はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ユージーン -イベント( 41 )

「O」を応援してます!

元日のRose Bowl(ローズボール)は、残念ながら負けてしまい、翌日の新聞見出しには「HeartBreaker(悲痛な出来事)」と載ってしまったのですが、
この一ヶ月、地元ユージーンでは、さまざまな応援を見かけました。

こちらは、Costcoのケーキセクションにあった、ローズボール特別ケーキ↓
a0118890_1251463.jpg



Market of Choiceの花屋さんには、フットボールコーナーが↓
a0118890_125556100.jpg



鉢植えも「O」↓
a0118890_12563141.jpg



Duck Store(ダックストア。オレゴン大学グッズを売ってるお店)では、私が着ていたTシャツをはじめ、ニット帽やパーカーなど、いろいろなローズボールグッズが出ていました。

うちの妹弟も、「O」のポーズで応援してたのにな~↓
a0118890_12565116.jpg



◎おまけ
モールで発見したゲーム。
モノポリーが、Duckopoly(ダックォポリー)に...
(ちなみにその下はBrewopolyですが・・・。ビール?)↓
a0118890_13443755.jpg



※そういえば、先月新聞にGrateful DeadOpoly(グレイトフルデッド+モノポリー)も載ってた。モノポリーって何でもあるんだね。




今日の豆知識⇒カレッジ・フットボールの最も古いゲームであるローズボールですが、オレゴン大学は1917年に勝利して以来、一度も勝っていません。が、全米でたったの2チームしか出場できないので、出るだけでもかなり名誉なことといえます。
[PR]
by masmic | 2010-01-04 13:02 | ユージーン -イベント

年越しカウントダウン・イン・ユージーン!

Happy New Year!!(明けましておめでとうございます)

昨日の大晦日は、Cozmic Pizzaのカウントダウンイベントに行ってきました。
フロアの前半分はテーブルが片付けられて、ダンスフロアになっていました。

10時からだけど9時過ぎごろ行ったら、
店の中でゲームしている年配のグループがいました(笑)
We are bored.(退屈してる。)だからゲームして待つの」とのこと。

その後30分くらいしたら演奏が始まり、ステージ前に人が集まってきました↓
a0118890_9192289.jpg



この日は3組のバンドが演奏するのですが、
そのうちの1つは私の好きなSamba Jaなので楽しみ♪
フロアはあっという間に人でいっぱいに↓
a0118890_9194845.jpg



後ろのほうに席はあるんだけど、
みんな立ってダンスに参加しはじめました↓
a0118890_920107.jpg



店の入り口のほうも人でいっぱいに。
途中、地元テレビの中継も入りました↓
a0118890_92035100.jpg



Hula-Hoop(フラフープ)を持参して遊ぶ人とか、
canes(ステッキ)をパントマイム風に操って踊る人とか、
mask(仮面)をかぶって踊るカントリーフェア風の人とか、
度々ヤニを吸いにいってむせこみながらもダンスに参加するおじいちゃんとか、
"individual(個性的)"を通り越して、"weird(変)"な人たちでいっぱいに・・・(笑)
顔がわかんないくらい仮装した人も(右はうちの弟です)↓
a0118890_921440.jpg



キャンバスを持参して、
この光景を、絵に描いている人もいたし(笑)
みんな、好きなことやりすぎ・・・↓
a0118890_9212469.jpg




うちの妹と弟は、この光景を見てゲラゲラ笑いが止まらなくなりました。
デビブは久々のビールで、いつものようにゴキゲンですが↓
a0118890_9242258.jpg



2番目のバンドがアフリカン音楽を演奏中に、突然「Ten! nine! eight!...(10、9、8、…)」とカウントダウン開始。そして「Three! two! one! Happy new year!!(3、2、1、明けましておめでとう!)」の瞬間がコチラ↓
a0118890_9244820.jpg




その後すぐSamba Ja登場で、盛り上がりは頂点に。
みんな踊ってるので、ブレまくってますが、ステージ下の青っぽい服を着た集団がSamba Ja↓
a0118890_9251546.jpg



ear plugs(耳栓)も出回り始めました~↓
a0118890_9253524.jpg




はしゃぐ妹と弟。
デビブは、引き続き、左のほうで静かにビールを堪能中です(笑)↓
a0118890_926996.jpg







今日の豆知識⇒私は、peacock(クジャク)の羽をつけた裸足の女の人に何度も足を踏まれたんですが、逆に弟は別の女の人の足を踏んじゃったみたいで、彼女が「Ouch! Ouch!(痛い、痛い)」と大げさにアピールしてたのに弟が気づかないでいたら、「分かんないの? かわいいわね。チュ!」と手にしたキスを弟のほっぺたにくっつけていました。そして、「Pass it! Pass it!(そのキスを隣にまわして!)」と指示。そのキスは、次々と知らない人たちにリレーされていったのでした。Love & Peace(愛と平和)な年明けでした。
[PR]
by masmic | 2010-01-02 09:31 | ユージーン -イベント

今年最後のローカルグッズ。 -Holiday Market

Fair Ground(フェアグラウンド)で行われているHoliday Market(ホリデー・マーケット)にいってきました↓
a0118890_13394483.jpg



これは、Saturday Market(サタデーマーケット)が屋内に移動したような催し物で、
local artists(地元アーティスト)によるcraft shops(手工芸品店)がいろいろ出ています↓
a0118890_13401015.jpg



食べ物やさんも、サタデーマーケットと同じ顔ぶれがずらっと↓
a0118890_13403644.jpg



さて、ぐるぐる歩き回って、久々にユージーンのローカルグッズを楽しみました。
pierced earrings(ピアス)を買ったお店のお姉さんに撮影を頼むと、
「全身撮りなさいよ!」と、コスチュームに自信満々(笑)↓
a0118890_1341142.jpg



買い物をするとき、カードで支払いたい場合は、
こちらのブースで払って、レシートをそれぞれのお店に持ち帰り、商品を受け取ります↓
a0118890_13412280.jpg



さて、先ほどのフードコートに戻ると、かなり人が増えてきていました。
奥のステージからは、いつものサタデーマーケットと同じように、
ユージーンらしい変わった音楽が(笑)↓
a0118890_13414569.jpg



幼稚園児もたくさん来ていた↓
a0118890_1342372.jpg



食べ収めに、こちらpad thai(パッドタイ)を。
以前サタデーマーケットで食べたのですが、ピーナッツソースがかかっていて、美味しいのです↓
a0118890_13422497.jpg



帰り際、出入り口のところで、小学生の男の子たちが「くるみ割り人形」などを演奏していました。
なんかかわいかった↓
a0118890_13424185.jpg



それにしても、このマーケットの人たちってみんないつも笑顔!
デビブが仕事だったので、一人で行ったのですが、
一人でも楽しく過ごせました(^_^)


この日買ったのはこちら。
またまたピアス・・・と、クリスマスのornaments(オーナメント)、ローカルファームのリップクリームなどです↓
a0118890_13425956.jpg





今日の豆知識⇒Holiday Marketは今年は12月24日で終了です。来年のサタデーマーケットは、4月3日から開催だそうです。
[PR]
by masmic | 2009-12-24 13:55 | ユージーン -イベント

今年最後のサタデーマーケット。

この前の土曜日は、今年最後のSaturday Market(サタデーマーケット)でした↓
a0118890_15135162.jpg



思えば、私がユージーンに来て一番行ってみたかったものがこのSaturday Marketでした。
半年間、満喫させてもらいました。

もうけっこう屋外だと寒くて、店番をしている人たちもブルブルふるえていました↓
a0118890_15145645.jpg



人通りもまばらな中、Farmer's Market(ファーマーズ・マーケット)にはキノコ屋さんがたくさん出ていました↓
a0118890_15151282.jpg



こちらは、northwest(アメリカ北西部)でよく採れるchanterelle(シャントレル。又は、アンズダケ。又は、ジロール)というキノコ↓
a0118890_15153135.jpg



で、でた! matsutake(マツタケ)だ!
"unusual to find(めったに見られない)"と書いてありました。
ちなみにお値段はこの1箱で$7.50でした↓
a0118890_15154571.jpg



こちら、左の白いのがangel wings(天使の羽)っていう名前だって↓
a0118890_15155956.jpg



アメリカのpersimmons(柿)。
ちなみにこの箱は手のひらサイズです。
・・・アメリカの柿がいかに小さいかがわかりますか?↓
a0118890_15161474.jpg



(なんでアメリカの野菜は巨大なのに、フルーツは日本のより小さいんだろう・・・)


日本のkabocha(かぼちゃ)を発見!
なぜか
冷蔵庫(?)に切り身が入っていました↓
a0118890_15163257.jpg



この日の収穫は、
ベンのファームsundried tomato(ドライトマト)。ここの野菜は苗木のときから焼きペッパーまでずっと見てたので、最後はドライかぁ、と面白かったです↓
a0118890_15455227.jpg



そして、こちらのかぼちゃ!
ちゃんと「日本のかぼちゃですか?」と聞いて買ったので、間違いないと思います。
どうやって食べようかな・・・と楽しみです!↓
a0118890_15165136.jpg









今日の豆知識⇒今度の週末からクリスマス前までは、屋内に移り、Holiday Market(ホリデーマーケット)と称して同じような催し物が行われます。場所は、Fair Groundです。
[PR]
by masmic | 2009-11-19 15:47 | ユージーン -イベント

地球を守れ!『350』人のアーティストが集結。

この前の土曜日、Hult Centerclimate action event(気候運動イベント)があり行ってきました。すごい人でした↓
a0118890_1719220.jpg



350」人のlocal artists(地元の芸術家)によるmusic & dance performances(音楽とダンスの上演)が、ロビーで行われたのです。これ、全部無料です。



で、なぜ「350」人なのか、というと・・・



この数字には意味があります。
「350」という数字は、
the safe upper limit of carbon dioxide measured in “parts per million” in the atmosphere(大気中での、ppm単位における、二酸化炭素の安全な上限値)」なんだそうです。
ppmというのが難しいんですが、これは濃度を表す単位です。

現在の地球はすでに「350」を超えていて、さらに増えている状況なので、それに警鐘をならそう、というイベントだったのです↓
a0118890_17193028.jpg




説明が長くなりましたが、内容はいろんなジャンルの音楽。
私達がついたときは、ロビーの階段の上のグループが演奏していました↓
a0118890_17195166.jpg



ちなみに、右端の白髪の女性は、ユージーンのMayor(市長)です↓
a0118890_1720695.jpg



次はロビー中央で、8つの吹奏楽器による演奏。"eight winds(8つの風)"って名前がカッコいい↓
a0118890_17203245.jpg



寝転がって聴いている人とかいて、みんな自由~↓
a0118890_17204686.jpg



お次は、自由奔放に動きながらtrumpet(トランペット)を吹く人が登場↓
a0118890_17211299.jpg



あと二人追加。みんな、鳥の鳴き声みたいな音を出しています↓
a0118890_1721297.jpg



上の階にも演奏者が・・・本当に鳥が飛んでいるみたいに、泣き声が反響してる!↓
a0118890_17214982.jpg



glockenspiel(鉄琴)も入って、音が風になったみたい↓
a0118890_172228.jpg



と思ったら、徐々に音が消えていき、不思議な黒い服の女性達が出てきた。
数をカウントダウンしながら、奇妙な動き・・・↓
a0118890_17222410.jpg



活発だったのが、苦しそうな怒ったような動きになり、やがて静まっていく・・・
カウントダウンも終わりそう・・・
「地球に残された時間が少ない」
ということを表現していたようです↓
a0118890_17223978.jpg



ダンスが終わると、今度はJazz(ジャズ)が始まりました。
ワンステージごとに演奏場所が変わるから、観客もぞろぞろ移動↓
a0118890_1723096.jpg



ジャズ↓
a0118890_1723135.jpg



folk/rock(フォーク・ロック)のグループ↓
a0118890_17234111.jpg



アフリカっぽい音楽のグループ。踊っている女の人の足にマラカスがついていて、ちゃんとリズムになってる! 後ろの中華鍋みたいな楽器たちも気になりました。なんていう楽器だろう・・・↓
a0118890_1724388.jpg



パーカッションとダンス。
ムムッ…ところで、外野にいる青いTシャツの人たち、もしかして・・・?↓
a0118890_17241988.jpg



やっぱり! Samba Jaでした!↓
a0118890_1724439.jpg




私が行くとこに、彼らしょっちゅう出現するんですけど!
すっかりファンになってしまったじゃないですか~。
またみんなで踊りました(笑)
a0118890_17245947.jpg





◎人ごみで使える英語
-Am I in your way?
(後ろの人に向かって→私、じゃましてますか?見えますか?)

◎同じく"way”を使った、バーの店員さんの一言
-Can I get this out of your way?
(客の食べ終わった食器を→片付けてもよいですか?)




今日の豆知識⇒ユージーンは人口の割に、アーティストの多い町なんだそうです。会場では「Urban Homesteading for Carbon Reduction(二酸化炭素削減のための、都会の自作農場)」という紙を渡されました。そこには"Grow a garden(畑を始めよう)" "Buy local(地元経済をサポートしよう)" "Preserve and store food for winter use(冬にそなえて食料を保存加工&貯蔵しよう)"などの提案が。ほか、"Be a climate citizen(国会議員に電話して訴えよう)"なども書かれていました。
[PR]
by masmic | 2009-10-28 17:14 | ユージーン -イベント

ハロウィーン、かぼちゃちょうちんコンテスト!

土曜日、5th Street Marketにて、ハロウィーンのかぼちゃ"Jack-O-Lanterns(ジャック・オー・ランタン。かぼちゃちょうちん)"のコンテストが行われました。きれいでしょう!↓
a0118890_18561434.jpg



お店の内外を問わず、5th Street Marketの至るところにJack-O-Lanternsが並んでいました↓
a0118890_18563817.jpg



ユニークなcostumes(仮装)を着た子ども達もたくさんいました。
デビブも子どもの頃やったそうです↓
a0118890_185701.jpg



さて、parking(駐車場)には特注の棚が設置され、みんなの力作がずらりと並んでいました↓
a0118890_18572578.jpg



こちらはデビブが気に入っていた作品。パソコンの廃材を使っています。
鼻の部分に使われているキーボードが、「n」「o」「s」「e」。
ちゃんと"nose(鼻)"になってる!芸がこまかい↓
a0118890_18574087.jpg



こっちは私お気に入り①アフリカ雑貨屋の前にあった作品。かわいい↓
a0118890_1858031.jpg



すっごい大きな作品もありました。
近づいて見ても表面の細工が細かい!すごい!
それ以上に、こんな大きなpumpkin(かぼちゃ)を探すのが大変そう!
よく見るとLesbian Chorus of Eugene(ユージーンのレズビアンコーラス隊)の作品だって。
ユージーンっぽい団体だな~↓
a0118890_185818100.jpg



かと思えば、こんなシンプルな作品(真ん中)も。鼻と口を描いただけなのに、雰囲気でてる!↓
a0118890_18583368.jpg



中庭の池にも作品が並んでいました。
この噴水、Earth dayのときはいっぱい地球儀が浮いてて、
duck raceのときはいっぱいducks(あひる)が浮いてたけど、
今日はapples(リンゴ)だった。子ども達がぼんぼん投げて遊んでる↓
a0118890_18584896.jpg



2階の踊り場では、子ども達がまだ作品を作成中。。。
「あの、中身をほじくりだすのが大変なんだよ!」とデビブ↓
a0118890_1859876.jpg



さて、駐車場に戻ると、スタッフの方たちがJack-O-Lanterns一個一個に火を点していました。
これは大変な作業だ!↓
a0118890_18594322.jpg



でも、そのおかげで夜は・・・
こんなにきれいにライトアップ!
Jack-O-Lanternsの魅力が倍増です↓
a0118890_190142.jpg



こちら、私のお気に入り②おばけかぼちゃ。
かわいい↓
a0118890_1901761.jpg



発想の転換? 逆さまJack-O-Lantern↓
a0118890_1903050.jpg



そして、Mayor(市長)を初め数人の審査員が選んだ1位がこちらの4作品。
芸術ですね~↓
a0118890_1904517.jpg





今日の豆知識⇒アメリカでは、このHalloween(ハロウィーン)の時期からholiday season(祝祭日期)に突入します。11月にはThanksgiving(感謝祭)、12月にはChristmas(クリスマス)、そして1月のNew Year(元日)があるからです。この時期から、各住宅では工夫を凝らしたillumination(イルミネーション)が始まって、これが正月明けまで続くのだそうです。
[PR]
by masmic | 2009-10-24 18:54 | ユージーン -イベント

アフガニスタンの戦争に反対します。

本日土曜の昼間、ダウンタウンで、Afghanistan(アフガニスタン)の戦争に反対するrally(集会)をやっていたので、参加しました↓
a0118890_1026241.jpg



ちなみに写真のprotest signs(抗議プラカード)は、
-Bring the troops home now(今すぐ兵士達を家に帰せ)
-Outraged women say no to war!(激怒した女性達が戦争は嫌だと言っている)
-War will not bring peace in Afghanistan(戦争をしてもアフガニスタンは平和にならない)



アフガニスタンの戦争が始まって、今月で9年目に突入。
アメリカの歴史で一番長い戦争になってしまったようです。


場所は、昔federal(連邦政府)のビルがあったところです。
あいにくの雨でしたが、広場には着々と人が集まって来てました。
おなじみpeace(平和)の旗も登場↓
a0118890_10264823.jpg



オバマ大統領のNobel Peace Prize(ノーベル平和賞)受賞に疑問を持つbanner(横断幕)。
私も、戦争をしている国のリーダーがこの賞をもらうのには抵抗があります。
でもこの人たち、ちゃんとオバマさんのパネルに雨合羽を着せてあげていて優しい・・・。
みんな基本的にはオバマ大統領にvote(投票)して応援している人たちなのです↓
a0118890_1027396.jpg




さて、この集会では最初に、
ユージーン市長のキティ氏、パキスタン研究の権威であるU of O(オレゴン大学)の教授に続いて、
the Vietnam War(ベトナム戦争)のveteran(退役軍人)がスピーチしました。
彼はベトナム戦争のせいでPTSD(心的外傷後ストレス障害)になってしまい、40年たった今でも、人の叫び声が聞こえるんだそうです↓
a0118890_10273482.jpg




Who is the enemy? (そもそも敵って誰なのよ?)」
この戦争の果てしなさ、無意味さを、感じました。



ところで、デビブが真っ先にこれを渡されていてウケました↓
a0118890_10274956.jpg



Muslim(イスラム教徒)も戦争に反対しているぞ」という意味のステッカーです。
「真っ先にオイラに来たよ。オイラって、やっぱりアラブ系に見られてるよ」だって(笑)
デビブは日米ハーフだけど、どうも、北欧系白人と日本人が混じると、
アラブ系っぽい顔立ちになるらしいのです・・・(-_-;)



この人たちは、地元のsenator(上院議員)など。この人たちに戦争反対のお手紙を送ろう、ということだそうです。兵士の棺に見立てた箱にドキッとさせられました↓
a0118890_10285217.jpg



これはアメリカでベストセラーとなった「Three Cups of Tea(スリー・カップス・オブ・ティー)」という本をヒントにしたと思われるサイン。パキスタンに学校を作ったアメリカ人登山家の話だそうで、「その本を見習って、戦争じゃなく学校を」という意味らしい↓
a0118890_10293017.jpg



アフガニスタンの戦争を終わらせよう、というpetition(嘆願書)にサインするデビブ。
やっぱりアラブ系に見えるかなぁ?
I’m not a voter.(私、選挙権ないんですけど)」と言ったら「It’s OK.(大丈夫よ)」とのことだったので、私もサインしました↓
a0118890_10295629.jpg



テレビ局も来ていました。それより気になるのが、左側にいる黄色い集団。・・・もしや?↓
a0118890_10301089.jpg



やはり! Eugene Celebration(ユージーン・セレブレーション)のとき演奏していたSamba ja(サンバ・ジャ)という団体でした。この人たちなんか好きー↓
a0118890_10303170.jpg



踊りだす人々。この後、集会は流れ終了↓
a0118890_10304593.jpg



petitionにサインしたらもらった、ピースネックレスを車に飾りました↓
a0118890_1031333.jpg





今日の豆知識⇒集会場は道路に面していたのですが、protest signsを見た車がひっきりなしにクラクションをならしていきました。これは「自分も支持するぞ(今回の場合は”戦争反対だぞ”)」という意思表示なのだそうです。ユージーンの市長は、無給のボランティアと決まっています。無料奉仕という面では税金がかからなくていいけど、一方で裕福な人かリタイヤした高齢者に偏る問題点もあります。
[PR]
by masmic | 2009-10-17 10:24 | ユージーン -イベント

7万羽のダックレース! -The Great Rotary Duck Race

Rotary Club(ロータリークラブ)主催のduck race(あひるのレース)が、
Alton Baker Parkで行われたので、見に行きました。



まず、事前に市民がアヒルの浮きおもちゃを5ドルで買っておきます。
アヒルにはそれぞれ識別番号がつけられ、
川のレースに出て順位を競います。
お金はロータリークラブを通して子どもたちにdonate(寄付)されます。


大きいダック!!
優勝者には、この白いVolkswagen Jetta(フォルクスワーゲンのジェッタ)が贈られるのです↓
a0118890_10113668.jpg



duck suit(ダックの着ぐるみ)も登場し、場を盛り上げます↓
a0118890_1012141.jpg



さて、レースはWillamette river(ウィラメット川)で行われます。
上流にあるスタート地点までちょっと歩くので、歩けない人はゴルフカートでピストン輸送していました。
このカートを運転してたスタッフのおばさんが仕切ってて、
ダックセンター(スタッフの司令部かな?)にtransceiver(トランシーバー)で連絡を取るとき、
This is mama duck.(こちら、お母さんダックです)」と言っていた。
パパダックもいるのかな?(笑)↓
a0118890_10122431.jpg




私とデビブはてくてく歩いて上流へ。
紅葉が始まっていて、散歩が気持ちいい↓
a0118890_10124631.jpg



橋には、すでに人が集まっていて、みんなカメラをかまえてスタンバイ。
しばらくしたら、先ほどの「ママダック」が号令をかけて、
10秒前からカウントダウンが始まった!!

「3、2、1、0!!!」

すると、クレーンに吊り下げられたコンテナがゆっくりと傾いて・・・↓
a0118890_10131060.jpg



全部川に落ちました!
黄色いダックの水溜りみたい↓
a0118890_10132439.jpg



そのとたん、みんな橋の反対側へ移動し、
ダックの流れを見守ります↓
a0118890_10134772.jpg




近くの親子の会話。
Mom, are there one hundred ducks?(ママ、ダック100匹いる?)」
More then that!!(それ以上よ!)」
夜のニュースによると、なんと70,000羽(!!)とのことでした↓
a0118890_1014764.jpg



あっという間に、遠くへ↓
a0118890_10142192.jpg





そこから急いでさっき来た道を戻り、ゴール地点へ。
手前の、人がたくさんいる橋のあたりがゴール!
奥の端は自動車用の橋ですが、そこではスタッフが釣り用のタモ網でダックをすくいあげていました↓
a0118890_10153565.jpg






なんだか時間がかかりそうなので、表彰式は見ずに帰ろうとするデビブと私。。。
しばし本物のダックを観察↓
a0118890_10155033.jpg




近くにいたおじさんが、シャボン玉の中にパイプの煙をいれて、白いシャボン玉を作っていた↓
a0118890_1016569.jpg




さっさと帰ろうとするデビブと私・・・。
駐車場にいったらこんな車が。ブレーキランプがかわいい。
ナンバープレートが「SO FUN(とっても楽しい)」だって。
a0118890_10162296.jpg



あんなたくさんのダックにどうやって順位をつけるか疑問ですが、
翌日の新聞にはちゃんとwinners(受賞者)の名前が出ていました。

とっても楽しいdonation event(寄付イベント)だな~、と思いました。





今日の豆知識⇒このダックレースは今年で22年目だそうです。日本のニュースでも紹介されたことがあります(「では、次は海外からのニュースです」というコーナーにて)。この日、ダックレースの隣ではdiabetes association(糖尿病協会)のイベントが行われていたのですが、よく見たらambulance(救急車)がスタンバイしていました(笑) さらに、糖尿病協会のイベントなのに、スポンサーが某ファーストフードの企業になってました。アメリカらしいです↓
a0118890_1016415.jpg


[PR]
by masmic | 2009-10-11 09:36 | ユージーン -イベント

メキシコ人の友達が、サルサコンテストに出る。 -Fiesta Latina

週末、ラテンのお祭りFiesta Latina(フィエスタ・ラティーナ)に行ってきました。

会場は、ユージーンの隣町Springfield(スプリングフィールド)のIsland Park(アイランドパーク)という公園です。
会場に向かうときyurt(ユルト。遊牧民の移動式テント)が見えた。なんだろう?↓
a0118890_92862.jpg



まずはここでチケットを買います。一人$5でした。
右下にぶら下がってる緑色のはpinata(ピニャータ)。中にお菓子が入ってて、子ども達が棒でバンバンたたくとお菓子がでてきます。明日の昼間にやるらしい↓
a0118890_9282631.jpg



先ほどのyurtに入ってみました↓
a0118890_928514.jpg



中ではラテン~なかんじの絵を売っていました↓
a0118890_9292582.jpg



ずんずん進むと、食べ物のbooth(屋台)がでていました。それにしても子どもが多かった。ちなみに10歳以下は入場料無料です↓
a0118890_9293992.jpg



屋台は、ほとんどメキシコ料理のお店です↓
a0118890_930484.jpg



車輪の形をした黄色いスナック(何て呼ぶのでしょう?)とか、花の形に切ったマンゴーとかもありました↓
a0118890_9304127.jpg



私とデビブはまずtacos(タコス)を食べることに。ここではタコスの皮も手作りしてた↓
a0118890_9305455.jpg



ビーフタコスは1個$1で、安くておいしかった! 
中身はビーフとオニオンとcilantro(パクチー)。
やっぱりメキシコ人が作る本物のメキシコ料理は美味しいのだなぁ(^_^)↓
a0118890_931846.jpg



こっちは初挑戦の料理、gorditas(ゴルディータス)。油で揚げてふかふかになったコーン皮に、ビーフや野菜をはさんでありました。これは、んまかった!
また食べたい↓
a0118890_93122100.jpg




さて、会場には、屋台から少し離れたところにステージがありました↓
a0118890_9313534.jpg



私達が着いたときはマジックショーをやっていたんだけど、
ラテン音楽が流れると人々は自由に踊り始める・・・↓
a0118890_93258.jpg



そして9時ごろから、salsa dance semifinals(サルサダンス・コンテストの準決勝)が始まりました↓
a0118890_9321785.jpg



6組出場したのですが、
なんとそのうちの一人が私のメキシコ人の友達でした!
残念ながら6位に終わりました・・・が、友達を応援できて楽しさ倍増な夜だったのでした↓
a0118890_9323152.jpg






今日の豆知識⇒このイベントでは、食べ物の缶詰を3つ寄付すると、入場料が$4になります。今年で17回目だそうですが、最初のころはPlaza Latinaの近くで小規模に開催していたとのこと。メキシコ人の移民が増えて、コミュニティーが年々大きくなっているのでしょう。ユージーンのタウン情報が載っているスペイン語の週刊紙も最近発行されていました。
[PR]
by masmic | 2009-09-20 09:40 | ユージーン -イベント

回転ドラムで焼くペッパーと、オレゴンダックス!

週末、Saturday Marketサタデーマーケット)に行ったら、
ベンのファームpepper(ピーマン)がドラム式ロースターで焼かれていました
やっと見られた!↓
a0118890_1353979.jpg




甥っ子がぐずっていたら、別のお店の人が、sunflower(ひまわり)をくれました。甥っ子、これで機嫌がなおる↓
a0118890_1353314.jpg



そのひまわりをもらったお店で、basil(バジル)を買いました。

この日はほかに、クラフトショップで、sock bank(靴下でできた貯金箱)を購入。口からコインを入れるのです↓
a0118890_13535071.jpg



帰りにデビブがUniversity of Oregon(オレゴン大学)の売店にてOregon Ducks(オレゴンダックス。オレゴン大学のチーム)のTシャツを購入。
いま大学フットボールの試合があちこちで行われているのですが、この日は我らがDucks(ダックス)の試合日。ホームであるAutzen Stadium(オーゼン・スタジアム)での試合は、今シーズン初です↓
a0118890_13541639.jpg



甥っ子も、サタデーマーケットで買ったtie-dye(絞り染め)のオレゴン「O」Tシャツで応援だ!! 
TVでね。。。
(結果、この日は無事Ducksが勝ちました!)
a0118890_13544490.jpg





今日の豆知識⇒Ducksのマスコットには、ディズニーからライセンスをとったDonald Duck (ドナルドダック)が使われていて、Fighting Duck(ファイティングダック)とも呼ばれています。グリーンとイエロー、そして「O」のマークが目印です。
[PR]
by masmic | 2009-09-13 13:43 | ユージーン -イベント


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧