はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic

<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ついにミネソタに入りました! -Wall Drug, Minneapolis

サウスダコタのRapid city(ラピッドシティ)を出て、Wall(ウォール)という小さい町にあるWall Drug(ウォール・ドラッグ)に寄りました↓
a0118890_523578.jpg



この店は昔、金を探しに東西を移動した人々のために、無料でice water(氷水)をあげていたので有名になったんだそうです。サウスダコタは、一面フラットで、乾いた退屈な風景が続くので、無料の氷ってすごくありがたかったんでしょうね。
backyard(裏庭)にその名残があり、水が飲めるようになってました↓
a0118890_5242778.jpg




今ではちょっとしたツーリスト・トラップになっています↓
a0118890_5245484.jpg



これは、昔、馬をつないでいたのかな?↓
a0118890_5251827.jpg




ウォール・ドラッグを後にして、またひたすら東へ。
単調な道が続くので、私も運転させてもらえた! 
ミネソタに近づくにつれ道路工事が増えてきたので、1時間ほどでデビブと交代しましたが、70マイルくらい運転しました。

Sioux Falls(スュー・フォールズ)という町を通ってI-90を東に進み、途中でI-35に乗り換えて今度は北上。この日は、ミネアポリスより少し南でモーテルに泊まりました。夕焼けがきれいだった↓
a0118890_5254687.jpg




翌朝、Minneapolis(ミネアポリス)を通りました。大きい町です!
工事のせいもあり、少し渋滞に巻き込まれてしまいました↓
a0118890_526916.jpg



ミネアポリスは州都Saint Paul(セントポール)と隣合わせで、twin city(ツインシティ。双子の町)と呼ばれています。デビブのおじいちゃんは、昔セントポールで働いていたんだって。



今日の豆知識rest area(高速道路の休憩所)で、またまたアメリカっぽいものを見つけました。diabetes(糖尿病)新聞です。1ドルで買えるみたい↓
a0118890_5264331.jpg



こっちは太りすぎ注意の新聞かな? 
a0118890_5271460.jpg



休憩所は、この時期、本当にお年寄りばかりでした。
[PR]
by masmic | 2009-08-31 05:22 |

大統領の巨大な顔が4つ。 -Mount Rushmore

さて、イエローストーンからI-90(インターステイト90。高速道路のこと)に出るためにハイウェイを東に向かいました。目の前に見える山は、Bighorn mts.(ビッグホーン山脈)です↓
a0118890_5141978.jpg



ここでまさかの山越え。切り立った崖の間を縫うように進んで行きます。地図で考えてた以上に時間を食った↓
a0118890_5145224.jpg



ちょっと降りて休憩。すごい崖!!↓
a0118890_5152326.jpg



道路にあったこのレールみたいなのは、牛がハイウェイに入れないようにする仕掛けなんだそうです↓
a0118890_5155433.jpg



山を登りきったと思われる場所でまた降りてみました。いい眺め!! アメリカって本当に広いなぁ↓
a0118890_5161622.jpg




South Dakota(サウスダコタ州)に入り、
Rapid city(ラピッドシティ)という町に来ました。
山越えもあってものすごく疲れたので、まずはファミレスへ↓
a0118890_516425.jpg




ファミレスにサーモンとごはんがあった!! これはうれしかった~↓
a0118890_517363.jpg




ご飯を食べたあと、
町から30分くらい離れたところにある、Mount Rushmore(マウント・ラッシュモア)に行くことに。ここは大統領の顔が岩に彫ってある有名な観光地です。
夜8時に着いたのですが、「8時から30分間セレモニーがあって、そのあとライトアップされるわよ」とのことでラッキーでした↓
a0118890_5172853.jpg



岩まで行く間に、アメリカ50州の旗が飾ってありました↓
a0118890_5175021.jpg




全然知らなかったんですけど、
顔の彫刻の下にamphitheater(野外劇場)があり、
そこでアメリカの歴史VTRを見られるようになっていました。
みんなでアメリカ国歌を歌ったりしてました↓
a0118890_5181456.jpg



その後、第二次世界大戦で戦ったveteran(退役軍人)たちがステージにあがり、国旗を下げるセレモニーがありました↓
a0118890_5183985.jpg



「こういうセレモニーをもし日本でやってたら、中国や韓国からブーイング受けるんだろうなぁ」
とデビブにいったら、
「アメリカにはロイヤルファミリーがいないから、みんな大統領が好きなんだよ」
とのこと。ちなみに、ケネディ一家もロイヤルファミリーみたいな存在らしいです。




今日の豆知識⇒しばらく米を食べていなかったので、ファミレスはありがたかったです。高速の休憩所にはファーストフードぐらいしかないので、すぐ飽きてしまいました。旅行前にデビブが、「アメリカ中西部って、魚もだけど野菜も少ないんだよ!」と言っていましたが、確かにスーパーの野菜売り場もとぼしく、鮮度もよくありませんでした。それに比べると、オレゴンは新鮮な食べ物に恵まれていると思います。
[PR]
by masmic | 2009-08-30 05:12 |

イエローストーンは8月がクリスマス!?

イエローストーンを去る朝はfog(霧)が立ち込めていました↓
a0118890_505650.jpg



コーヒーを買いに売店にいったら、なぜかクリスマスの飾りつけで、店員もサンタの帽子をかぶってた・・・。なんと、イエローストーンでは8月25日がクリスマスなんだって。昔、冗談で始めたのが、定着したらしいです↓
a0118890_522142.jpg



泊まったCanyon lodge(キャニオン・ロッジ)ともお別れ。エコに配慮していて、リサイクルのゴミ箱があったり、石鹸やシャンプーなどがナチュラル素材だったり↓
a0118890_513360.jpg



霧の中にまたbison(バッファロー)がいました↓
a0118890_525143.jpg



そしてまたバッファロー渋滞が起こっていて、車のすぐ近くを歩いてた。やっぱり大きい!!↓
a0118890_531922.jpg



しばらくすると霧が晴れて、いいお天気に↓
a0118890_534090.jpg



ここはFishing Bridge(フィッシング・ブリッジ)。昔は魚がうようよいて、みんなこの橋から釣りをしていたそうですが、釣りすぎて魚が減ったので、現在は釣りはできません↓
a0118890_5423.jpg



Upper Falls(アッパー・フォールズ)という滝にも行ってみました。これは滝の上から↓
a0118890_542643.jpg




イエローストーンには、こんな景色も。湖の手前にグレーの部分が・・・?↓
a0118890_545277.jpg



なんとこれ全部、焦げて枯れた森でした。
1987年か1989年頃に、大規模なforest fire(山火事)があって、森が燃えてしまったんだそうです。当時のアメリカ政府は「wild(自然のまま)の森なので、国は何もしない」と決めたんだそうです。なので今では、背の高い枯れた木と、背の低い緑の木が共存したユニークな風景となっていました↓
a0118890_551925.jpg



イエローストーンの湖↓
a0118890_554242.jpg




さあ、イエローストーンを後にして、Wyoming(ワイオミング州)をひたすら東に向けて走ります。




今日の豆知識Yellowstone National Park(イエローストーン国立公園)は、世界初の国立公園です。セオドア・ルーズベルト大統領がここを訪れたときに感動して、孫の代まで残したいと、国立公園化したんだそうです。世界遺産にもなってるけど、アメリカ人はあんまり世界遺産のことを知らないみたいです。
[PR]
by masmic | 2009-08-29 04:59 |

イエローストーンの間欠泉の色って? -Old Faithful

イエローストーン国立公園には、世界中のgeyser(間欠泉)の3分の2が集中しているんだそうです。あちこちから湯気が出ていました↓
a0118890_451674.jpg



Mammoth hot springs(マンモス・ホット・スプリング)という温泉地帯で少し歩いてみました↓
a0118890_4514426.jpg



注意書きの絵が面白いです。日本語でも書いてある↓
a0118890_4521892.jpg



溶岩のあと↓
a0118890_4525266.jpg



カラー写真なのに、まるでモノクロ。辺り一面、硫黄のにおいがする↓
a0118890_4531815.jpg



ここはもうちょっと南にあったhot spring↓
a0118890_4534225.jpg



mud(泥)もグツグツ煮えてました↓
a0118890_454299.jpg




Old Faithful(オールド・フェイスフル)というgeyser(間欠泉)。時間通りに吹き出て信頼できるので、faithful(信じられる)という名前がついたらしいです↓
a0118890_4542846.jpg



吹き出るのを待ってたときの、私達の近くに座ってた親子の会話が面白かったです。
Mom, is the water white or blue?(ママ、この水って白い?それとも青い?)」
I think it’s white, honey.(白だと思うわよ)」
子どもって、水は青色だと思ってるんですね(笑)↓
a0118890_4544374.jpg





今日の豆知識⇒イエローストーンは、中国人の団体ツアーが多かったです。これはOld Faithfulのそばの古いロッジだけど、中国人親子がさりげな~く写ってるし(笑)↓
a0118890_455435.jpg



駐車場ではアメリカ中(カナダも含む)のナンバープレートが見られます。従業員のネームプレートには出身地(国)が書かれていて、カフェテリアで働いてたロシア人の子に「スパシーバ(ロシア語で”ありがとう”)」といったらうれしそうでした。チェックアウトカウンターにいたカリフォルニア出身のおばさんは「オレゴンの人って、カリフォルニアの人嫌いなんでしょ? リタイヤした人がオレゴンでどんどん土地を買って地価が上がったから。カリフォルニアは破産したけど、私はこっちに住んでるから、毎日ニュースを見なくてすむからいいわ」とシビアな現実問題をサラッと話していました。
[PR]
by masmic | 2009-08-28 04:39 |

イエローストーンは、バッファロー渋滞。 animal

モンタナから、
Yellowstone National Park(イエローストーン国立公園)に入りました。
ここがモンタナ側のゲート。For the benefit and enjoyment of the people(人々の利益と楽しみのために)と書かれていました↓
a0118890_17355270.jpg



ゲートをくぐると、前方に料金所が↓
a0118890_17362534.jpg



車1台$25でした。1週間有効のパスと、地図などがもらえます↓
a0118890_17365077.jpg



入るとすぐ、Wyoming(ワイオミング州)になりました。

イエローストーンは、世界初の国立公園なんだそうです。
すごく広くて、自然の美しさに圧倒されます。
野生動物もいて、まるでサファリ。中でもbison(バッファロー)は何度も見かけました。


私の一番のお気に入り写真がコチラ↓
a0118890_17371828.jpg



道路のすぐそばに群れが・・・。車が渋滞してるけど、彼らには彼らの時間が流れてるんだ↓
a0118890_1737424.jpg



道の反対側にも。自由気ままに行き来しています↓
a0118890_17381551.jpg



デビブと南に車を走らせていたら、
道路を歩いているバッファローをまた発見。
なかなかどかない上に、ここ追い越し禁止車線・・・↓
a0118890_1739276.jpg



前方を見たら、もっといた!!
反対車線は、ずらーっと長い渋滞ができちゃってて、救急車もパトカーも動けないありさま↓
a0118890_1739291.jpg



ranger(レンジャー。森の管理人)みたいな車が来て、パンパンと音を出したら、
バッファローの群れが森の中に移動しだしました↓
a0118890_1740288.jpg



実は、私たちの車の、すぐ近くにも来ました!
窓から手を出して触れる距離だった!!
(だけど、野生動物だから、ぐっと触るのを我慢)

ここで思わず、一句。
  大きいんだね 初めて見たよ バッファロー↓
a0118890_17403362.jpg




上半身?が長い毛で覆われていて、肩が頑丈なのです。
冬の時季は、頭と肩で雪を押し分けて進むので、ああいう体型に進化したそうです。


ちなみに、イエローストーンの入り口でもらったwarning(警告)の紙には、こう書いてありました。
Many visitors have been gored by buffalo. Buffalo can weigh 2000 pounds and sprint at 30 mph. Three times faster than you can run.(たくさんの観光客がバッファローに角で突かれています。バッファローは2000ポンド=900キロ以上重さがあって、時速30マイル=時速48キロで走れます。あなたが走れるのの3倍の早さです)



ついつい写真を撮ってしまう私ですが、
のどかにスケッチをしている人たちもいました。こういうの、いいなあ↓
a0118890_1741378.jpg



その先には、またしてもバッファローが↓
a0118890_17412799.jpg



バッファローの背景に、枯れた木々がありますが、これは20年くらい前に大規模な山火事があったからだそうです↓
a0118890_1741497.jpg



最後に、もう一枚↓
a0118890_17422630.jpg




実はこの日の夜、生まれて初めてバッファローを食べたんです。
食べたんかいっ(ーー;)と、自分でつっこみたくなりますが・・・。
buffalo pot roast(ポットロースト。蒸し焼き)という料理でした。
味は牛肉に似ているけど、牛より脂が少なくて、やや泥臭い匂いがしました。




今日の豆知識⇒イエローストーンにいる動物の中で、bison(バッファロー)、elk(エルク)、deer(シカ)、bighorn sheep(ビッグホーン)、moose(ムース)、は複数形がありません。アメリカの子どもはよくmooseの複数形をmeese(ミース)と言い間違えるそうですが、これはgoose(グース。ガチョウ)の複数形がgeese(ギース)になることから、だそうです。
[PR]
by masmic | 2009-08-27 17:51 |

ミネソタのおじいちゃんに会いに。

みなさん、ご無沙汰しています。

実はいま、Minnesota(ミネソタ州)に来ています。
なぜかというと、デビブの祖父母、つまり私のgrandparents-in-law(義理の祖父母)に、初めて会いに行くのです。デビブも会うのは15年ぶりです。

オレゴンを出て、はや4日。
ひたすら車で東へ向かっていて、明日にはおじいちゃん家につく予定。
それにしても、アメリカは本当に広い!


1日目は、Oregon(オレゴン)→Washington(ワシントン)→Idaho(アイダホ)→Montana(モンタナ)を横断、13時間走りました。
同じオレゴンでも、東のほうは砂漠だ~。木がない↓
a0118890_1671531.jpg




ワシントン州との境にあるColombia River(コロンビア川)。
parasailing(パラセーリング)をやってる人たちがいました↓
a0118890_1673750.jpg




アイダホに入りました↓
a0118890_1675962.jpg



入ってすぐの街、Coeur d’Alene(コーダレーン)という町に、きれいな湖が。
今はリゾート地のようですが、15年前くらいにNeo-Nazi(ネオナチ)が住み着いてしまって問題になったそう。その後、町の人がなんとか追い払ったそうです。こんな自然のきれいな場所になぜ?↓
a0118890_1681854.jpg




モンタナに入りました↓
a0118890_1683887.jpg



アイダホとモンタナは、最高速度が75mph(時速75マイル)!
オレゴンは65mphなのに。


2日めの朝、モンタナのmotel6(モーテル6)からの風景↓
a0118890_1691719.jpg



部屋のチップを置いたら、掃除に来る人のために
デビブがわざわざメモを残していた。マメだね(笑)↓
a0118890_1693877.jpg



景色が山っぽくなってきた。
rafting(ラフティング)している人たちが!↓
a0118890_1610483.jpg



途中、お手洗いに寄るため、rest area(高速道路のサービスエリア)へ↓
a0118890_16102733.jpg



日本の感覚で見ると、
これが高速のトイレ? とびっくりするほどきれい↓
a0118890_16104643.jpg



rest areaのすぐ外は、ほぼ砂漠なのに、
ここだけ芝生が青々としている!
休憩所に寄るたびに、芝生に寝転がったりしてました↓
a0118890_16112445.jpg



実は2日めはちょっと寄り道をして、
Yellowstone National Park(イエローストーン国立公園)に寄るのです!
I-90からはずれて南下します↓
a0118890_16115486.jpg



そして次回はイエローストーンへ・・・!



◎車内で使える英語
・最近気に入っているginger chew(ショウガのキャンディー)を食べるときの一言→
I have to be careful of my fillings.(歯の詰め物が取れないように注意しなきゃ)」
・「I drove for 1 hour at 75mph on I-90.(I-90を時速75マイルで1時間運転しました)」
・ガソリンスタンドで→「Can you fill it with regular, please?(レギュラー満タンでおねがいします)」


今日の豆知識⇒貨物列車を何度もみかけたので、貨物の数を数えてみました。するとだいたい110ぐらいはつながっていました。どおりで踏切が開かないわけです!
[PR]
by masmic | 2009-08-26 16:04 |

携帯電話(プリペイドフォン)を買いました。

渡米してから約半年間、cell phone(携帯電話)のない生活を送ってきましたが、
ついにデビブが、prepaid(プリペイド)の携帯を手に入れました。
used(中古)で、$19.99だったそうです↓
a0118890_1952359.jpg




しかも、60分通話できるカードが1枚ついてきました。
カードは60分$25ぐらいで、safeway(セイフウェイというスーパーマーケット)などで購入できます。このカードを買わないと通話できません。

activate(作動させ)たら3ヶ月間以内にカードの通話時間を使ってしまわないといけませんが、
この携帯は少し性能がいいらしく、表示時間×2になるらしい
⇒つまり、60分のカードを買うと、その2倍の120分通話できるらしいのです!
なぜに~!? (こりゃお得だよ)


あ、ちなみに私の携帯はまだ当分買いません・・・(^o^)丿
(携帯電話のない生活が、結構気に入ってしまいました・・・)



◎メールは・・・?
デビブのは、できないみたいです。
いまオレゴンでは、text message(携帯メール)をしながら運転するドライバーが増えて問題になっています。いまのところ運転中の携帯使用は違法ではないけど、そのうち法制化すると思います。ユージーンでもたまに、ありえないぐらいフラフラ運転の人がいて、よくみると携帯を使ってるので本当にびっくりします。





今日の豆知識⇒プリペイドじゃない普通の携帯の場合は、月々使用料を払って、しかも2年以内に解約すると罰金取られるなど、日本と似たようなシステムになっているようです。デビブの携帯はインターネットで探しました。ちゃんと箱に入って、説明書や充電器などと一緒に送られてきました。
[PR]
by masmic | 2009-08-25 19:50 | 日々の生活あれこれ

来る人、去る人。

先日ユージーン市内を車で走っていたら、U of O(オレゴン大学)のキャンパスで、外の芝生にテーブルと椅子がずらーっと出ていました。
デビブが「新入生歓迎会だよ」とのこと。もうすぐ入学式なのですね~。


それとは反対に、去る人もいます。
春学期で私のクラスのアシスタントをしていた韓国人の子が、9月半ばで国へ帰ることになりました。
なので、彼女のapartment(アパート)に遊びにいってきました。
ここがリビングとベランダ。隣にベッドルームあり↓
a0118890_19233448.jpg




彼女はここに一人で住んでいるのですが、
1LKでWi-Fi(インターネットのワイヤレス接続)込みで$425なんだそうです。安い! 私、東京で6畳のアパートに月7万円も払ってたのに・・・。アメリカってアパートも広いなぁ。

キッチン。右側のほうにある収納スペースがかなり広くて、自転車も入ってたくらい↓
a0118890_19235812.jpg



電熱コンロがちゃんと4つついています↓
a0118890_19241147.jpg



この日は5人集まって(私以外の4人は韓国の留学生)、遅めのランチを。手前のgnocchi(ニョッキ)は私が作ったけど、あとは全部Korean dishes(韓国料理)↓
a0118890_19242776.jpg



bean sprout rice(豆もやしご飯)には、特製のタレをかけてよくかき混ぜて食べるとのことで実演してくれた↓
a0118890_19244247.jpg



この子達とはすごく仲良くなれて、それはうれしいんですけども、
「4人ともいつかは国に帰るんだよな~。それがユージーン」と思ってしまったのでした。
まあそれでも、友情は海を越えても続くものですが!



今日の豆知識⇒ユージーンは大学街なので、学期終わりや卒業シーズンを迎えると、たくさんの人が去り、そしてまた新しい人が入ってきます。春学期が終わるとき、ESLのアニック先生も、「昔はterm(学期)が終わるとみんなとの別れが辛くて毎回泣いていたけど、今はもう慣れたわ。それがユージーンだから」と言っていました。
[PR]
by masmic | 2009-08-24 18:08 | 日々の生活あれこれ

ユージーンで見つけたソウル・フード。 -Papa's Soul Food Kitchen

BBQsoul food(ソウル・フード)のお店、Papa's Soul Food Kitchen(パパズ・ソウル・フード・キッチン)に行ってみました↓
a0118890_17575732.jpg



実はこの日は2人とも中途半端に食べてしまっていて、そんなにお腹がすいていなかったんだけども、デビブが気になっていたので寄ってみました↓
a0118890_17581641.jpg



中はちょっと暗め。夕方だったので、ぼちぼちお客さんが入りだしてる↓
a0118890_17583413.jpg



私達はテラスの席に座りました。手作りっぽい空間で、
ウッディなベンチに座ると開放的な気分に。
デビブが「裏庭でBBQ焼いてると思ったんだ」と言うので見てみたけど、
残念ながら裏庭では焼いていないようでした↓
a0118890_17584892.jpg



サンドウィッチ食べてみたかったけどちょっと重そうだったので、
hot plates(温かい料理)から一品選んで2人でシェアすることにしました。
・・・って、このメニュー、ちょっと見にくいんですけども?
一番下にfried catfish(炒めナマズ?ナマズのフライ?)っていうのがある・・・どんな味なんだろう↓
a0118890_1759277.jpg



結局ナマズではなく、beef brisket(ビーフ・ブリスケット。牛胸肉。$11)を注文しました。無難(-_-;) 
肉はスモークの香りがして柔らかく、ソースがちょっと甘めでした。
美味!と思ったのが、サイドメニューに選んだred beans & rice(レッドビーンズ・アンド・ライス。赤インゲン豆と米などを煮込んだ料理)。また食べたい↓
a0118890_17591637.jpg




美味しかったけど、やっぱり腹ペコじゃなかったので完食できず、
少~しお持ち帰りすることに。
だけど頼んだサーバーの人が「Nicely done!(きれいに平らげたね)」だって。あの~、私達シェアして残しちゃってるんですけども・・・?

今度は、腹ペコの時にまた来てみたいです。




今日の豆知識⇒soul foodとは、Southern United States(アメリカ南部)の、特にAfrican American(アフリカ系アメリカ人。黒人)の伝統的な料理です。ユージーンでこの手の店は、少ないんじゃないかと思います。私達が行ったときはやってなかったけど、blues(ブルース)のライブもやっているようです。
[PR]
by masmic | 2009-08-23 18:05 | ユージーン -レストラン

子ブタのレースに大熱狂!!  -Lane County Fair animal

さて、移動遊園地がにぎわうLane County Fair(レーン・カウンティ・フェア)ですが、
家畜や農作物の品評会も行われています(本来はこっちがメインらしい・・・)

ある一角で子ども達の大声援が!!
子ブタのレースが行われていました↓
a0118890_1655375.jpg



かわいい!意外と足速い!↓
a0118890_1664144.jpg



品評会を回ってみました。
こちらはヒツジコーナー↓
a0118890_167629.jpg



それぞれのジャンルで、1位、2位、3位、努力賞などがつけられています。このヒツジたち、かわいいけど全然動かない・・・↓
a0118890_1673520.jpg



このヒツジもヘアカットしてるのにとってもおとなしかったです。
She is calm.(おとなしいですね)」といったら、このおじさんが「そう。普通は暴れるんだけど、この子は傷つけられないことを分かってるし、どこか(←聞き取れず)にプラスティックの何か(←再び聞き取れず)を入れているんだ」と言ってました・・・。何か細工されているの??↓
a0118890_1675354.jpg



こちらはヤギコーナー。「On a worldwide basis, more people drink the milk of goat than any other single animal.(世界中でヤギのミルクが一番飲まれています)」と書いてありました。知らなかった・・・↓
a0118890_1682554.jpg



こんな耳の長いヤギもいました↓
a0118890_1684383.jpg



ラビッドコーナーでは、各ウサギに氷が与えられていました。暑いからね↓
a0118890_1691178.jpg



ブタコーナーでは授乳の真っ最中でした。この2匹の母ブタは姉妹で、名前がSweet(スイート)とSour(サワー)。デビブが一言、「それって『酢豚(sweet-and-sour pork)』じゃん!」だって↓
a0118890_1692740.jpg



にわとりコーナー。鶏冠が立派↓
a0118890_1610338.jpg



なんと、ふ化コーナーもあった! 私ちょっと気持ちが悪かったんですけど、座ってゆっくり経過を見てる人たちがいて・・・。そんなに見てたら”刷り込み”現象とか起こらないんでしょうか?↓
a0118890_16102862.jpg



その隣の部屋から、野菜コーナーになりました↓
a0118890_16111555.jpg



1位をとったズッキーニ。さすがに立派です↓
a0118890_16112971.jpg



あと、野菜アートのコーナーもありました↓
a0118890_16114919.jpg



私が気になった、野菜バービー。なんか強引じゃない??↓
a0118890_16121955.jpg



scare crow(かかし)の人気投票コーナー。それにしてもscare crow(カラスを怖がらせる)って、意味そのまんま・・・英語って単純だ↓
a0118890_16123585.jpg



さて、exhibition hall(展示場)にも行ってみました↓
a0118890_1612482.jpg



企業のcommercial booths(宣伝ブース)が出ていて、あとは写真展とか↓
a0118890_1613813.jpg



お花の品評会↓
a0118890_16132938.jpg



子どもの作ったゼリー(瓶入り)の品評会↓
a0118890_16134330.jpg



手作りスイーツの品評会、など。
「食べられなきゃ意味ないじゃん!」と残念そうなデビブなのでした。
それにしてもこのケーキ、cemetery(墓地)って。。。発想が違いすぎるんですけど!!↓
a0118890_16135829.jpg






今日の豆知識⇒写真展では、1位が$100、など賞金がもらえるようです。品評会に出されている動物には、基本的に触れません。馬や牛なんかもいました。フェアは6日間行われるのですが、デビブいわく、「動物コーナーはフェア後半に行くと臭いから、なるべくフェア前半に行くべき」とのことです。
[PR]
by masmic | 2009-08-22 16:32 | ユージーン -イベント


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧