はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ポットラックパーティー

昨日は我が家でポットラックパーティーがありました。
義母はパーティーが好きなのです。

ポットラックとは、参加者がいろいろ食べ物を持ち合うパーティーです。
主催者が裏方忙しくて楽しめない、ということはありません。
みんな平等に楽しめるので、とってもいいです。

日本人、アメリカ人、メキシコ系、80代のおばあさんから、生後3週間の赤ちゃんまで、合計21人が集まりました。
料理は、定番のキャセロールや、チリ入りのメキシカンなキャセロール、野菜スティック、おいなりさんと巻き寿司、肉ギョーザとベジタリアン向けギョーザ、デザート、などなど・・・。

私の担当は、玄関とリビングのデコレーションです。
ピンクの風船と、シルバーのファーみたいなきらきらテープ、
それにHAPPY BIRTHDAYの飾り。
昨日は参加者の中に誕生日の人がいたので、ちょっとしたサプライズです。
すごくよろこんでもらえたので、やってよかったなぁと思いました。

主役は、この日64歳になったので、
ケーキのキャンドルを吹き消した後
ビートルズの歌をお祝いにみんなで歌いました。
(タイトルわかんないけど、サビが「~,when I'm 64!」ってやつ)
でも、みんな1番の歌詞とサビしか知らなくて、
曲中ほとんど体を揺らすだけ!(笑)で、サビだけ大声で歌ってた。

あとはgirlsとboysに分かれて、
girlsはこの日来てた赤ちゃん2人と遊んだりおしゃべり。
boysはビール!です。

11時ごろまで楽しんで、みんな満足して帰ってゆきました。
残った料理は、ほしい人が持ち帰って、あとは主催者の明日のごはんです・・・。
デビブは余ったビールを、満面の笑みで冷蔵庫に入れていました。

今日の豆知識⇒ポットラックは、「あなたはサラダ」「あなたは肉」「あなたはデザート」などあらかじめ割り当てておくので、サラダだけいっぱい集まる、ということはない。忙しい人は出来合いのものを買ってきてもOK。とりあえずビールとお花だけ買ってくれば、形にはなる。
[PR]
# by masmic | 2009-02-08 07:45 | アメリカ文化

流行りの食材

ここアメリカでも、日本食はかなり浸透しています。
豆腐はかなり市民権を得ていて、スーパーでは本当にいろんな豆腐が選べます。
しょうゆ味噌わさびも同様です。

最近TVのFOOD channelでよく使ってるな~と思う食材は、
枝豆シイタケ
その名も、"edamame""shiitake mashroom"。
そのままやないかーい!

枝豆はサラダやソテーにしてるのを見ました。
シイタケは、これまた日本の食材うどん(udon)の具になってました。
あとはやっぱりソテー。
私はきのこ全般が苦手なので、
スーパーの量り売りコーナーにいろんな乾燥キノコを見つけたときは、
ライバルが全米進出したような複雑な感情になりました。

うどんのほかに、そば(soba)も茹で麺で売られていました。
そのとなりに、四角い真空パックにはいったMochi。そう、お餅です。
白いのはなく、マルチグレインみたいな、いわば雑穀米の餅のようなものが
主流のようです。cut&bakeと書いてあったので、日本同様に焼いて食べるみたいですが、どちらかというと韓国のトッポギのように伸びないみたい。

あとは、先日スーパーの野菜売り場で見つけたのが、burdock root。ごぼうです。
欧米人はごぼうを食べない習慣だったのに、最近食べるみたいです。
どうやって食べるのか興味しんしん。
あと海藻も、健康に関心の高いヒッピーやベジタリアンは喜んで食べるとか。

今日出た食材は(海藻以外)、すべてごく普通の人が行くスーパーに売っていたものです。
(私の好きな、グルメスーパーMarket of Choiceにね)
もっとエスニックな食材がほしければ、コリアンの人がやってるスーパーがあって、
そこには「アメリカの片田舎なのに、こんなものも売ってるんだ!」
ってものがごろごろあるので、それはまた後日書きます。

そのコリアンスーパーもひっくるめて、どこいっても手に入らないのが、
生の柚子の果実。
これだけはどうしても手に入らないんだとか。
日本人が好むあの絶妙な香り、アメリカも必要とする日が来るのだろうか・・・。

今日の豆知識のり巻きも、お惣菜コーナーに必ずといっていいほどあります。実演販売になっているところも多くあり、スーパーの中で小さい島みたくなってます。島の住人(寿司を作る人)はメキシカンが多い気がします。
[PR]
# by masmic | 2009-02-07 10:55 | FOOD

ステーキ肉を買いに。

私とデビブは現在、デビブのお母さんの家に居候しています。
家には車が1台しかないので、
お母さんの出勤日は遠出できません。

が、ここ最近のオレゴンは、冬とは思えないほどの良いお天気。
そして、デビブと私は散歩が大好きです。
デビブ「Market of Choice(私お気に入りのスーパー)まで歩かない?」
とのことで、午後から夕飯のステーキ肉を買いに(笑)、散歩することになりました。

散歩とはいえ、そのMarket of Choiceまでは片道50分(!)はあります。
車なら5分なのに。。。
さらにこの辺は坂が急なので、ちょっとした登山ですらある。

森の中の住宅街を抜けて、
デビブが名づけた「ヒミツの小道」を通って、
のら鹿やのらリスを見て、
ヒッピーの家の前を通ります。

近所の中学校の校庭を横切ると↓(写真の芝生がグラウンド。誰でも入ってよいのです)、
中学生たちが大勢バスを待ってる。
a0118890_1801168.jpg


少し行くと、下校途中の中学生が書いたらしき落書きを発見。
a0118890_17534424.jpg

Joseph is a POOP.(ジョゼフはウンコだ)」
ジョゼフかわいそう、こんなアジア人に笑われて。。。


郵便局を通りすぎると、やや街らしくなってきました。
途中、古~い小さ~いショッピングモールがあって、そこを通るときに
デビブと私はくだらないことでケンカしていた(というか、
私が一方的に怒っていた)んだけど、
デビブが「Give me a hug!(仲直りのハグして!)じゃないとポリス呼ぶよ」
私「呼べばいいじゃん!」
といってたら、ホントに目の前にいたっ!!
今思うとモールの警備員だったのかもしれないが・・・。
ポリス「天気が良いから、手でもつないでやれ」
デビブ「だけど彼女が嫌がってるんだ」
ポリス「ハハハー。Enjoy your beautiful sunny day

その後、デビブがカプチーノとパンプキンクッキーをおごってくれたので、
私の機嫌は直り、無事スーパーでステーキ肉を購入。

帰りは別のルートで。
どこかから暖炉の薪が燃えるいいにおいがする。
ここらへんは渋滞がないから、排気ガスのにおいがしなくて好き。
大きな墓地の前を通り過ぎ(といっても芝生の公園のようで不気味さゼロ)、
住宅街の家々を見ながら、またてくてくと50分。
家についたらすっかり暗くなってました。

次はダウンタウンまで挑戦するかー!(片道1時間半)

a0118890_17562152.jpg



今日の豆知識アメリカでは自転車はちゃんと車道を走るので、歩道を歩いてるとき後ろから「チリンチリン!」ということはまずない。公道であっても自宅前の落ち葉などは掃除しなくてはならないが、そのゴミは道端に山にしておくと無料で回収してもらえる。
[PR]
# by masmic | 2009-02-06 10:14 | 日々の生活あれこれ

銀行がむずかしい。

デビブの新しいID(運転免許証)が来たので、
先日、銀行口座を作りにいきました。
日本にお金を置いてきたので、早く送金してもらわないと困るからです。

アメリカでは夫婦共同口座(ジョイント・アカウント)にすることができます。
だから私はてっきり、2人の身分証明書を見せて、ちょちょっと書類にサインすればすむと思っていました。

しかし、この日手続きにかかった時間はなんと丸2時間!
混んでいたわけではなく・・・、アメリカではこれが普通のようです。

銀行に着いて、行員にパンフレットをわたされて、
それを見たデビブが考え込んでいる。。。
「どうしたの?」
saving(普通預金口座)だけでよいよね?」
「・・・、いいんじゃないの?」

デビブがいうには、savingのほかにchecking account(当座預金口座)もあるとのこと。
しかもパンフレットには、学生向けやお金持ち向けなど、さまざまなaccount(口座)が載っており、1日に引き出せる限度額や、口座管理料など、ばらばら。利息も違う。
どれをどのようなシチュエーションで使うのか・・・。

「ハーイ!」←口座窓口係のペギー。
「口座を開きたいんですけど、何がよいかわからなくて」
「savingとchecking両方ついたパッケージをおすすめするわ」
とのことで、それにする。

そこからの説明が長かった!
それぞれの口座の説明、デビットカードと小切手の使い方、クレジットカードについて、オンラインバンキングについて、などなど・・・。それから、前職の内容と雇用主について、日本で使っていたクレジットカードの情報、なんかも聞かれ、サインやパスワードの登録、と続いていく・・・。
ペギーの話が膨大すぎて途中ですぐ「今何のことを説明中?」と迷子になった私。
そこからついに本筋に戻れず(泣)

そして昨日、私とデビブ宛に1枚ずつカードが届いた。
「やった~きた~。クレジットカードもついてるじゃん!」
審査通ったんだ~、と喜ぶ私に、デビブはすかさず、
「クレジットじゃなくて、このカードはその場で口座からすぐお金が引き落とされるの」
はて?大手クレジット会社のマークがついてるのだが?
デビブ「クレジットカードはまたあとで来るの」
私「じゃあこのカードのクレジットマークはなんなのよ」
デビブ「このマークがついてるお店とかでデビットカードとして使えるという意味」
あーそーか。
私「ところでこのカードはトラベル用ということだけど、普通預金と当座預金作ったから、あと2枚カードがくるんでしょ?」
デビブ「カードはこれだけなの。savingのカードは作んなかった」
私「当座預金のカードは?」
デビブ「それがこのカードで、これ1枚で当座預金とデビットカードとオンラインバンキングのカードになってる」
私「はぁ。・・・たびたびすみません。では、あとクレジットカードが手元にくれば、来るべきものは皆来た、ということになるのでしょうか?」
デビブ「YES!!(やや切れ気味)」

アメリカの銀行口座は複雑だ!


今日の豆知識checkingとは小切手が切れる口座。盗難防止のため、アメリカではsavingからcheckingに少しずつお金をうつしておき、光熱費などを払うときに小切手を切るそうである。savingには利息がつくが、checkingにはつかない。
[PR]
# by masmic | 2009-02-05 15:10 | アメリカ文化

はじめに。

こんにちは!ブログはじめました、マスミです。
3週間前に、アメリカ人の夫とオレゴンに引っ越してきました。

はじめに、
実際のお隣さんはヒッピーではなく、
ボブというおじいさんです。

ヒッピーのお家も、実際に何軒か隣にあります。
でも、この町にはヒッピーだけじゃなく、
家にレインボーカラーを飾るゲイのカップルや、
雨の日も雪の日も走ってるジョグラーや、
大型チェーン店よりもぴりりと小粒のきいた素敵なローカル店を応援する人や、
新鮮なオーガニックフードを愛する人たちや、
地球に優しいエコな生活を好む住民や、
真冬にクジャクの羽根つけて裸足で歩いてる変わり者や、
何より豊かな自然と共に生きる人たちがいるんだよ~、ということを
毎日の出来事を通して伝えていけたらと思っています。

どうぞよろしくです。
[PR]
# by masmic | 2009-02-04 19:51 | お知らせ


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧