はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:アメリカ文化( 37 )

ハッピー・バレンタインズ・デー!!

昨日デビブが「今年のValentine(バレンタイン)は何もしないよ」といっていたけど、
今朝起きたら、ベッドルームに
チョコを持った革ジャンのクマがいました↓
a0118890_14531479.jpg



デビブ、ありがとう!!

Happy Valentine's Day!
みなさんはどんなバレンタインデーを過ごされましたか?



今日の豆知識⇒アメリカのバレンタインは、男性が女性に贈り物をするのが一般的なので、「日本では女性が男性にチョコをあげます」とアメリカ人男性に説明すると、たいてい「日本に行きたいなあ!」といわれます・・・。
[PR]
by masmic | 2010-02-15 14:55 | アメリカ文化

カレッジ・バスケの試合を見に行く。

昨年暮れ、McArthur Court(マッカーサー・コート)に、
初めてカレッジ・バスケの試合を見に行きました。
この日は、オレゴン大学 VS. アーカンソーの試合です↓
a0118890_1140814.jpg



このマッカーサーコートは、老朽化のため、もうすぐ公式試合では使用されなくなってしまう予定。いま新しいバスケコートを建設中です。使用停止になる前に来られてよかった!

チケットは一人$12でした↓
a0118890_1140319.jpg



中で、ドリンクやホットドックなどを買えます↓
a0118890_11405221.jpg



会場に入るとき、チケットを見せました↓
a0118890_11411169.jpg



UO(オレゴン大学)のホーム、マックコートへようこそ!↓
a0118890_11412769.jpg



客席は最初ガラガラだったけど、意外とお客さんが入っていて驚きました。
さすがの地元愛↓
a0118890_11424756.jpg



試合が始まってすぐ、duck(ダック。UOのマスコット)がやってきました↓
a0118890_1144957.jpg



隣に座ってた知らないおじさんの一言、
「まだPasadena(パサディナ)行ってなかったのか」に苦笑。
注※ この日は12月29日。1月1日にカリフォルニアのPasadenaにてローズボールというフットボールの試合があるので、duckは必ず応援に行くはず・・・しかも、子どもたちの手前、ダックは世界に1匹しかいない(ミッキーと同じですね)という幻想を壊さないための発言と思われる。。。↓
a0118890_11443499.jpg



duckは子どもたちに人気で、プチ撮影場と化していました↓
a0118890_11445383.jpg



さて、前半戦は接戦でほぼ同点のままtime-out(中休み)に。
cheerleader(チアリーダー)の子たちがでてきたんだけど、
三段腹の子がいてハッ!としてたら、
どうやらこれは高校生の子達だったみたいで・・・。
美しい大学生のチアガールたちは、もうPasadenaに行っちゃってたみたい。。。↓
a0118890_11455819.jpg



time-outのとき、小学生による試合もありましたが、点は入らず↓
a0118890_11461785.jpg



高すぎて届かないよね↓
a0118890_11463424.jpg



選手再登場。子どもに比べると、やっぱり大きい↓
a0118890_11465131.jpg




この後、DUCKSの12番の選手がバンバン点を入れ、結果73対53でDUCKSの勝利!!
地元が勝つと気分がいい~ :)
a0118890_1147839.jpg







今日の豆知識⇒周りで携帯電話で写真を撮ってる人がけっこういたんですけど、「写真は撮ってもいいけどNo flash!(フラッシュは使わないで!)」と何度も言われました。私は普段から撮影の時はフラッシュを使わないので(フラッシュを使うとベタっとした写真になって、好きじゃないから)、見てればわかると思うんだけど、係りの人が何度もしつこく、明らかに私に向かって言うので、「あ、これはアジア人ゆえの一種の差別?」と思って、「I’m not using it!!(使っていません!)」と私にしては強く何度か反論しました。言ってから自分でもびっくりして「私、アメリカに慣れてきたかな・・・?」と感じたのでした。
[PR]
by masmic | 2010-01-10 11:52 | アメリカ文化

ローズボール、接戦の末の勝敗は・・・?

さて、1月1日はRose Bowl(ローズボール)がカリフォルニアのPasadena(パサディナ)で開催されました。

私は前日のカウントダウンの疲れから、家でデビブと観戦することにしました。
前日からこのTシャツを着ていました。
(カウントダウンの会場で着てたら、「それいいね!」と声をかけられました)↓
a0118890_11235218.jpg



Duck(ダック。オレゴン大学のアヒルのマスコット)もちゃんと会場に行ってましたよ~↓
a0118890_11244498.jpg



14時から試合が始まりました↓
a0118890_112592.jpg




Ducks(オレゴン大学)の対戦相手は、Bucks(オハイオ州立大学)です。
なかなか点がたくさん入らない、接戦に↓
a0118890_11253641.jpg



が、我がDucksは26対17で負けてしまいました~(>_<)
あ~!残念!! こちらはお互いのチームの監督です↓
a0118890_11255448.jpg




こちらは相手チームのスター選手。
輝いています。おめでとうございます↓
a0118890_11262048.jpg



Ducksには、また次の出場を目指して、がんばってほしい!
GO DUCKS!
a0118890_11314987.jpg




今日の豆知識Ohio State University(オハイオ州立大学)のキャラクターは、buckeyes(トチノキ)なので、「Go Bucks!(ゴー、バックス!)」の旗を持っていました。UO(オレゴン大学)は「Go Ducks!(ゴー、ダックス!)」なので、うまい具合に韻を踏んでいるなぁ(韻を踏むというのだろうか・・・)と感心しました。
[PR]
by masmic | 2010-01-03 11:04 | アメリカ文化

まだあるクリスマス・イルミネーション。。。

ユージーンはまだ大晦日ですが、
日本のみなさま、明けましておめでとうございます!

年の暮れだけど、住宅街ではまだまだクリスマスのイルミネーションが見られるユージーン。。。
その中でも、「なんじゃこりゃ~」っていう家を妹と弟と見に行ってきました↓
a0118890_11354370.jpg



門から家までが遠い!庭が広い!
まるで、ディズニーランドみたい(笑)
空の上に星まであるし・・・↓
a0118890_1136534.jpg






ちょっとした観光スポットになってて、前の通りがプチ渋滞になってました。
いつまで続くのかな~:)


今日の豆知識⇒クリスマスの飾りつけはもうちょっと続きそうです。お店では早くも、ちらほらとバレンタインのグッズが出始めています。まだ大晦日ですが、今日私が行ったお店では、みんな「Happy New Year!(新年おめでとう)」とあいさつしていました。
[PR]
by masmic | 2010-01-01 11:43 | アメリカ文化

ツリーの下のクリスマス・プレゼント。

Merry Christmas!(メリークリスマス!)
昨日のイブの夜、
クリスマスツリーの下のプレゼントを開封することになりました。
いつの間にか、こんなに・・・↓
a0118890_1227449.jpg



アメリカでは、買ってきたものを自分で包装するので、
デビブの不器用さが包装紙によ~く表れていました(笑)
ビリビリと破きます!↓
a0118890_12283923.jpg



デビブ、服はいらないといっていたくせに、
お義母さんからもらってうれしそうだった・・・。
な~んだ、私も選んであげたかったのに・・・あーあ↓
a0118890_1229118.jpg




私はデビブから新しいパソコンをもらいました!
今日のブログはその新パソコンで書いていま~す:)




今日の豆知識⇒プレゼントを開けるタイミングは、各家庭によって違うらしく、25日の朝開ける家もあります。12月25日はほとんどのお店がお休みとなるため、24日夕方に食料品店などに行くとものすごく混んでいました。まるで日本でいう年越しの準備のよう。25日が終わったら日本は正月モードに突入するけど、こちらではクリスマスのイルミネーションはしばらくそのままにしている家が多いです。
[PR]
by masmic | 2009-12-26 12:34 | アメリカ文化

初サンクスギビング、初丸焼きターキー!

26日(木)は、Thanksgiving day(サンクスギビング・デー。感謝祭)でした。
マリコさんとジェフが「一緒にどうぞ」と誘ってくれたので、3時半に訪問しました。
私にとっては初めてのサンクスギビングです↓
a0118890_11294248.jpg



が、訪問してすぐ「食べるぞー」とはいかないのです。
turkey(ターキー。七面鳥)はこのように、まだまだオーブンの中↓
a0118890_1131110.jpg



エリックや、ほかのLCCの友達が「サンクスギビングは料理時間が長いから、しんどいヨー」とその大変さを訴えていましたが、ここマリコ家でもキッチンの中で大人たちがてんやわんや。

このターキーは冷凍じゃないフレッシュなものだそう。
重さ40パウンドもあり、5時間もオーブンに入っています!
重いので、男性2人がかりで取り出します↓
a0118890_11322045.jpg



中に入っている脂やエキスを取り出します↓
a0118890_11324310.jpg



と、これで出来上がりではありません。
今度はターキーの頭を使ったgravy sauce(クレイビーソース)を作ります↓
a0118890_1133655.jpg



お義母さんのギョーザを食べてちょっと休憩↓
a0118890_11332172.jpg



今度はターキーの脂を使って、小麦粉を炒め、そこに先ほどのターキーのエキス、頭の肉などを入れたクレイビーソースを作っていきます。
手前はmushroom(きのこ)の別の料理。炒めているのは私です↓
a0118890_11334386.jpg



グレイビーソースが完成したら、今度はターキーを切り分けていきます。
ターキーを切り分けるのは、なぜか男性の役目なんです↓
a0118890_1134473.jpg



犬のヘンリー君excited(興奮)してる!↓
a0118890_11341839.jpg



本当はターキーの中にstuffing(スタッフィング)という詰め物をするんだけど、
今回は別々に食べるみたい。
写真右下に置かれているのがスタッフィングです。
turkeyの内臓などが入っています↓
a0118890_11344273.jpg



このように、ターキー(手前)もできあがりました!↓
a0118890_1135450.jpg



じゃーん!↓
a0118890_11353632.jpg



食べながら、みんなで何に感謝するかを一人ずつ述べました。
すごく自由で、中には
I’m thankful for that I woke up this morning.(朝起きれたことに感謝)」
という人もいました(笑)
デビブは「I’m thankful for my health, because we have no health insurance (in the US).(健康に感謝、なぜならアメリカには健康保険がないから)」だそう。
私はgreedy(欲張り)なのでいっぱい感謝したい!
すばらしい家族と友達、健康と食べ物、そして何より
I’m thankful for that I could come to peaceful Eugene!(平和なユージーンの町に来られて感謝)」です。



食事の後、酒瓶がごろごろ出てきました(笑)↓
a0118890_11361641.jpg



こうやって食事後にいろいろ話すのって、幸せな時間です。

そうこうしているうちに、今度はパイがこんなに並んでいました!
か~な~り~満腹だったのですが、デザートは別腹です。
やっぱり、I’m greedy!(私、欲張りです)
a0118890_11374634.jpg





◎おまけ
翌日、我が家の庭に、大量のturkeyの群れがやってきました。
お義母さんの一言「きっと集団で抗議に来たのよ。でも、うち(ターキーの丸焼き)やってないのにー!」↓
a0118890_11425747.jpg





今日の豆知識⇒サンクスギビングデーは、毎年11月の第4木曜日です。通常、お昼に食事をします。turkeyには、グレイビーソースのほかに、cranberry sauce(クランベリーソース)もかけて食べます。新聞に載っていた、子どもたちが何に感謝するかのコメントが面白くて、「KIT KAT. Because it's yummy.(キットカット。おいしいから)」「Math. Because I can count.(算数。数を数えられるから)」というのもありました。感謝するものは何でもいいんだネー!
[PR]
by masmic | 2009-11-29 11:55 | アメリカ文化

エリックの、クワンザ実行計画。

先週、ラジオでChristmas(クリスマス)の曲がかかり始めたことに気づきました。
「え? もう?」と思っちゃいました(笑)
今週はThanksgiving(サンクスギビング)もやってくるし、
だんだんとホリデーシーズンっぽくなってきました。


ところで先日、conversation partnerのエリックから聞いたのですが、
African American(アフリカン・アメリカン)は、12月26日から1月1日まで
Kwanza(クワンザ)という行事をcelebrate(お祝い)するんだ」とのこと。
初めて知りました↓
a0118890_17182035.jpg




お祝いの仕方としては、
まず、このエリックが持っている入れ物をテーブルにおいて、
その中にfruits(果物)を入れます。
その脇に、corns(トウモロコシ)を並べます。
あとは同じテーブルに7本のcandles(キャンドル)を置いて、セッティング完了。


エリックはそれを、学校のカフェテリアでやろうとしています♪


クワンザは1960年代から始まった新しい行事で、
宗教的な意味合いはなく、
自分たちの原点であるアフリカに思いをはせるための行事なんだそうです。

人類の原点はアフリカ、と考えると、
誰でも参加できそうですね。
エリックの今後の活動に要注目!です(笑)





今日の豆知識⇒クリスマスの時季のあいさつですが、Christianity(キリスト教)以外の宗教の人たちもいっぱいいて見た目ではわからない場合があるので、アメリカでは「Merry Christmas!(メリークリスマス)」の代わりに「Happy holidays!(ハッピーホリデイズ)」といったほうがpolitically correct(差別のない妥当な)表現として好まれるようです。
[PR]
by masmic | 2009-11-23 17:23 | アメリカ文化

ハロウィーンのお菓子くばりに大わらわ。

かぼちゃちょうちんコンテストから一週間。
今日はいよいよHalloween(ハロウィーン)!!
ユージーンでも、コスプレの人が続々出現。。。

昼過ぎに行ったMarket of Choiceは、ものすごい混みよう。
cashiers(レジの人たち)が、Super Mario(スーパーマリオ)とか、Obi-Wan Kenobi(オビ=ワン・ケノービ)、魔女などになってた。。。この人はカボチャだ。。。↓
a0118890_1373755.jpg




お客さんも、ミツバチとか、マントを着た人とか、いろいろでした。。。↓
a0118890_138152.jpg




今日は混んでいたのは、土曜日だし、ハロウィーンだし、ということに加えて、
地元Ducks(オレゴン大学。全米10位) vs. USC(全米5位)のフットボールの試合が
ユージーンで行われるから。お祭り状態なのです。

だからデビブも、
「ディナーはbar food(バーの食べ物)が食べたいの・・・(バーでフットボール見たい、の意)」
と粘っていましたが、今日は近所の子ども達にお菓子をあげなくちゃいけないから、
私と自宅待機になりました。。。



そして・・・


6時ごろ、第一軍がきました!
Happy Halloween!(ハッピー・ハロウィーン)」と言うと、お決まりの文句、
Trick or Treat!(お菓子くれなきゃ、いたずらするぞ)」が返ってきました!

子どもたちのcostumes(衣装)は、Superman(スーパーマン)、princess(お姫様)、Lion King(ライオンキング)、skeleton(がいこつ)、bunny(うさぎ)、など。。。

You can take two each.(一人2個ずつとっていいよ)」
というと、みんなで好きなのをとって、
後ろから兄貴分みたいな大きい子が「What do you say, guys?(ほら、何て言うんだ?)」
といわれて「Thank you!(ありがとう)」だって!



それから8時すぎまで次々と子ども達が来て、
お菓子をone grab(ひとつかみ)とろうとする子とか、
No. I just take one.(いえ、一個でけっこうです)」という真面目な子とか、いろいろ。
お菓子がどんどん減っていきます↓
a0118890_13151356.jpg



今日はほかに、ghost(ゴースト)、clown(ピエロ)、Spiderman(スパイダーマン)、pirate(海賊)、
witch(魔女)、Winnie-the-Pooh(くまのプー)、grim reaper(死神)コスプレのお父さん、
などが次々と来ました。
2歳ぐらいの小さい子から、声変わりしてる大きい子まで、いろいろです。
夜暗くなってからは、ピカピカ電球を飾り付けたジープみたいな車に乗って、
親と一緒に来る子もいました。
危ないからね。


家にいるのも結構楽しいものです!!
(ちなみに、Ducksも勝ったどぉ~!)



今日の豆知識ESLのクラスメイトが昨日、「今日のバスの運転手、Dracula(ドラキュラ)だったよー」と言ってたように、お堅い職業の人もみんな仮装していました。一方、昨日のESLで、いつもの先生の代わりに来たBethの夫のデイブは、普段着で教室に入りながら、たんたんと「Hi. I’m wearing a Halloween costume.(やあ、今日はハロウィーンコスチューム着てるんだ)」とジョークをかましてました(笑) コスチューム着ない人、このジョーク使えますね!
[PR]
by masmic | 2009-10-31 12:50 | アメリカ文化

アメリカ版、献血カー。

LCCに献血カーが来ていました↓
a0118890_8305415.jpg



なるほど、blood bank(ブラッド・バンク=血液銀行)かぁ。
blood donation (献血)は16歳からできるらしいです。





今日の豆知識⇒アメリカで献血するときは、だいたい1 pint(1パイント=約473ml)採血されるようです。パイントってなんだかお酒っぽいな~(-_-;)
[PR]
by masmic | 2009-10-15 08:28 | アメリカ文化

10時間遅れの"車窓から"。 

Jackalope Loungeを出てふらふら~とユージーン駅のほうに行ってみると、ちょうどAmtrak(アムトラック)が到着しました↓
a0118890_18522526.jpg



列車にステップがついてないので、係りの人が踏み台を地面にじかに置いて用意↓
a0118890_185244100.jpg




乗客が外に出て夜風に当たったり、タバコをすったりしてました。

デビブが近くにいた人に「この列車、本当は何時に着く予定だったんですか?」と聞いたら
At noon. That’s 10 hours ago.(正午。それって10時間前だよ)」だって! 
遅れるにもほどがあるのでは!!? ↓
a0118890_1853264.jpg




さらにデビブが、
「彼女(私のこと)日本から来て、日本の電車は全部on time(時間どおり)だから、
(この状況を)珍しがってます」と伝えたら、
その人は私に向かって「Nice experience!(いい体験だね)」と言ったのでした。


アメリカ人が飛行機を好む理由が、わかりましたー(「建もの探訪」の渡辺篤史風に)。





今日の豆知識⇒ユージーン駅を通る列車には、カナダ方面から来る貨物列車のほかに、シアトルやカリフォルニアに行く旅客列車などがあります。でも旅客列車より、車のほうが到着は早いです。
[PR]
by masmic | 2009-10-02 18:48 | アメリカ文化


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧