はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic

カテゴリ:FOOD( 24 )

困ったときの非常食、バナナブレッド。

たまに作って冷凍保存しておくと、朝食代わりにも重宝するbanana bread(バナナブレッド)。
大好きです!
また最近も作りました。
材料はこれだけ・・・↓
a0118890_1321168.jpg



途中はしょって、、、
できあがりました!私はwalnut(くるみ)が好きなので、砕いて入れています↓
a0118890_13212527.jpg




スライスして食べます。
簡単にできて、おいしいです001.gif





今日の豆知識⇒(作り方)バナナをつぶすのが面倒なので、私は1/3 cup melted butter(溶かしたバター)と一緒にミキサーにかけています。あとは、1 egg(卵)、3/4 cup brown sugar(ブラウンシュガー)、vanilla extract(バニラエッセンス)、1 tsp baking soda(ベーキングソーダ)、塩少しを混ぜます。最後に1 1/2 cups of all-purpose flour(小麦粉)を混ぜて、loaf pan(オーブン用の容器)にいれ一時間焼きます。温度は350°F (175°C)です。
[PR]
by masmic | 2010-04-01 13:25 | FOOD

リコッタチーズとディルのパン。

ちょっと前になりますが、ricotta and dill buns(リコッタチーズとディルのパン)を作りました↓
a0118890_16332074.jpg



以前のパン(バナナとハチミツのパンドライトマトとハーブのロールパン)が固かったので、人に聞いたり、本でいろいろ研究したりしました。その結果、今回はコネ具合と発酵の温度に気をつけて作ってみました。
そしたら、ようやく中がフンワリしたパンになりました!

材料はこちら↓
a0118890_16334554.jpg



-1/4oz(7g)dried yeast, sugar, warm water(ドライイーストと砂糖とぬるま湯を混ぜて、frothy-泡立つ-になるまで置いておく)
-8oz(250g) ricotta cheese(リコッタチーズ)
-1oz(30g)butter, softened(溶かしたバター)
-1/4small onion, grated(おろし玉ねぎ)
-1/4tsp baking soda(ベーキングソーダ)
-1 egg(卵)
-3+3/4cups(465g)plain flour(小麦粉)
-2tbsp chopped dill(ディル。ドライディルを無理やり水で戻してOK)



food processor(フードプロセッサー)に、リコッタ、バター、オニオン、ベーキングソーダ、卵をいれて混ぜます↓
a0118890_16341097.jpg



それに、小麦粉、frothyになったイーストを混ぜてdough(生地)を作り、ひたすらこねる、こねる・・・。
最後にディルを混ぜて、丸く整えてボールに入れます↓
a0118890_16344329.jpg



それが、どんどん膨らんで、こんなに!↓
a0118890_1635896.jpg



一時間後には、ここまで膨らみましたー!!!
これよ!これを待ってたの~!!!↓
a0118890_16353274.jpg



お湯をはったボールを下に置いて、温めたのがよかったみたいです。
punch down(パンチ)したら、ガスがスゥ~っと抜けて気持ちよかった↓
a0118890_16355393.jpg



doughを8等分して、丸めます↓
a0118890_16361866.jpg



ナイフで2本のslash(切り込み)を入れ、トレイに置いたままラップしてさらに30分発酵させます↓
a0118890_16363972.jpg



350F(180C)で40分ぐらい、oven(オーブン)で焼きます。途中20分ぐらい焼いたら、325F(170C)に下げたほうがよいかもしれません。
そして。。。

焼きあがりました!↓
a0118890_163741.jpg





チーズの濃厚な香りと、ディルの爽やかな香りがミックスした、フワフワパンになりました。
今回は、大成功です。パンって奥深いな~。





今日の豆知識⇒リコッタチーズが余ったので、翌朝食パンに塗ってハチミツとcinnamon(シナモン)をかけて食べてみたら、おいしかったです↓
a0118890_16373252.jpg


[PR]
by masmic | 2010-03-25 16:46 | FOOD

アメリカ人はMSGで眠らされている!???

今日は、いつも行っているCommunity College(コミュニティ・カレッジ)で、
the lunar New Year(旧正月)をお祝いする会があり、参加させてもらいました。
うかつにもカメラを忘れてしまい、写真がないのですが(汗)、、、
anecdote(逸話)でお楽しみください。


さて、international students(留学生)中心に大勢の学生が集まって、
Bethの用意してくれたOcean SkyCninese(中華料理)を食べました。



そこで久々に会ったヨンスが、「私、お代わりする」というので、
These foods contain a lot of MSG, I guess.(ヨンスの嫌いなMSG-化学調味料-がいっぱい入ってるんじゃない?大丈夫?)」と忠告しました。
すると「普段MSG食べてないから、今日は大丈夫」とのことでしたが。。。





それから二時間後。。。





また会ったヨンスは、何度もあくびをしていました。
You look sleepy.(眠そうだね)」と声をかけたら、
It's because of MSG! You know, MSG has two kinds of effects. One is getting thirsty, the other is getting sleepy! (これMSGのせいだよ! MSGって二種類の作用があって、一つは"のどが渇く"、もうひとつは"眠くなる"だよ!)」と力説していました。


ヨンスの説によると、アメリカ人はMSGのせいでよく眠る、とのことですが、、、
そうなの(笑)?
さらに、
...and MSG was invented by Japanese.(で、MSGって日本人が発明したんだよね)」と私を見てニヤッと笑っていました(笑) ヨンス、あいかわらず面白い。




さて、今日はAmerican Idol(アメリカン・アイドル)を見ながら、
久々にPRIのピザを食べました。
今日の箱の図柄はこれ↓
a0118890_1825991.jpg



ピザはハーフ&ハーフで、一個は前回も食べた豆腐のピザ、もう片方はpheta cheese(フェタチーズ)とkalamata olive(カラマタオリーブ)、artichoke(アーティチョーク)、spinach(ほうれん草)のピザです↓
a0118890_18253572.jpg





◎おまけ
先週末の朝、無性にFrench toast(フレンチトースト)が食べたくなって作り、いつもの癖で写真にとって、カメラをテーブルの上にそのまま放置しておきました↓
a0118890_1826565.jpg



その日の午後、カメラを見たら、見慣れない画像が・・・↓
a0118890_18262787.jpg



「なにこれ?」といっていたら、横からデビブが「マスミばっかりご飯の写真とってずるい! これオイラのランチなの♪」と自慢げに言ってきました・・・。
サバ、梅干、のりたまごはん、アスパラベーコン巻き食べたのね(笑)





今日の豆知識⇒[今日は英語編]
①ピザなどを注文していて、あとで店に取りに行ったときに便利な決まり文句です。
I'm here to pick up an order for David.(デビッドの注文を取りにきました)
②バーに行くと、お店の人にデビッドカードを預けて、最後に帰るとき会計するとこも多いですが、そういうときの一言。
Can I pay our tab?(ツケを払っていいですか=お会計お願いします)
[PR]
by masmic | 2010-02-17 18:51 | FOOD

ドライトマトとハーブのロールパン。

久しぶりに、またパン作りにトライしました。
今回は、Tomato Herb Rolls(トマトとハーブのロールパン)です。
前回のパンが固かったので、今回はリベンジなるか!?

材料はコチラ↓
a0118890_17145327.jpg



ベンのオーガニックファームsun-dried tomatoes(サンドライ・トマト)をお水で戻して1/2cup、ほかは
-4cups plain flour(小麦粉)
-1tsp salt(塩)
-2 cloves garlic(にんにく2粒)
-1tbsp thyme(タイム)
-2tbsp parsley(パセリ)
-2tbsp Italian herbs oregano(オレガノ)やmarjoram(マジョラム)など適当に
-1oz butter(バター)
-1/2cup milk(牛乳)
-1/4oz dried yeast(ドライイースト)
-1tsp sugar(砂糖)
です。
1cup=250cc1tbsp=だいたい大さじ1、1tsp=だいたい小さじ1です。


tomato、herb、garlicはすべてfinely chopped(みじん切り)します↓
a0118890_17152362.jpg




小麦粉と塩を混ぜて、真ん中にwell(井戸というか、穴)を作り、
そこに刻んだニンニク、ハーブ、ドライトマトを入れます。
そこに、溶かしたバター、牛乳、そして
あらかじめ砂糖とお湯で溶いて10分くらい置いておきfrothy(泡だった)になったドライイーストを
全部投入↓
a0118890_17154272.jpg



このsoft dough(生地)をひたすらknead(こねる)します↓
a0118890_1716163.jpg



10分ほどこねてsmooth(なめらか)になったら、ラップをして
あまり寒すぎないところに放置すること45分↓
a0118890_17162338.jpg



生地が2倍に膨らむはずが、寒かったのかあまり膨らんでいないようす・・・(>_<)
お湯を使うなど少し暖かくして、もう少し放置しました。
ここがパンの難しいところだな~、やれやれ。

その後、punch down(パンチしてガス抜き)してさらに5分ほどまたknead(こねる)します。
そしたら、12等分に分けて丸めて、greased baking tray(油を塗ったベーキングトレイ)に並べます↓
a0118890_1716488.jpg



ラップをしてまた30分暖かい場所で放置↓
a0118890_1717868.jpg



さあ、焼きます!
oven(オーブン)は415F°/210℃preheat(余熱)して、
その間に、dough(生地)にミルクをブラシで塗ります↓
a0118890_1717329.jpg



余熱完了したら、最初の温度で10分焼いて、
その後、温度を350F°/180℃に下げて、続けて焼くこと20~25分↓
a0118890_17174947.jpg



できました!
今回の出来も、決して"ふんわりパン"ではなかったけど、
トマトとハーブの香りがよく、中がもちっとして、デビブに好評~♪
噛むと甘みが感じられる大人のパンになりました↓
a0118890_1718888.jpg




理想のパンを作るのって本当難しいけど、
それだけに面白い!!




今日の豆知識マクロビ先生が、「yeast(酵母)が入ってるパンは、体に良くないからあんまり食べないほうがいいのよ。私はたまにsourdough(サワードウ)を食べてるの」と言ってましたが、イーストもさることながら、gluten-free(グルテンが入ってない)のパンも普及してきています。昨年10月に地元の新聞で読んだんですが、アメリカでは133人に1人がceliac disease(セリアック病。グルテンが引き金になって起こる免疫疾患)なんだそうです。whole wheat(全粒小麦)だから体にいい、という時代ではなくなってきてるのかなぁ、と感じました。
[PR]
by masmic | 2010-01-12 17:31 | FOOD

一足早いターキー?

今月後半には、Thanksgiving day(感謝祭)があります。
そのときturkey(七面鳥)を食べるのですが、
先日、Market of Choiceで、早くも発見してしまいました↓
a0118890_18434246.jpg



と思ったら・・・
周りをよく見てください。
なんと、この七面鳥はケーキでした!!!
なんとまぎらわしい。


ちなみに、デビブもturkeyを焼けるそうです。
turkeyは冷凍コーナーにおいてありますが、
「今年はフレッシュなターキーが食べれるじゃん!」だって。。。
生まれたころから成長を見守ってきた、近所のノラturkeyたちがこんなに大きくなっています
(でも食べちゃだめだよね)↓
a0118890_18455693.jpg




◎おまけ
野菜売り場で発見した、へんな野菜。
Buddha's hand(仏陀の手)だそうです。
どうやって食べるのか・・・?↓
a0118890_18461835.jpg



日本のサツマイモも発見しました。
やきいもにしてみたい↓
a0118890_18463512.jpg






今日の豆知識⇒今年のthanksgiving dayは、11月26日(木)です。毎年11月の第4木曜日なんだそう。アメリカにもsweet potato(さつまいも)はありますが、じゃがいもみたいな色をしています。日本のサツマイモのほうが甘いんだそうです。
[PR]
by masmic | 2009-11-04 18:34 | FOOD

クッキーは『チン!』するもの?

デビブが何かをmicrowave(レンジでチン)して、「食べる?」と差し出しました。
見るとこれ↓
a0118890_13574596.jpg




cookie(クッキー)あたためたの?」
「そうだよ。やわらかくてchewy(かみごたえある)で美味しいよ!」

温めたクッキーをフォークで食べるデビブ。。。(ドリンクは牛乳~)
セロリのときもそうだったけど、
たまにアメリカ式の食べ方にびっくりします(~_~;)



今日の豆知識⇒そういえば私が高校生のときに短期間ホームステイしたOhio(オハイオ)州の高校生は、ランチに大きなクッキーを持参していました。誕生日のケーキも、大きなクッキーにクリームがあしらわれたものでした。クッキーの役割は、確実にお菓子の域を超えています!
[PR]
by masmic | 2009-11-01 13:51 | FOOD

ファーマーズマーケットのバジルで、ペスト作り。

Farmer's Market(ファーマーズ・マーケット)に、basil(バジル)を買いに行きました↓
a0118890_12123223.jpg



1bunch(1束)で$2だったので、3束買いました。
水に放ったら、清涼感あるい~い香り!↓
a0118890_12125158.jpg



今日はこれで、pesto(ジェノベーゼソース)を作ります。
pine nuts(松の実)がお値段高めなので、walnuts(くるみ)を混ぜることにしました。
Parmigiano Reggiano(パルメジャーノ・レッジャーノ)も高いけど、切れっぱしがなんと$1ぐらいで売ってたので、それを買いました。
あとはolive oil(オリーブオイル)を用意↓
a0118890_1213289.jpg



あとはフードプロセッサーにかけていくだけです↓
a0118890_12131756.jpg



作業中、シカの親子が登場。
また子鹿が生まれたみたいです!(前のより小さい子だ)↓
a0118890_12133041.jpg



チーズは別にすりおろして、最後に混ぜることにしました。$1分が、かなりの量になりました↓
a0118890_121343100.jpg



Fettuccine(フェットゥッチーネ)とあえて、できあがり。
pestoは半分残ったので冷凍しました。
材料費は一人分$2もかかったかな?簡単でおいしかったです↓
a0118890_12135718.jpg






今日の豆知識⇒バジルはやはりスーパーで買うよりも、ファーマーズ・マーケットのほうが安く、大量に新鮮なものが手に入りました。お店の人は、冷凍するならチーズはbefore served(食べる直前)に入れるといいわよ、と言っていました。こういうやりとりもファーマーズ・マーケットの楽しみです。
[PR]
by masmic | 2009-09-18 12:22 | FOOD

手作り納豆には、おまじないが必要です。

昨日、マクロビ先生
「今日、納豆作るんだけど見に来ない?」と誘ってくれたので、行ってきました。
生徒はわたしだけ。ひとり納豆教室です。

行ったら、前日から水にsoak(浸す)してあったorganic soy beans(有機大豆)が用意されていました。大豆って水を吸うと3倍ぐらいに大きくなって、なぜか横長になるんですね。右は水を吸う前の大豆です↓
a0118890_16421990.jpg



ちなみに、水に浸す前に、悪い豆をきちんとsort(より分け)しておくのを忘れないようにします。



soakした豆をpressure cooker(圧力鍋)で蒸します↓
a0118890_1643160.jpg




蒸しあがったら納豆菌を加えるのですが
「これ、おまじないみたいなのよ」とマクロビ先生がいうように、
なんと使うのは耳かき1杯分だけ。これだけー!?

お砂糖と塩も、耳かき一杯ずつ加えました↓
a0118890_16431747.jpg




そしてさらなる、おまじない。
豆を入れた器にfoil(アルミホイル)をかぶせて、小さい穴を開けていきます↓
a0118890_16433146.jpg




その容器を、マクロビ先生特製の"納豆ボックス"に入れます。
隅の4つの瓶にはお湯を入れて、ボックスのフタを閉めると、、、
中がもわぁ~んと温かく湿った状態に↓
a0118890_16434587.jpg



これでお湯を交換しながら1日。
翌日は冷蔵庫へ。
食べられるのは4日めぐらいからなんだって。


なんと簡単!!
早く自分で作ってみたいです。



今日の豆知識⇒納豆はアジアンスーパーでも手に入りますが、ユージーンではどうしてもパックの冷凍ものになってしまいます。食べるとき、ちょっとドライになってるんです。。。この冷凍納豆と、マクロビ先生の手作り納豆を食べ比べたら、一目瞭然!手作り納豆はまず豆が大きくて、みずみずしい! 豆の風味がすごくあって、食感がやわらかく、いかにも栄養がありそうな味がします。納豆菌は、アメリカでは売ってないようなので、日本から取り寄せなければならないそう。
[PR]
by masmic | 2009-09-10 14:21 | FOOD

焼きたてブラックベリー・マフィン!!

この週末、blackberry(ブラックベリー)を採りに行ってみました↓
a0118890_11471213.jpg



場所は以前発見した川の近くです。酸っぱい実と甘い実がまだ五分五分だったので、甘そうな実を探して、奥へと・・・。blackberryってイバラだらけなので、トゲとの戦いでした↓
a0118890_11473079.jpg



なんとか集めた実を使って何を作ろうか考えた結果、muffins(マフィン)を作ることに。
「きっとseedy(種が多い)だ」
「きっと水っぽくなるよ」
「きっと酸っぱいよ」
というネガティブなデビブのアドバイスを無視して、さっそく取りかかります。
材料はこちら↓
a0118890_11474184.jpg



小麦粉、ベーキングパウダー、ブラウンシュガー、塩をボールに入れ混ぜます。
ミルク、卵、溶かしたバター、バニラエッセンスを別のボールで混ぜます。
ブラックベリーは半分に切ります↓
a0118890_11475526.jpg



それらを全部混ぜて、型へ流し込み・・・↓
a0118890_1148949.jpg



400°Fのオーブンで焼くこと約20分・・・↓
a0118890_11482290.jpg



できました! 少し冷ますと固まってきたので、思ったより水っぽくならずにすみました。
最初ネガティブだったデビブも「いいじゃん!」とパクパク。。。
私好みのほどよい甘さでした♥↓
a0118890_1214258.jpg






今日の豆知識⇒アメリカに来て「便利だなぁ」と思ったことの一つが、いろいろな物の規格が統一されていることです。たとえばこのマフィンも、マフィン型は12個用になっており、どのレシピもたいてい12個用で書いてありました。キッチンのsink(シンク。流し)の栓なんかも、いちいち自宅のサイズを測らなくても、お店でたまたま見つけたものがぴったりはまるので、すごく便利だなぁと思います。
[PR]
by masmic | 2009-08-17 12:02 | FOOD

ロウ・ベジタリアン・フードとは?

先日、マクロビ先生に誘われて、
隣町Springfield(スプリングフィールド)で開かれた、あるパーティーにいきました↓
a0118890_1424255.jpg



実はこれ、ぜ~んぶvegetarian(ベジタリアン)フードです。
しかも、ぜ~んぶ、raw(生=ナマ)。


このパーティーは、
"raw vegetarian food"(加熱していない野菜料理)のパーティーなのです。
マクロビ先生によると、「macrobiotic(マクロバイオティック)は料理して食べるから、生のベジタリアンがどういうものかと思って」参加してみたんだそうです。


このパーティーは今回が1回目で、
ネットを見て興味を持った人が自由に参加できます。
会場についたら、host(主催者)のキムという女性が、
何かをくるくる回していました↓
a0118890_143627.jpg



これは、zucchini(ズッキーニ)をヌードル状に切れる調理器具です。
このズッキーニはそのままパスタになりました(写真右上の黄色いボール)。
ちなみに左下は、チョコレートトリュフみたいなデザート。これも生↓
a0118890_1432226.jpg



それから、「これもraw(生)?」と目をうたがった、こちらのチップスみたいなものは、hempseed(麻の実)を押しつぶして作った、薄いグレインバーみたいな食べ物↓
a0118890_1433820.jpg





さて、この日集まったのは12~13人ぐらい。ポットラックなので、創意工夫されたいろんな食べ物が集まりました。




写真中央の黄色い四角い入れ物に入ったのは、マクロビ先生とお弟子さんが持参した、
raw buckwheat(生のソバ)のサラダ。
ソバの実とblueberry(ブルーベリー)とcarrot(ニンジン)が入っています↓
a0118890_144243.jpg



写真下↑の四角い赤い料理は、なんとlasagna(ラザニア)!
tomato sauce(トマトソース)や、basil-pistachio(バジル&ピスタチオ)ペースト、
pignoli ricotta(松の実で作ったリコッタチーズもどき)などを使っています。
生のラザニアって初めて食べたけど、これはけっこう美味しかったです。


で、私が持参したのは、お正月などに食べる
Japanese traditional "red and white" vinegared dish(紅白なます)です・・・。すごい匂いだ・・・。
日本料理を持っていきたいな~と思って、生の料理を考えたら全然なくって・・・(>_<)
豆腐もしょう油もダメみたいだし・・・。
デビブが「アジのたたきは?」と提案してくれたけど、魚はもちろんだめだし~(笑)
それで唯一思いついたのがこれでした。
daikon(大根)とcarrot(ニンジン)、rice vinegar(米酢)、sea salt(海の塩)、organic brown sugar(オーガニック赤砂糖)を使いました。ブラウンシュガーだから、"紅白"じゃなくて"紅茶"なますになっちゃったけど。


皿にとったらこんなかんじ。
右のフォークの側にあるのが、私の紅白なますです。
皿の真ん中にあるのが、ズッキーニのスパゲティです↓
a0118890_1442545.jpg





ホストのキムさんは、いろんな食材をためしていて、みんなでこのnori(海苔)を食べました。。。↓
a0118890_1444125.jpg



食後に海苔を食べるアメリカ人のパーティーって・・・(~_~;)
・・・微妙ですが、それはそれで面白い体験でした!



それでも私はベジタリアンではありません(汗)




今日の豆知識⇒なぜ生で食べるのにこだわっているのか、というと、料理するとenzyme(エンザイム)というものが壊れるからなんだそうです。この日集まった中で、このraw vegetarian foodをもう1年続けている女の子がいて、彼女いわく、始める前より体が強くなった、そうです。しかも彼女はこの夏、ベジタリアン食を通じて知り合った人と結婚するんだとか。めでたいな~。ベジタリアンの男の人はcalm(落ち着いている)でsilent(静か)なので、さかな君に食べさせたいな~と思いました。
[PR]
by masmic | 2009-08-01 14:18 | FOOD


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧