はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ハッピー・バレンタインズ・デー!!

昨日デビブが「今年のValentine(バレンタイン)は何もしないよ」といっていたけど、
今朝起きたら、ベッドルームに
チョコを持った革ジャンのクマがいました↓
a0118890_14531479.jpg



デビブ、ありがとう!!

Happy Valentine's Day!
みなさんはどんなバレンタインデーを過ごされましたか?



今日の豆知識⇒アメリカのバレンタインは、男性が女性に贈り物をするのが一般的なので、「日本では女性が男性にチョコをあげます」とアメリカ人男性に説明すると、たいてい「日本に行きたいなあ!」といわれます・・・。
[PR]
# by masmic | 2010-02-15 14:55 | アメリカ文化

教会でボサノヴァ・コンサート。 -Jaqua Concert Hall

以前、教会みたいな映画館Bijouをご紹介しましたが、
今回は教会みたいなコンサート会場、Jaqua Concert Hall(ジャクア・コンサートホール)に行ってきました。
The John G. Shedd Institute for the Artという財団?が運営していて、通称Shedd(シェッド)とも呼ばれているそうです。
本当に教会だったのかな~?↓
a0118890_11323383.jpg



脇の入り口から入って、予約していたチケットを受け取りました↓
a0118890_1134842.jpg



細い通路を抜けて・・・↓
a0118890_11344098.jpg



会場に向かう途中、飾ってある美術品などを見て・・・↓
a0118890_1135084.jpg



細い階段を上り・・・↓
a0118890_11351848.jpg



会場に入りました!↓
a0118890_1136128.jpg



座席に聖書を入れる用のポケットなんかがついているので、たぶん本当にここ教会だったんだろうなぁ↓
a0118890_11354269.jpg



天井が高いです↓
a0118890_113703.jpg



ちなみに一階席はこんなかんじです↓
a0118890_11372420.jpg



私たちの席はbalcony(二階席)後ろだったけど、こじんまりした会場なので、一番後ろでも十分パフォーマンスが楽しめました↓
a0118890_11374581.jpg



で、この日の催しは何かというと、
Jazz Meets Jobim(ジャズ・ミーツ・ジョビン)』
ジャズミュージシャンが、Antonio Carlos Jobim(アントニオ・カルロス・ジョビン)の曲をジャズ風にアレンジして演奏するというもの。
bossa nova(ボサノヴァ)大好きです♪


演奏者は、以前違うレストランでも演奏していた
UO(オレゴン大学)のジャズの教授Carl Woideck(カール)氏と彼のバンド。
デビブもこの先生の授業取ったことがあるんだって↓
a0118890_1138549.jpg



定番のDesafinado(ジザフィナード)から始まって、
3曲目あたりからブラジル人のゲストシンガーが加わり、
さらに途中からCarl教授のレクチャーが始まりました(笑)
ジョビンが、アメリカ人のジャズミュージシャンとOne Note Samba(ワン・ノート・サンバ)を演奏する古い映像を見て、教授の解説を聞きました↓
a0118890_11382458.jpg




ここの会場、音がすごく良かったです。
帰りは、会場後ろのドア→教会正面のドアから出られました↓
a0118890_11384641.jpg



5月にここにPat Metheny(パット・メセニー)が来るみたいです。
こんな小さい箱で見られるなら、ぜひまた来たいなぁ!



今日の豆知識The John G. Shedd Instituteという財団は、Chicago(シカゴ)にaquarium(水族館)を持っていたりと、いろんな施設を運営しています。このEugene(ユージーン)の会場は2002年からの運営だそう。一階席の値段が少し高いので入るときチェックされるけど、「Can I take a look inside?(ちょっと中を見てもいいですか)」といったらあっさり入れてくれました。ちなみに、教会の椅子なので、座り心地はあんまりよくありません。狭いし・・・。宗教関係のものは一切おいてありませんでした。
[PR]
# by masmic | 2010-02-14 12:07 | ユージーン -お店など・その他

メキシコ人のバースデーパーティー。

2週間くらい前になりますが、
メキシコ人の友達Thalia(タリア)のbirthday party(誕生会)に招待されたので行ってきました。
22歳になったんだって↓
a0118890_13382341.jpg




タリアは頭の回転が早くて、英会話も堪能、テストも一番に解き終わるタイプです。

こちらはタリアの妹さんと、友達の子ども。かわいい↓
a0118890_13385578.jpg



enchilada(エンチラーダ)とピラフみたいなご飯料理をいただきました。
メキシコ人が作るメキシコ料理って本当に美味しい!
メキシコ料理は日本よりアメリカのほうが安くて美味しいと思う。
ちなみに、おいなりさんとのコラボは正直合いませんでしたが・・・(タリアに日本料理持ってきてとリクエストされたので作ったのですが・・・泣)↓
a0118890_13391945.jpg




タリアの家族や親戚が次々やってきて、
食事後にみんなでケーキを囲んで歌いました。
まず、オーソドックスなハッピーバースデーの歌、
次にメキシコの歌と思われるスペイン語の歌を2曲↓
a0118890_13393919.jpg



このケーキは、メキシコのケーキかな?
アメリカのfrosting(フロスティング。砂糖のかたまりみたいなクリーム)がのってるケーキと違って、クリームがしっとりやわらかくて、美味しかったです↓
a0118890_13395733.jpg




ケーキを食べた後、みんなでPictionary(ピクショナリー)というゲームで遊びました。
picture(絵)+dictionary(辞書)の造語です。
カードをひいて、そこに書かれているword(単語)を表すpictureを描いて、それを各チームごとに当てるのですが、絵心と語彙力が同時に問われる、かなり勉強になるゲームでした!↓
a0118890_13401674.jpg





Thalia, happy birthday!
(タリア、誕生日おめでとう)





今日の豆知識⇒私の周りのメキシコ人は、英会話の堪能な方が多いです。聞くと、生まれはメキシコだけど子どもの頃からアメリカに住んでるとか、アメリカの高校を卒業したとか、市民権とって働いてるとか、みんな納得の英語歴。にもかかわらず、渡米一年の私と同じクラスで学んでいるので、「なんでこのクラス取ってるのー?」と当初すごく疑問でした。会話が堪能でも文法やreading/writing(読み書き)のスキルが高いとは限らないんだなー、と思わせられました。日本人と逆なので「どういう勉強をしてきたの?」と彼らに聞いたら、「英語とスペイン語は同じアルファベットだし、似たような単語もあるから覚えやすいんじゃない?」との返答。本当にそれだけなのかな?
[PR]
# by masmic | 2010-02-08 13:47 | 日々の生活あれこれ

地中海料理店の、”本日のサーモン”。 -Café Soriah

久々にデビブとランチに行きました。
ここCafé Soriah(カフェ・ソライヤ)は、デビブが子供の頃からユージーンで営業してるそうです↓
a0118890_80149.jpg



ここのお店の料理はMediterranean(地中海料理)です。
店に入るとすぐ、woody(木製)のバーカウンターがあります。お酒のつまみのhummus(ハマス)がおいしいんだろうな↓
a0118890_803086.jpg



店内奥のほうに素敵なダイニングが広がっていました。
デビブ、思わず乙女ポーズ(やらせです)。
オーナーが中東出身の方なのですが、夜はここでflambe(フランベ)をしたりするんだって↓
a0118890_804917.jpg



パンもここで焼いているそうです。オリーブのパンがおいしかった↓
a0118890_81862.jpg



私のオーダーはこちらの、Salmon du jour(本日のサーモン)。
ソースはカレー味。フルーツ(リンゴかな?)がたくさん入ったような甘めのカレー味ソースです。つけあわせはbaked potato(ベイクド・ポテト)と、ズッキーニやスクワッシュのソテー。パンとよく合いました↓
a0118890_842391.jpg



デビブはmushroom risotto(きのこのリゾット)をオーダー。
リゾットおいしいんだけど「オイラの今日のランチ、パンとご飯だよ」だって(笑)
carb(炭水化物)だけでかわいそうなので、サーモンを少しあげました↓
a0118890_844440.jpg



お料理どれもおいしかったです。量が日本サイズだったので、私にはちょうどよかったけど、アメリカ人にとっては少なくて不満かもしれないな・・・。

夏場は、裏庭でも食事を楽しめるそうです。
また夏に来てみたいな!↓
a0118890_85432.jpg




今日の豆知識⇒今日は英語版。
We’ll walk cross the bridge we get to it.(あとで決めるよ/そんとき考えればいいよ)
デビブと、"今晩何食べる?" "着いたら何を買う?"などと話していて、返事が面倒くさくなったときに使えます。今まで「I’ll sleep on it.(もっと考えてみます)」というのを使っていたけど、これはもっと重大な決断をするときに使う言い回しなんだそう。
[PR]
# by masmic | 2010-02-07 08:13 | ユージーン -レストラン

アメリカのルパ~ン三世~。

市立図書館Eugene Public Libraryで、Lupin The 3rd(ルパン三世)シリーズを見つけ、借りてみました。
音声とsubtitle(字幕)が、英語と日本語両方選べるようになっています。

英語で見てみました↓
a0118890_147409.jpg



声が!山田康雄じゃないと、な~んか違和感・・・。
ルパンの声は次元や五右衛門よりそれなりに高め、なんですが、三枚目なかんじに欠けるよーな。


なので途中から日本語音声+英語字幕で見ています。
銭形のとっつぁんは、ちゃんといがらっぽい声を出してる↓
a0118890_148045.jpg




これって完全にマニア向けなんだろうな~。
全然英語の勉強にはならないけど(笑)、
10本ぐらいあったので、また借りてみようっと。




今日の豆知識⇒不二子の声はけっこう色っぽいと思いました。DVDの内容はテレビシリーズです。
[PR]
# by masmic | 2010-02-01 14:09 | 日々の生活あれこれ


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧