はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ビール片手にピザ、ゲームやパーティーもOK。 -Pegasus Pizza

デビブが大学生のときからよく行っているというPegasus Pizza(ペガサスピザ)に行きました↓
a0118890_14372136.jpg



ここは1989年から営業しているローカル店で、今年でちょうど20th Anniversary(20周年)です↓
a0118890_14374172.jpg



夏休みということもあって、店内はガラガラでした↓
a0118890_1438716.jpg



下の階はFathoms Bar(ファゾムズ・バー)というバーになっているらしい。デビブが学生のころは下の階を貸しきって学生同士でパーティーをしたりしたそうです。でもこの日は閉まっていて、店にいたのは少数の若者グループのみ・・・↓
a0118890_14382435.jpg



若者が多いからなのか、pinball(ピンボール)などのゲーム機が置いてありました↓
a0118890_14384339.jpg




ここがレジ。
ビールの種類が意外に多い。右側の壁にビールのtap(タップ)がたくさん。。。↓
a0118890_1439117.jpg



出来上がりまで20分くらい待ちました。
注文したのは、Pegasus Chicken Pizza(ペガサスチキンピザ/medium$18.99)。
トッピングはBBQ chicken(バーベキューチキン)とgreen pepper(ピーマン)とonion(タマネギ)です。ピザは、トッピングでsoy cheese(大豆チーズ)を選ぶこともできるみたい。
値段だけ見ると、決して安くはないかな。。。↓
a0118890_14391976.jpg



外にも座ることができます↓
a0118890_14393639.jpg



UO(オレゴン大学)のキャンパスのすぐ近くなので、大学の風船が飾ってありました↓
a0118890_14395019.jpg






今日の豆知識⇒ここのフードを購入したら、Wi-Fi(ワイヤレスでインターネットが使える)が無料で使えるみたいです。最近はどこでもインターネットが使えて、長居しても文句を言われないし、ありがたい限り。貼り紙は、誰かがいたずらして、FREE WIFE WITH PURCHASE(購入で"奥様"が無料)になっていましたが・・・↓
a0118890_1440625.jpg


[PR]
by masmic | 2009-06-30 14:47 | ユージーン -ピザ

ネイティブ・アメリカンのドラミングに参加する。

今日は、Nanish Shontie(ナニッシュ・ションティ。公式HPはコチラ)という、
Native American(アメリカ先住民。インディアン)のreservation(特別居住区)で、
drumming(ドラミング。太鼓の演奏)に参加してきました。
場所は、ユージーンから車で1時間ほどのところにあります。


この真ん中の白いTシャツの人が、ドラミングを教えてくれました。ドラミングは、Mother Earth(母なる大地)に感謝をささげる行事、なのだそうです↓
a0118890_17583995.jpg



ドラミングに使うのは、この大きなdrum(太鼓)。上がbuffalo skin(バッファローの革)、下がelk skin(エルクの革)で、木はceder(杉)とのこと↓
a0118890_1759330.jpg



もう一個、小さなdrumがあって、こちらはdeer skin(鹿の革)とのこと。ちなみに今日は、韓国の子がたくさん来ていました↓
a0118890_17592371.jpg



こちらの不思議な楽器は、deer hoof(鹿のひづめ)で作ったシャカシャカ鳴る楽器です↓
a0118890_17594024.jpg



煙でお清めをしたあと、tabacco(タバコ)にそれぞれ好きな祈りをこめて、drumの真ん中に置きます↓
a0118890_180997.jpg



そしてdrumをたたくと、タバコがポンポン跳ねるのですが・・・↓
a0118890_1803059.jpg



そのタバコは、もっとエネルギー(健康や癒しなど)が必要な人のほうへ集まるのだそうです・・・↓
a0118890_1805083.jpg





drummingはただ叩くのではなく、歌に合わせてそれぞれリズムが違います。
今日やったのは、
-welcome song(歓迎の歌)
-traveling the sun song(太陽を旅する歌?)
-deer song(鹿と女性のための歌。おだやか)
-buffalo song(バッファローの歌。激しく強い)
-bear song(クマが、かゆい背中を木にこすり付けている歌。最初ゆっくりでだんだん早くなる)
-blessing song(祝福・祈りの歌)
-closing song(おしまいの歌)
などなどを一緒に演奏しました。

デビブ(右端)だけ、なんだかマシュマロを焼いているみたいに見えるんだけど・・・(笑)

a0118890_1812688.jpg



ドラミングは2時間ぐらいで終了しました。
居住地を見せてもらったけど、昨日はyurt(ユルト。遊牧民の移動式テント)を建てていたんだって。先住民と関係なさそうだけど、、、でもいろいろ挑戦しているみたいで面白そうでした↓
a0118890_1814858.jpg



中はけっこう広かった。右の人は、今回ドラミングに招待してくれたジョン。ジョンは、ESLの春学期で、私のクラスのアシスタントをしてくれていました。彼は先住民の血が少し入っています↓
a0118890_182280.jpg



外には、solar panel(太陽電池パネル)でお湯がでるシャワーなどがありました↓
a0118890_1822627.jpg



下の写真は、今日見つけたdreamcatcher(ドリームキャッチャー)。よい夢が見られるといわれる、ネイティブアメリカンのグッズ↓
a0118890_1824638.jpg



reservationというより、民家みたいな場所でしたが、ドイツ人家族がホームステイしに来ていたり、先住民の文化について丁寧に説明してもらえたりして、よい経験になりました。
「せっかく体験するんだから、リズムにとらわれすぎずcomfortable(居心地よく)に叩いていいよ。いい思い出を持ち帰ってほしいから、嫌だと思うことはしなくてよいよ」と、みんな優しかったです。




今日の豆知識⇒オレゴンには、Native Americanのtribe(部族)が、今でも何部族か住んでいます。先住民は昔、アメリカ人に土地を奪われた歴史があるので、現在ではずいぶん優遇されています。例えば、居住区はcasino(カジノ)経営が認められていたり、税金を納めなくてよかったりします。
[PR]
by masmic | 2009-06-29 18:14 | ユージーン -イベント

マクロビ先生の家に行く。

昨日は、マクロビ先生の家に初めておじゃましました。
ディナーはもちろん、macrobiotic food(マクロビオティック料理)です↓
a0118890_145136.jpg



もち米のbrown rice(玄米)で作ったsweet red bean rice(お赤飯)、かぼちゃの煮つけ、dried strips of daikon(切干大根)、春雨海藻サラダ、chick-pea(ヒヨコ豆)と味噌で作ったhummus(ハマス)、などなど。メニューは日本料理にとても似ています。私は、日本の甘いかぼちゃと、お赤飯が特に気に入りました↓
a0118890_1452323.jpg



お義母さんも、うちの庭で取れたJapanese butterbur(フキ)を使って煮物を作ってくれました。なんだかこんなに生えている?↓
a0118890_145494.jpg



ドリンクは、茎茶やFiji(フィジー)の水を飲みました。デビブはビールだけど・・・。ハマスをおつまみにしていて、ハマっていたようです↓
a0118890_1461326.jpg






今日の豆知識⇒マクロビオティックの学校はMassachusetts(マサチューセッツ州)にあり、マクロビ先生はそこを卒業したそうです。設立者は日本人なのに、なぜアメリカに学校があるのか疑問だったのですが、健康食としてhippie(ヒッピー)に広まったというバックグラウンドがあるからとのこと。ユージーンには、vegetarian(ベジタリアン)やvegan(ビーガン)も多く、環境や健康に関心の高い人が多いせいか、マクロビ先生に「教えて!」といってくる人がけっこういるみたいです。
[PR]
by masmic | 2009-06-28 14:14 | FOOD

障害者用設備が充実しているアメリカ。

アメリカに来てから、いろんなparking(駐車場)でdisability(障害者)用のスペースを見かけます。しかも建物に一番近い最高の場所に・・・↓
a0118890_17162263.jpg



もちろん日本にも障害者用の設備はあるけど、
アメリカのほうがより日常生活になじんでいる感があります。
どんな小さな公共トイレにも、必ず車椅子用があるし。



これはあくまで私の勝手な想像なのですが、
アメリカのほうが、障害者が多いのではないでしょうか?
ん~、多いかどうか、じゃないですね。。。どちらかというと、
なじみがある、という感じ。



そもそもdisabilityの概念の範囲が、日本より広いと思うからです。
だって例えば、
日本では太りすぎて自力で歩けなくなって障害者になった人って、まず見かけないし
(アメリカでは非常によく見かける)、
あとは戦争で後遺症を負った人も現在の日本より多いと思うし。。。



私の行っているLCCのパーキングはとても広いので、
なるべく校舎の近くに停めないとずいぶんな長距離を歩くことになってしまいます↓
a0118890_17164299.jpg




だから以前マクロビ先生が、
「腰が痛いから、なるべく近くのパーキングに停めたいと思って、disabilityの札がもらえないか学校の事務局に聞いてみたけど、だめだったのよ」と言っていたとき、彼女のチャレンジ精神に驚くとともに、disabilityという概念がアメリカでは身近なことだと気づいたのでした。





今日の豆知識⇒disability用の駐車場を健常者が勝手に使うと、かなり高いfine(罰金)を払うことになります。駐車場やトイレだけでなく、小さな町の酒場にもslope(スロープ)があるし、バスには最初から車椅子のスペースが確保されています。もはや、disability用に作ってある設備を健常者も使っている、というかんじです。
[PR]
by masmic | 2009-06-27 17:27 | アメリカ文化

ユージーン紙一面も、マイケル死去の記事。

マイケル・ジャクソンの死から一夜あけました。
ユージーンの地元紙でも一面で報じています↓
a0118890_5193696.jpg



a0118890_5302579.jpg



個人的には、故ミッテラン大統領の甥が出したコメントが、心に残っています。
「われわれはみな、自分の中に少しばかりのマイケル・ジャクソンを持っている」

だから心に穴があいた気分なんだ。。。

Rest In Peace(安らかにお眠りください)
[PR]
by masmic | 2009-06-27 05:32 | ニュースより

マイケル・ジャクソン死亡。

いまCNNをつけたら・・・

信じられない!!!
マイケル・ジャクソンが死去したそうです。

お義母さんいわく、薬の飲み過ぎではないか、とのこと。
なんという大悲報。

追加↓
CNNによると、体重が100ポンド(45.5kgぐらい)しかなかったとのこと。
すでに体が弱っていたのに、
先日チケットが完売したコンサートの練習がハードで、
それも心臓に負担だったのでは?とのことです。
[PR]
by masmic | 2009-06-26 08:20 | ニュースより

ユージーンで今年一番人気のメキシカン。 -Chapala’s

20%引きcoupon(クーポン)があったので、昨日はメキシコ料理店Chapala’s(チャパラ)にランチに行きました↓
a0118890_7274462.jpg



一歩エントランスに入ると、やはりメキシコっぽい内装↓
a0118890_7282842.jpg



壁にもメキシコっぽい絵が描いてある↓
a0118890_7285036.jpg



店内はすごくきれいにされていて、席数もたくさんありました↓
a0118890_7291665.jpg



この店は今年、地元紙The Register-Guard(レジスターガード)の読者投票において、メキシコ料理部門1位を獲得しました↓
a0118890_7294136.jpg



さて、席に座るとお通しとしてtortilla chips(トルティーヤ・チップス)が出てきました↓
a0118890_730325.jpg


それを食べながら何気なくデザートのメニューを見ていたら、
ice cream nachos(アイスクリーム・ナチョス)なるものを発見!
なんでも、このお通しと同じチップスの上に、ハチミツとシナモンがかかっていて、アイスクリームと一緒に出てくるみたい。。。しかもチョコレートとストロベリーを追加することも可能とか。。。
思わず、できれば別々に食べたい、と思っちゃいました・・・。



こちらのメキシコ人の方はたぶんマネージャーかしら?オーダーをとってくれました↓
a0118890_7303848.jpg



さて、料理が出てきました!
私は、Enchilada(エンチラーダ)のcombination lunchをオーダー。Tamale(タマーリ。トウモロコシ粉やひき肉などをトウモロコシの皮にくるんで蒸した料理)と、rice(米料理)とrefried beans(豆料理)がついてきました↓
a0118890_731428.jpg



デビブは本日のスペシャル、Mucho Burrito(ムーチョブリート)をオーダー。大きい!しかもスペシャルなので$6.50と激安↓
a0118890_7312398.jpg



どちらも、評判どおり美味でした。特に、添えてあるライスとかビーンズが予想以上に美味しかったので感動しました。結局、量が多かったので食べ残しを持ち帰ったのですが、冷めてから食べても美味しかったです。


お店はアジアンマーケットSunrise(サンライズ)の隣です。
外に、サボテンに見立てたと思われる変な木が立っています↓
a0118890_7314928.jpg






今日の豆知識⇒クーポンを使うときのtip(チップ)は、クーポンを使う前の元の金額に基づいて計算するのがマナーです。できればクーポンは最初のオーダーのときに渡すのがスマートだと思います。メキシカンフードはたいていfillings(具)を選べて、だいたいbeef(牛肉)、pork(豚肉)、chicken(鶏肉)がありますが、この店にはほかにもpocadillo(ピカディーヨ)というものがありました。内容を聞いたらshred beef&pork(細かく切った牛肉と豚肉)のミックスとのこと。アメリカではスーパーにも合挽き肉ってなかなかないので、肉のミックスがあるなんて気が利いているな、と思いました。
[PR]
by masmic | 2009-06-26 07:45 | ユージーン -レストラン

ユージーングッズも売ってる、便利な雑貨店。 -Hirons Drug

文房具とか日用雑貨が必要なときに立ち寄ると便利なのが、ここHirons(ハイロンズ)です↓
a0118890_1134559.jpg



私の知る限り、ユージーンに2店あるのですが、いずれもロケーションはスーパーマーケットに隣接しています。18thのSafeway(セイフウェイ)と、Franklin blvd.(フランクリンブルバード)のMarket of Choiceです。店内はまるで、日本の”ドン・キホーテ”のごとく、ごちゃごちゃと物が陳列されています↓
a0118890_1162272.jpg



天井にも・・・↓
a0118890_1164378.jpg



UO(オレゴン大学)やユージーングッズの売り場もあります↓
a0118890_1174140.jpg



UOグッズはDuck Store(UOの生協みたいな店)でも買えますが、Eugene(ユージーン)と描かれたものがなかなかなかったりするので、ここはちょっとしたお土産を探すのにもよいかも、と思っています↓
a0118890_11806.jpg



この日買ったのは、glue(のり)、消しゴムで消せるボールペン、カードなど↓
a0118890_114766.jpg





今日の豆知識⇒ここは本来はpharmacy(薬局)なので、店の奥のほうにprescription(処方箋)コーナーがあります。アメリカでは、病院では薬をもらえないので、処方箋を薬局に持って行って受け取る形が一般的です。Pharmacist(薬剤師)はすごく高給取りだ、とお義母さんが話していました。
[PR]
by masmic | 2009-06-25 11:17 | ユージーン -お店など・その他

オバマ大統領も食べたユージーン名物。 -Prince Pückler’s

昨日は久々に暖かかったので、アイスクリームを食べに出かけました↓
a0118890_12403271.jpg



やってきたのは、ユージーンで人気のローカル店、Prince Puckler’s(プリンス・パックラーズ)です↓
a0118890_1241054.jpg



ここは1975年から30年以上もユージーンで営業しています。President Obama(オバマ大統領)が、昨年のpresidential campaign(大統領選の遊説・選挙運動)中に立ち寄ったことで、さらに有名になりました↓
a0118890_12553669.jpg

※画像引用はPolitical Baseより


ここのアイスクリームはhomemade(自家製)です。種類もこんなにあって迷う!↓
a0118890_12414088.jpg



よく見ると、「Anna’s favorite(アンナのお気に入り)」などと貼ってあります。アンナさんは存じ上げませんが、おそらく従業員と思われます。他にもいろんなフレーバーに”お気に入り”印がついています↓
a0118890_12415442.jpg



そして、あった!オバマ大統領は、このMint Chip(ミントチップ)を食べたのですね↓
a0118890_12421055.jpg



店内はなんだか懐かしい雰囲気。ゆっくりコーヒーも飲めます↓
a0118890_12422667.jpg



でもやっぱり天気のよい日は外で!
私のチョイスしたアイスクリームは、Fresh banana(フレッシュバナナ)と、Mexican mocha(メキシカンモカ)。2スクープで$4でした。ちょっぴりシナモンの香りがして、美味し~い!!
a0118890_12424077.jpg




このマークが目印です↓
a0118890_12425671.jpg






今日の豆知識⇒この店ではsundae(サンデー)も注文できます。アメリカではparfait(パフェ)よりsundaeのほうが主流のようで、デビブもパフェはあまり見たことがない、と言っていました。
[PR]
by masmic | 2009-06-24 13:00 | ユージーン -sweets

夏学期が始まりました。

約1週間の休みをへて、
今日からESLsummer term(夏学期)が始まりました。
また、マクロビ先生や、さかな君と一緒です。が、先生が代わりました。
今度の先生は厳しいと評判のロシア人女性、Luda(ルーダ)先生です。


spring term(春学期)が終わるとき、私はAward of Recognition for Perfect Attendance(皆勤賞)をいただいたのですが、さかな君はもらえなかったので、
I was absent for only one week!(1週間しか休んでないよ!)」と少々ごねていました。
が、先生に「I’m sorry.(ごめんなさいね)」と言われてがっかり。。。
だから、夏学期は彼はがんばって毎日来るのかな?と思います(笑)


あと今学期は、女性のIndian Fijian(インド系フィジー人)が入ってきました。
また面白くなりそうです!



今日は関連写真がないので、この休みの間に目撃したものなどを紹介。
まずはこちら。ユージーンの町で、なにやら平和活動のデモをやっていました↓
a0118890_14171636.jpg



a0118890_14173673.jpg




ポートランドの寿司店で回ってきたもの。一瞬「spring roll?(春巻き?)」と思ったら、なんと「apple pie(アップルパイ)」だって。まぎらわし~↓
a0118890_1418115.jpg



以前Saturday market(サタデーマーケット)で購入したdill(ディル)がどんどん大きくなっています!↓
a0118890_14182372.jpg






今日の豆知識⇒summer termは、夏期講習というより、通常の授業が濃縮して行われるかんじです。だから短期間で単位も取れちゃいます。その代わり、授業も宿題もギュッとつまっているのでハード。夏休みにがんばって単位を稼ぐか、それとも夏はゆっくり休むか、学生のライフスタイルに合わせられるというわけです。
[PR]
by masmic | 2009-06-23 14:27 | ESL・英語


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧