軒めは、
Sam Bond’s Garage(サム・ボンズ・ガラージ)へ↓
a0118890_1292267.jpg



人が集まりはじめていて、さっきのTiny Tavernで見かけた人もちらほら。みんな、ドリンクやフードのオーダーで忙しい↓
a0118890_12102960.jpg



9:30からライブが始まるのです。中はなんとな~く、田舎の体育館のステージみたいな雰囲気(良い意味で)↓
a0118890_1211717.jpg




フードはホームメイドのピザも気になったけど、今日はこちらのpotato samosa(ポテトサモサ)を注文。予想以上に料理は美味しかったです(^_^)v↓
a0118890_12112715.jpg




ステージが始まりました。
この日の音楽は、Cuban dance music(キューバのダンス音楽)。チャージは$5です。
さっそくみんなダンス開始!
一番前の席に、美女と一緒にステージを見てた白いスーツの黒人の人がいて、妙に貫禄があったので「この人がオーナー?(サムさん)?」と気になりました↓
a0118890_12115181.jpg





1ステージ終わって、beer garden(ビアガーデン)と書いてあったbackyard(裏庭)に行ってみました↓
a0118890_12122711.jpg



けっこう広い。今は喫煙所みたいになってたけど、
夏はステージの裏の壁を取り外して、裏庭でも音楽が楽しめるみたいです↓
a0118890_12124330.jpg




中に戻るとまたステージが始まった!!
アメリカ人はみんな好きなように自己流で踊るので、
いつも「私も踊れるかも!?」という気にさせられます(笑)↓
a0118890_12131144.jpg




デビブは踊らないので、ビールをぐいぐいっ、と↓
a0118890_12132421.jpg




盛り上がっていたところ、途中であのサムさんらしき人が席を立って、店の奥のほうにいきました。そしたら・・・
突然mirror ball(ミラーボール)が回りだしました!
偶然かな??? それとも、やっぱり?↓
a0118890_12134331.jpg







今日の豆知識⇒ステージの写真を見るとわかりますが、ステージの上に、金色の大きな牛のhorn(角)みたいなオブジェが飾ってあります。アメリカの田舎のステージでよくこういう角が飾ってあるらしいんですけど、デビブに言わせると、「この店のは大きすぎるでしょ! あきらかにバカにしてるでしょ(笑)」とのことです。
[PR]
by masmic | 2009-09-27 11:55 | ユージーン -ナイトスポット

メキシコ人の友達が、サルサコンテストに出る。 -Fiesta Latina

週末、ラテンのお祭りFiesta Latina(フィエスタ・ラティーナ)に行ってきました。

会場は、ユージーンの隣町Springfield(スプリングフィールド)のIsland Park(アイランドパーク)という公園です。
会場に向かうときyurt(ユルト。遊牧民の移動式テント)が見えた。なんだろう?↓
a0118890_92862.jpg



まずはここでチケットを買います。一人$5でした。
右下にぶら下がってる緑色のはpinata(ピニャータ)。中にお菓子が入ってて、子ども達が棒でバンバンたたくとお菓子がでてきます。明日の昼間にやるらしい↓
a0118890_9282631.jpg



先ほどのyurtに入ってみました↓
a0118890_928514.jpg



中ではラテン~なかんじの絵を売っていました↓
a0118890_9292582.jpg



ずんずん進むと、食べ物のbooth(屋台)がでていました。それにしても子どもが多かった。ちなみに10歳以下は入場料無料です↓
a0118890_9293992.jpg



屋台は、ほとんどメキシコ料理のお店です↓
a0118890_930484.jpg



車輪の形をした黄色いスナック(何て呼ぶのでしょう?)とか、花の形に切ったマンゴーとかもありました↓
a0118890_9304127.jpg



私とデビブはまずtacos(タコス)を食べることに。ここではタコスの皮も手作りしてた↓
a0118890_9305455.jpg



ビーフタコスは1個$1で、安くておいしかった! 
中身はビーフとオニオンとcilantro(パクチー)。
やっぱりメキシコ人が作る本物のメキシコ料理は美味しいのだなぁ(^_^)↓
a0118890_931846.jpg



こっちは初挑戦の料理、gorditas(ゴルディータス)。油で揚げてふかふかになったコーン皮に、ビーフや野菜をはさんでありました。これは、んまかった!
また食べたい↓
a0118890_93122100.jpg




さて、会場には、屋台から少し離れたところにステージがありました↓
a0118890_9313534.jpg



私達が着いたときはマジックショーをやっていたんだけど、
ラテン音楽が流れると人々は自由に踊り始める・・・↓
a0118890_93258.jpg



そして9時ごろから、salsa dance semifinals(サルサダンス・コンテストの準決勝)が始まりました↓
a0118890_9321785.jpg



6組出場したのですが、
なんとそのうちの一人が私のメキシコ人の友達でした!
残念ながら6位に終わりました・・・が、友達を応援できて楽しさ倍増な夜だったのでした↓
a0118890_9323152.jpg






今日の豆知識⇒このイベントでは、食べ物の缶詰を3つ寄付すると、入場料が$4になります。今年で17回目だそうですが、最初のころはPlaza Latinaの近くで小規模に開催していたとのこと。メキシコ人の移民が増えて、コミュニティーが年々大きくなっているのでしょう。ユージーンのタウン情報が載っているスペイン語の週刊紙も最近発行されていました。
[PR]
by masmic | 2009-09-20 09:40 | ユージーン -イベント


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧