はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

一面に載りました!

このspring term(春学期)から、
Lane Community College(レーン・コミュニティ・カレッジ。通称LCC)の学生新聞のチームにphotographer(カメラマン)として参加しています。



先日、私の撮ったlonghouse(ロングハウス)の写真が一面に載りました!やったー:) ↓
a0118890_1026615.jpg







今日の豆知識⇒学生新聞の活動をすると、うちのコミュニティカレッジでは、お給料も単位も少しだけどもらえるみたいなんです。日本では聞いたことなかったけど。longhouseとは、昔native American(ネイティブアメリカン)によって建てられていた建物で、いまLCCに再現・建設中です。LCCでは、ネイティブアメリカンのtribe(部族)の言葉も外国語科目として学べて、4年制大学によっては、transfer(編入)するとき単位として認められる大学もあるそうです。
[PR]
# by masmic | 2010-04-19 10:40

もはや、地蔵状態・・・。

Eugene(ユージーン)のdowntown(ダウンタウン)に、Eugene Station(ユージーンステーション)というバスの拠点みたいな場所があります。
そこに、公民権運動の活動家Rosa Parksの銅像があるのですが、
たまにちょっとイタズラされていて面白いです。



イタズラ、といっても、
なんだか微笑ましくなるような・・・、
まるで、地蔵へのお供え物のような・・・、
そんな感覚なのですが。



先日は、カッテージチーズの入れ物を持っていました↓
a0118890_1672026.jpg




今日通りかかったら、ピンクのバラを持たされていました。
なんだか粋ですらあります↓
a0118890_1674795.jpg





最近、その付近を、
クラリネットを吹きながら歩いている、大きな荷物を背負ったおじさんが歩いているのですが・・・。
なんだか謎です。






今日の豆知識⇒ここのバス停付近には、家出少年少女がけっこうたまっていて、警察もよくパトロールしています。といっても、ギャングのたまり場とかそういうのでもなさそうで、前にservice learning(サービスラーニング)の先生に聞いた話によると、親が麻薬中毒になって家庭が崩壊した子どもたちが逃げてきているのだとか・・・。そう聞くとなんだか気の毒な気がしてきます。Eugene Stationの隣にあるEugene Public Library(市立図書館)の外では、最近サービスでYo-Yo Ma(ヨーヨーマ)などのクラシックやジャズを流しているのですが、それを聴いた若者が「Very relaxing.(すごく寛ぐよ~)」って言ってたのがウケました。
[PR]
# by masmic | 2010-04-14 16:28

困ったときの非常食、バナナブレッド。

たまに作って冷凍保存しておくと、朝食代わりにも重宝するbanana bread(バナナブレッド)。
大好きです!
また最近も作りました。
材料はこれだけ・・・↓
a0118890_1321168.jpg



途中はしょって、、、
できあがりました!私はwalnut(くるみ)が好きなので、砕いて入れています↓
a0118890_13212527.jpg




スライスして食べます。
簡単にできて、おいしいです001.gif





今日の豆知識⇒(作り方)バナナをつぶすのが面倒なので、私は1/3 cup melted butter(溶かしたバター)と一緒にミキサーにかけています。あとは、1 egg(卵)、3/4 cup brown sugar(ブラウンシュガー)、vanilla extract(バニラエッセンス)、1 tsp baking soda(ベーキングソーダ)、塩少しを混ぜます。最後に1 1/2 cups of all-purpose flour(小麦粉)を混ぜて、loaf pan(オーブン用の容器)にいれ一時間焼きます。温度は350°F (175°C)です。
[PR]
# by masmic | 2010-04-01 13:25 | FOOD

移転して、食事系ワッフルも登場!! -Off the Waffle

去年ブログに書いた、whiteakerの新しいワッフル屋さんOff the Waffleが、
この一月、south Eugene(ユージーン南部)に移転オープンしました。
場所は、Willamette(ウィラメット)通り沿い、Metropolの隣です。
2月に入ってから行ってみました。


ガラス張りすぎて、一瞬入るのに躊躇しました(笑)↓
a0118890_11452977.jpg



ワッフル兄弟の弟のほうがいました。
この日はたまたま、店の一周年記念日の翌日だったので、デビブが
Happy anniversary!(記念日おめでとう)」といったら、
How do you know that?(何で知ってんの)」とおどけていました。
すごい宣伝してたから知ってるよ~!!!001.gif(笑)
残念ながら、トレードマークのオレンジのアフロヘアじゃなくなっていたので、
You had your hair cut?(髪切ったんですね)」といったら、そうなんだ!と頭をなでていました↓
a0118890_11455564.jpg






去年、オープンしたばかりの頃は4種類しかワッフルメニューがなかったのに、
いまは
kalamata olives & havarti cheese & basil & maple syrup(カラマタオリーブ、ハバーティチーズ、バジル、メープルシロップ)とか、
sunny-side-up egg& bacon(目玉焼き、ベーコン)とか、
turkey & swiss cheese(ターキー、スイスチーズ)とか、
tomato & mozzarella & basil & avocado(トマト、モッツァレラチーズ、バジル、アボカド)とか、
グルメな食事系も登場してパワーアップ。
もちろん全部ワッフルとのマリアージュです。


あとは、sweets(甘いもの)系が7種あって、in between(中間的なメニュー)が4種類。
ほか、オムレツメニューなどが登場していました。
だいたい全部$4~7ぐらいの値段(ワッフルに$5も払いたくない、って意見もありますが・・・)



私たちは試しに、in betweenの中のHabib(ハビブ)というワッフルをオーダーしてみました。

注文して、持ち帰り用に準備してもらっている間、少し店内で待ちます↓
a0118890_11462220.jpg



前の店舗のときからあった、お客さんが描いていったアートが貼ってあります。
ワッフルの型の板アート(写真上)もかわいい↓
a0118890_11464680.jpg




去年の12月ごろ、自分たちで少しずつ手作りでお店の内装などをやっていました。south Eugeneに移転した理由は、席数を増やしたかったからみたい↓
a0118890_11471184.jpg




ゴミの仕分けのところに、”know where your trash goes(君のゴミがどこに行くか知って)”という教育的なボードがあり、感心しました↓
a0118890_1147345.jpg



さらに、客や子どもがたいくつしないように、クレヨンやら塗り絵やらUNOやら新聞やらが、わさわさと置いてありました↓
a0118890_1148522.jpg



そして、オーダーしたワッフルが来ました!
このHabibというワッフルには、chevre goat cheese, raw pistachios and freshly ground cardamon(ヤギのチーズ、ピスタチオ、カルダモン。$5.50)が入っています↓
a0118890_11484792.jpg




ヤギのチーズはくせがあるので、だめな人にはだめかも・・・。
正直、私もヤギのチーズとカルダモンの組み合わせは刺激が強すぎたのですが・・・、土台のワッフルはすご~く美味しかったです001.gif
次は普通にsweets系のメニューを試してみたいです。






今日の豆知識⇒ちなみにこの店は、U of O(オレゴン大学)の近くにも、food cart(いわば、ワッフル屋台みたいなもの)を出していました。今もやってるかは不明ですが、たしか最初は24時間オープンしていました・・・(真夜中に買う人いるのかしら005.gif、と思いました)。この兄弟は、去年Country fairで見かけたとき、ヘブライ語(?)でペチャクチャおしゃべりしてて、びっくりしました。いろんな国を旅してきて、ユージーンにたどり着いた人たちなんだって。
[PR]
# by masmic | 2010-03-30 12:07 | ユージーン -sweets

デビブの、夜のクッキング。

風邪をひく前ですが、
デビブが夜8時ごろ、いきなり
cookie(クッキー)を作るの♪」といって、いそいそと準備を始めました↓
a0118890_6104883.jpg



クッキーの素を使うみたい。
バターと卵も入れました↓
a0118890_6111183.jpg



かなりmessy(汚くしちゃってる)になっていますが・・・↓
a0118890_611337.jpg



律儀にサイズまで測っていました↓
a0118890_6302151.jpg



型を抜くタイプのクッキーじゃないので簡単です。
焼き始めはこうだったけど・・・↓
a0118890_6304960.jpg



焼いているうちにとけて、クッキーらしい形になりました↓
a0118890_6124967.jpg



あっという間に、chocolate-chip cookie(チョコチップクッキー)のできあがり!
デビブってクッキー作れるんだ。。。
a0118890_6131635.jpg







今日の豆知識⇒それにしても、アメリカではクッキーのstatus(地位)が高いような・・・。私にとっては、お煎餅やプリンなどと同じように、クッキーはお菓子の一種でしかないんだけど、アメリカでは"イチお菓子"の枠を出た、特別扱いを随所に感じます。。。例えば、

子どものtreat(楽しみなご褒美)としてあげたり、
ランチ代わりに持っていったり、
クッキーのバースデーケーキも見たことあるし。。。
グランマんちはクッキー専用の豚のジャーがあったし。。。
「クッキーにはjar(ジャー。壺)が必要なの!
タッパーに入れたら、冴えないよ!」(デビブ談)

デビブが「クッキー♪」と聞いたときの興奮度合いが、いまいち理解できません。


今日も誇らしげに、
「10秒ぐらいチンしたらおいしいの!」と語っていました。
そんなの、カントリーマァムにも書いてあるし、前も牛乳と食べるとき言ってたじゃん!?
[PR]
# by masmic | 2010-03-29 06:31


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧