はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

濃厚ホットチョコレートが絶品! -Nib

韓国から友達のヘジョンが来ました。
なので、一緒に念願のNib(ニブ)へ。
ここは、Sweet Lifeのお隣にある、A dessert and wine bar(デザート&ワインバー)です。
地元では、chocolate(チョコレート)で有名なの↓
a0118890_11392920.jpg



普段は6pm~営業だけど、週末だけWeekend Brunch(ブランチ)をやっています。
私たちが着いたとき4組ぐらいお客さんがいたけど、途中から私たちの貸切状態に(笑)↓
a0118890_1140622.jpg



cozy(こじんまり居心地よい)なヨーロッパ風のお店です↓
a0118890_11412930.jpg



友達のヘジョンと女子トーク!↓
a0118890_11414983.jpg



このDark chocolate(ダークチョコレート$4.00)は、rich and thick(濃厚)でチョコレートファンにはたまらない一品!! ヘジョンも「I missed this!(これが飲みたかった~)」だって↓
a0118890_1142135.jpg



Blue Cheese and Leek Quiche(ブルーチーズとリーク・キッシュ)を注文しようとしたら、キッシュが売り切れ(泣)なので、私の定番Eggs Benedict(エッグズ・ベネディクト。$10)に決定。 Ham(ハム)か、duck confit(ダックコンフィ)か、smoked salmon(スモークサーモン)を選べます↓
a0118890_11423083.jpg



アメリカにしては、食材や味付けが繊細&グルメで、私には満足できるランチでした。


また女子どうしで来たいな!↓
a0118890_11425087.jpg






今日の豆知識⇒ブランチメニューの中に、Crispy Maitake(カリカリの舞茸)なるメニューがありました。このお店にはchocolatier(ショコラティエ)がいて、オリジナルチョコレートも販売しています↓
a0118890_1143788.jpg


[PR]
by masmic | 2010-01-31 11:47 | ユージーン -レストラン

ボランティア始めました。 -The Dining Room

実は先週からボランティアを始めました。
場所はこちらの、The Dining Room(ダイニング・ルーム)というレストラン↓
a0118890_2012173.jpg




ここは普通のレストランではありません。
ホームレスや低所得者など、誰でも無料で食事できるレストランです。
ここは、Food for Lane County(フード・フォア・レーン・カウンティ)という、
nonprofit food bank(非営利のフードバンク)が運営しています。
ちなみにLane Countyというのは、うちの町Eugene(ユージーン)があるcounty(郡)です。



ここで私が何をしているのかというと、
ドリンクを運ぶserverをしたり、
食事後にテーブルを片付けるbusserをしたり、
食事をお皿に盛り付けたり、などいろいろです。
こちらはbar(ドリンクを作るコーナー)で先日一緒だったメンバー。
右からtattoo(刺青)が自慢のエディ、いろいろ教えてくれるジェーン、この日が初めてのアリソンです↓
a0118890_2014694.jpg




このレストランの食卓に並ぶ料理は、Food for Lane Countyにdonate(寄付)された食糧や、ユージーン市内のレストランで売れ残った食べ物が再調理されたものです。
foodコーナーの人たち。右はこのレストランの責任者のアマンダ。親切にみんなをサポート&まとめてくれます↓
a0118890_202976.jpg



ホームレスや低所得者の人は、
食べ物だけでなく、dignity(尊厳、セルフ・リスペクト)にも飢えています。
なので、このレストランは、service with dignity(尊敬を持ってサービスする)を
モットーにしています。

店内にはお花が飾ってあったり、このようにピアノも↓
a0118890_2023283.jpg




自分の写真を撮りそこねたので、次は撮るぞ~。
今後もっとお店の様子をリポートしていけたらと思っています(^_^)




今日の豆知識⇒アメリカの大都市などには、ホームレスの人が食事できるsoup kitchen(スープ・キッチン)というところがあるそうですが、The Dining Roomはやはりdignityをもってサービスする、というところが違うんだそうです。だからユージーンにホームレスが集まってくるのかな?と思いました。
[PR]
by masmic | 2010-01-30 20:09

中庭にある聖なるドーナッツ。 -Holy Donuts!

Willamette st.(ウィラメット通り)沿いに見つけたあやしげな看板・・・。
Holy Donuts!(ホーリー・ドーナッツ)に入ってみました↓
a0118890_12255486.jpg




細い通路を入っていくと・・・↓
a0118890_12261978.jpg




いったんまた外に抜けた!
どうやらあの奥にあるのが店舗のようす↓
a0118890_12264345.jpg




そして、ぽっかりと謎の中庭が出現しました・・・↓
a0118890_12271456.jpg




店の中にはお客が誰もいなくて、暇そうな女の子が一人で店番していました。
ショーケースの中にいろいろなdonuts(ドーナッツ)が並んでいました↓
a0118890_12274599.jpg





よく見たら、この日の金曜は7am-11pmまでオープンだって。意外と長い!
a0118890_1228882.jpg




私とデビブが買ったのは、pistachio(ピスタチオ)味のドーナツ(手前)と、coconuts cream filled(ココナッツクリーム)のドーナッツ。
生地にwheat flour(全粒粉の小麦粉)を使っているみたいで、ちょっと不思議なドーナッツでした。
でも2個で5ドルはちょっと高いかな?↓
a0118890_12282736.jpg





今日の豆知識⇒ここのドーナッツはどれも健康に気を使っているようで、organic ingredients & natural flavors(オーガニック食材と自然な味わいです)、cholesterol & trans-fat free(コレステロールとトランス脂肪酸は入っていません)、Non-GMO organic shortening(遺伝子組み換えじゃないオーガニックショートニングを使用)、cold pressed coconut oil(低温搾取したココナッツオイルを使用)、gluten-free(グルテンが入っていません)など、いろいろ書いてありました。でも砂糖はいいのかなぁ・・・?
[PR]
by masmic | 2010-01-26 12:36 | ユージーン -カフェ

ヨガ・デー・USA。 -YMCA

ご無沙汰しております。
すっかり更新が滞ってしまいました。


さて、今日1月23日は、Yoga Day USA(全米ヨガの日)でした。
YMCAで無料のヨガレッスンを受けられるときき、デビブと行ってみました↓
a0118890_1725399.jpg



ここがYMCAの入り口です↓
a0118890_17261140.jpg



YMCAには、プールや体育館、ジム、サウナ、テニスコートなどがあり、いろいろなスポーツをすることができます。
入り口を入ると、中はこんなかんじ。受付のおじさんがギターを弾いていて、上手でした↓
a0118890_172787.jpg



この日は、子供たちがバスケの試合をしていました。
ほかに、キッズ用の部屋もあって、出入り口に"TEAMWORK AVE.(チームワーク・アベニュー)"と書いてあった(笑)↓
a0118890_17274556.jpg



今日のヨガのスタジオは二階にありました↓
a0118890_17281644.jpg



本当は午前中のHatha Yoga(ハタ・ヨガ)のレッスンに参加する予定が、overslept(寝過ご)してしまい、午後のGentle Yoga(やさしいヨガ)に参加。
今回はビギナー用だったので、普段もうちょっとchallenging(きつめ)なVinyasa Yoga(ヴィンヤサヨガ)のクラスを取ってる私には物足りないかんじでしたが、
デビブは初めてだからちょうどよかったみたいです↓
a0118890_1725792.jpg




今日の豆知識⇒今日のyoga dayの無料コースは予約も何もいらなくて、自由に参加できました。community college(コミュニティカレッジ)以外でヨガのクラスを初めて受講しましたが、先生が使う英語のヨガ用語は同じだったので、初めての先生でもわかりやすかったです。YMCAでプールなどを使いたい人は、月々会費を払う必要があります。
[PR]
by masmic | 2010-01-24 17:34 | ユージーン -お店など・その他

ドライトマトとハーブのロールパン。

久しぶりに、またパン作りにトライしました。
今回は、Tomato Herb Rolls(トマトとハーブのロールパン)です。
前回のパンが固かったので、今回はリベンジなるか!?

材料はコチラ↓
a0118890_17145327.jpg



ベンのオーガニックファームsun-dried tomatoes(サンドライ・トマト)をお水で戻して1/2cup、ほかは
-4cups plain flour(小麦粉)
-1tsp salt(塩)
-2 cloves garlic(にんにく2粒)
-1tbsp thyme(タイム)
-2tbsp parsley(パセリ)
-2tbsp Italian herbs oregano(オレガノ)やmarjoram(マジョラム)など適当に
-1oz butter(バター)
-1/2cup milk(牛乳)
-1/4oz dried yeast(ドライイースト)
-1tsp sugar(砂糖)
です。
1cup=250cc1tbsp=だいたい大さじ1、1tsp=だいたい小さじ1です。


tomato、herb、garlicはすべてfinely chopped(みじん切り)します↓
a0118890_17152362.jpg




小麦粉と塩を混ぜて、真ん中にwell(井戸というか、穴)を作り、
そこに刻んだニンニク、ハーブ、ドライトマトを入れます。
そこに、溶かしたバター、牛乳、そして
あらかじめ砂糖とお湯で溶いて10分くらい置いておきfrothy(泡だった)になったドライイーストを
全部投入↓
a0118890_17154272.jpg



このsoft dough(生地)をひたすらknead(こねる)します↓
a0118890_1716163.jpg



10分ほどこねてsmooth(なめらか)になったら、ラップをして
あまり寒すぎないところに放置すること45分↓
a0118890_17162338.jpg



生地が2倍に膨らむはずが、寒かったのかあまり膨らんでいないようす・・・(>_<)
お湯を使うなど少し暖かくして、もう少し放置しました。
ここがパンの難しいところだな~、やれやれ。

その後、punch down(パンチしてガス抜き)してさらに5分ほどまたknead(こねる)します。
そしたら、12等分に分けて丸めて、greased baking tray(油を塗ったベーキングトレイ)に並べます↓
a0118890_1716488.jpg



ラップをしてまた30分暖かい場所で放置↓
a0118890_1717868.jpg



さあ、焼きます!
oven(オーブン)は415F°/210℃preheat(余熱)して、
その間に、dough(生地)にミルクをブラシで塗ります↓
a0118890_1717329.jpg



余熱完了したら、最初の温度で10分焼いて、
その後、温度を350F°/180℃に下げて、続けて焼くこと20~25分↓
a0118890_17174947.jpg



できました!
今回の出来も、決して"ふんわりパン"ではなかったけど、
トマトとハーブの香りがよく、中がもちっとして、デビブに好評~♪
噛むと甘みが感じられる大人のパンになりました↓
a0118890_1718888.jpg




理想のパンを作るのって本当難しいけど、
それだけに面白い!!




今日の豆知識マクロビ先生が、「yeast(酵母)が入ってるパンは、体に良くないからあんまり食べないほうがいいのよ。私はたまにsourdough(サワードウ)を食べてるの」と言ってましたが、イーストもさることながら、gluten-free(グルテンが入ってない)のパンも普及してきています。昨年10月に地元の新聞で読んだんですが、アメリカでは133人に1人がceliac disease(セリアック病。グルテンが引き金になって起こる免疫疾患)なんだそうです。whole wheat(全粒小麦)だから体にいい、という時代ではなくなってきてるのかなぁ、と感じました。
[PR]
by masmic | 2010-01-12 17:31 | FOOD

くるみ割り"リス"人形。

さて、妹と弟は元日に日本へ帰ってしまったのですが、
そのとき母へのお土産として持たせたコチラが気になっています。

無事、クルミは割れただろうか・・・。

これは、リス型のwalnut cracker(クルミ割り人形)。
シッポを下げると、あごに噛ませたwalnut(クルミ)が割れるしくみです↓
a0118890_11121161.jpg




これで無事割れたのか、はなはだ疑問。
(母にたしかめねば・・・)



今日の豆知識⇒アメリカのクルミは日本のより少し大きめで、色が明るいです。私の感触だと、日本のクルミより固くなく、中身も取り出しやすいです(うちの実家では、クルミを割るときカナヅチでたたいていたくらい日本のは硬かった)。アメリカのクルミは比較的割りやすいから、クルミ割り人形みたいな洒落たグッズを使えるのかなぁ、と思いました。
[PR]
by masmic | 2010-01-11 11:24 | 日々の生活あれこれ

カレッジ・バスケの試合を見に行く。

昨年暮れ、McArthur Court(マッカーサー・コート)に、
初めてカレッジ・バスケの試合を見に行きました。
この日は、オレゴン大学 VS. アーカンソーの試合です↓
a0118890_1140814.jpg



このマッカーサーコートは、老朽化のため、もうすぐ公式試合では使用されなくなってしまう予定。いま新しいバスケコートを建設中です。使用停止になる前に来られてよかった!

チケットは一人$12でした↓
a0118890_1140319.jpg



中で、ドリンクやホットドックなどを買えます↓
a0118890_11405221.jpg



会場に入るとき、チケットを見せました↓
a0118890_11411169.jpg



UO(オレゴン大学)のホーム、マックコートへようこそ!↓
a0118890_11412769.jpg



客席は最初ガラガラだったけど、意外とお客さんが入っていて驚きました。
さすがの地元愛↓
a0118890_11424756.jpg



試合が始まってすぐ、duck(ダック。UOのマスコット)がやってきました↓
a0118890_1144957.jpg



隣に座ってた知らないおじさんの一言、
「まだPasadena(パサディナ)行ってなかったのか」に苦笑。
注※ この日は12月29日。1月1日にカリフォルニアのPasadenaにてローズボールというフットボールの試合があるので、duckは必ず応援に行くはず・・・しかも、子どもたちの手前、ダックは世界に1匹しかいない(ミッキーと同じですね)という幻想を壊さないための発言と思われる。。。↓
a0118890_11443499.jpg



duckは子どもたちに人気で、プチ撮影場と化していました↓
a0118890_11445383.jpg



さて、前半戦は接戦でほぼ同点のままtime-out(中休み)に。
cheerleader(チアリーダー)の子たちがでてきたんだけど、
三段腹の子がいてハッ!としてたら、
どうやらこれは高校生の子達だったみたいで・・・。
美しい大学生のチアガールたちは、もうPasadenaに行っちゃってたみたい。。。↓
a0118890_11455819.jpg



time-outのとき、小学生による試合もありましたが、点は入らず↓
a0118890_11461785.jpg



高すぎて届かないよね↓
a0118890_11463424.jpg



選手再登場。子どもに比べると、やっぱり大きい↓
a0118890_11465131.jpg




この後、DUCKSの12番の選手がバンバン点を入れ、結果73対53でDUCKSの勝利!!
地元が勝つと気分がいい~ :)
a0118890_1147839.jpg







今日の豆知識⇒周りで携帯電話で写真を撮ってる人がけっこういたんですけど、「写真は撮ってもいいけどNo flash!(フラッシュは使わないで!)」と何度も言われました。私は普段から撮影の時はフラッシュを使わないので(フラッシュを使うとベタっとした写真になって、好きじゃないから)、見てればわかると思うんだけど、係りの人が何度もしつこく、明らかに私に向かって言うので、「あ、これはアジア人ゆえの一種の差別?」と思って、「I’m not using it!!(使っていません!)」と私にしては強く何度か反論しました。言ってから自分でもびっくりして「私、アメリカに慣れてきたかな・・・?」と感じたのでした。
[PR]
by masmic | 2010-01-10 11:52 | アメリカ文化

ぶらり、オレゴン大学周辺を歩く。

妹と弟を連れて、UO(オレゴン大学)キャンパスとその周辺を歩きました。
冬休みなので、学生さんは全然歩いてなかった・・・。

こちらはキャンパス内にあるPioneer Mother(パイオニア・マザー)という像。
以前通ったときは、ビール瓶を持たされていました(笑)
学生さんのいたずらなのか?それとも仲間意識なのか?↓
a0118890_2085443.jpg



こちらは大学図書館前。
入り口の上に刻んである文、"And the truth shall make you free(そして真理はあなたがたに自由を得させるであろう)"が素敵です↓
a0118890_2010214.jpg



キャンパス内には、グリーンの自転車置き場(手前)がたくさんありますが、
奥のでっかいロッカーは、ちょっとお金に余裕のある人が使う、自転車用ロッカー↓
a0118890_20113141.jpg



いったんキャンパスから出たら、こんな看板を発見。FUTONSってまさか布団のこと??↓
a0118890_20115057.jpg



弟、Smith Familyで立ち読みしていたら、manga(漫画)の描き方の本を発見↓
a0118890_20121295.jpg



弟、American Apparel(アメリカン・アパレル)の前にて思わずポーズ↓
a0118890_20123150.jpg



再びキャンパスへ。
学生寮の駐車場のとこに、We Car(ウィー・カー)という車が停まっていました。
車を持ってない学生が使えるんだって。いいシステムですね↓
a0118890_20125699.jpg



Hayward Fieldにやってきました。Track Town USA(アメリカの陸上の町)の大きなマークがついてます↓
a0118890_2013172.jpg



外から見てたら、先に見に来てた人たちが「あっちから入れるよ」と教えてくれました。
陸上をやってた弟にとって、いい思い出になったようです↓
a0118890_20134194.jpg



ここでオリンピック代表に選ばれた人がどこに行ったのか、ひと目でわかる標識もありました。
1964年東京オリンピックにも行ってたのですね。
う~む、ここから東京まで4880 miles(4880マイル=約7852km)ですか・・・?
全然距離感がつかめません!↓
a0118890_2014294.jpg




今日の豆知識⇒写真撮ってないんですが、寮のそばにbeach volleyball(ビーチバレー)のコートもありました。私の日本の母校に比べると、キャンパスがあまりに広くて、車移動の必要性を実感しました。skateboard(スケボー)で移動してる人が合理的に見えました。冬休みなのでキャンパスに学生はほとんどいませんでしたが、広い芝生の広場に行ったら、曇り空の下、厚紙で作った盾と剣で決闘(ごっこ)してる学生たちがいて、心が和みました。
[PR]
by masmic | 2010-01-06 20:24

NIKEのルーツ、ユージーンのショップがココ! -Nike Store

妹弟の滞在中、ユージーンのNike Store(ナイキストア)に連れていきました。
なんといっても、ユージーンはNIKEのルーツですから!


お店の外観。ローズボールを応援してました↓
a0118890_1011669.jpg



ここには、シューズをcustomize(自分好みの注文に応じて作れる)できるコーナーがあります↓
a0118890_101261.jpg



さらに、Tシャツも好きなデザインで作れるんです。壁の一覧から選んだり・・・↓
a0118890_10123889.jpg



ファイルから選んだり・・・。すごいですね↓
a0118890_10125787.jpg



さて、このNike Storeには、museum-quality displays(博物館並みの展示)があるんです。面積は小さいんですけども、ここでNikeの歴史を簡単に見ることができます↓
a0118890_10132550.jpg



まず、こちら。オレゴン大学陸上部コーチだったBill Bowerman(ビル・バウワーマン)が、
奥さんのwaffle iron(ワッフル焼き型)でスニーカーの底を作ったときのもの。
オリジナルの焼き型は、シューズ作成中にくっついてしまい奥さんが捨てちゃったので、
これは同じタイプのもの↓
a0118890_1013565.jpg



NIKEの商品は最初、この写真のvan(ワゴン車)で売られていたそう↓
a0118890_10141799.jpg



この人がNIKEの創設者Phil Knight(フィル・ナイト)。
NIKEのあの有名なマークswoosh(スウッシュ)は、最初この写真の花のようなマークだったそう。そのうちの一片をとって、あの躍動感あるマークになったんだとか↓
a0118890_10143983.jpg



この三人が、NIKE重要人物。(ここ、テストに出ま~す)
左がワッフルシューズを作成したバウワーマン。
右がフィル・ナイト。
そして真ん中は、ユージーンをTrack Town, USA(アメリカの陸上の町)にした、オレゴン大学の伝説的陸上選手、Steve Prefontaine(スティーブ・プレフォンテーン)です↓
a0118890_10163739.jpg



彼らの歴史は、オレゴン大学の陸上トラックHayward fieldにも
書いてありました。

ワッフルシューズのTシャツもありました!↓
a0118890_10165794.jpg



そして、古いシューズはリサイクルに出そうね↓
a0118890_1017341.jpg






今日の豆知識⇒NIKEのトレードマークswooshは、ポートランドの学生が作成して、当時の報酬はたったの35ドルだったそうです。Steve Prefontaineの不屈の精神は"the soul of Nike(ナイキの精神)"と呼ばれているんだって。
[PR]
by masmic | 2010-01-05 10:30 | ユージーン -お店など・その他

「O」を応援してます!

元日のRose Bowl(ローズボール)は、残念ながら負けてしまい、翌日の新聞見出しには「HeartBreaker(悲痛な出来事)」と載ってしまったのですが、
この一ヶ月、地元ユージーンでは、さまざまな応援を見かけました。

こちらは、Costcoのケーキセクションにあった、ローズボール特別ケーキ↓
a0118890_1251463.jpg



Market of Choiceの花屋さんには、フットボールコーナーが↓
a0118890_125556100.jpg



鉢植えも「O」↓
a0118890_12563141.jpg



Duck Store(ダックストア。オレゴン大学グッズを売ってるお店)では、私が着ていたTシャツをはじめ、ニット帽やパーカーなど、いろいろなローズボールグッズが出ていました。

うちの妹弟も、「O」のポーズで応援してたのにな~↓
a0118890_12565116.jpg



◎おまけ
モールで発見したゲーム。
モノポリーが、Duckopoly(ダックォポリー)に...
(ちなみにその下はBrewopolyですが・・・。ビール?)↓
a0118890_13443755.jpg



※そういえば、先月新聞にGrateful DeadOpoly(グレイトフルデッド+モノポリー)も載ってた。モノポリーって何でもあるんだね。




今日の豆知識⇒カレッジ・フットボールの最も古いゲームであるローズボールですが、オレゴン大学は1917年に勝利して以来、一度も勝っていません。が、全米でたったの2チームしか出場できないので、出るだけでもかなり名誉なことといえます。
[PR]
by masmic | 2010-01-04 13:02 | ユージーン -イベント


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧