はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ユージーン -ナイトスポット( 20 )

今が投資のチャンスかも!? -Villard St. Pub

Villard St.Pub(ヴィラード・ストリート・パブ)というお店に行きました。
ここは昔マクドナルドだった場所です↓
a0118890_15285937.jpg




こんな大男が入り口でお出迎え↓
a0118890_15292049.jpg




実はここは、デビブが「投資したらひと儲けできるかも!」と
ひそかに目をつけているお店です。
なぜなら、目の前に新しいバスケットボールのコートMatthew Knight Arena(マシュー・ナイト・アリーナ)を建設中だから(McArthur Court-マッカーサー・コート-の代わりに誕生するコートです)。
試合後にどっと客がなだれ込むだろう、とデビブは目論んでいるのです↓
a0118890_15295914.jpg




今はまだガラ~ンとしていますが・・・。
外には煌々と焚き火が燃えていました。ここも新コートができたら学生が集まりそう↓
a0118890_15301423.jpg




さて、このパブにはゲームがいろいろ置いてあるので、
私のお気に入りゲームSorry!(ソーリー)をやることに。
以前Wandering Goatでデビブに惨敗したので、今回は雪辱戦です↓
a0118890_15303542.jpg




私達はゲームをしてたけど、店には大きなスクリーンもあるので、スポーツ観戦もできるし、
みんな思い思いダラダラ過ごしてました↓
a0118890_1530592.jpg




ソーリーは私が2勝!汚名返上です(^_^)v




今日の豆知識⇒11月1日の早朝でサマータイムが終わったせいもあり、暗くなるのがぐっと早くなりました。ユージーンと日本の時差は、-17時間に戻りました。このVillard St. Pubでbread pudding(ブレッド・プディング)を注文したのですが、Jameson drunken raisens(ジェイムソンというウイスキーに漬けたレーズン)が入っていたので、「You must be 21 or over to order(21歳以上じゃないと注文できません)」と書いてありました。本当にアメリカはお酒に厳しいです!
[PR]
by masmic | 2009-11-02 15:26 | ユージーン -ナイトスポット

『プレイボーイ』のマージでなごむ。 -Jameson’s

ダウンタウンのDavis(デイビス)という店の向かいにある、
Jameson’s(ジェイムソンズ)というバーに入ってみました。
インテリアがおしゃれな雰囲気です↓
a0118890_17195066.jpg



ここは昔Cafe Paradiso(カフェ・パラディソ)というカフェだったみたいです。
ダウンタウンは、なぜこうも店がつぶれてしまうのでしょう??

バーに座りました↓
a0118890_17202392.jpg



少ししたら、客の一人(おじいさん)がデビブに声をかけてきました。
I won’t bother you, but…can you play pool with me?(じゃまするつもりじゃないんだけど・・・、ビリヤード一緒にやらない?)」とのこと。

デビブはあんまりビリヤード乗り気じゃなかったので、断りました。
ここにはビリヤード台が2台ありました↓
a0118890_1720416.jpg




それからしばらくして、外の空気を吸いにテラスに出ました↓
a0118890_1720554.jpg



そしたらさっきのおじいさんもついてきて、デビブにまた何か話しかけていました。
彼はものすごく酔っ払っていて、
「50ポンドのリュック一つが全財産なんだ。妻も息子も死んでしまって自分は一人だ」
と言いながら、腕についたタバコの根性焼きの跡とかをこっそり見せていました(!)

デビブも酔っ払っていたので、ちょっと同情して「なんだかかわいそうだよ」と言っていましたが、
おじいさんが女性の店員さんとビリヤードを始めたので、その様子を見ていました↓
a0118890_17214739.jpg




その後、男性の店員さんが、おじいさんが酔っ払いすぎているかどうかを確認したところ、
おじいさんは怒って出て行ってしまいました。

それからまたしばらくしたら、別のホームレスの人が店に入ってきて、
I just wanna shake your hand.(ただ握手してほしいんだ)」というので、
男性店員さんが握手してあげていました。さびしかったのかなぁ?




いろいろなお客さんがくるなぁ、と思って、デビブが男性店員さんに
You got a hard time.(大変だったね)」と言ったら、
「こんなのなんてことないよ、Greyhound(グレイハウンド)の横のバーに比べたら。あそこはもっと変な人いっぱい来るからね」とのこと。それってDowntown Loungeのこと!? 


a0118890_17223071.jpg




その後、その男性店員さんが、
Playboy(プレイボーイ)のマージみた?」といって雑誌を貸してくれました。
そこには、透け透けのランジェリー姿になった、
The Simpsons(シンプソンズ)の母親Marge(マージ)が・・・。
プロフィールの生年月日の欄に「You are so nosy.(あなたって詮索好きね)」と書いてあって、
思わず爆笑(~_~;)

店員さんも「cartoon character(アニメキャラ)だからweird(変てこ)だよね」と笑っていました。
この店員さん、なかなかナイスだなぁ、と妙に感心した夜だったのでした。




今日の豆知識⇒バーの店員は、泥酔した人にお酒を出してはいけないことになっています。だからここの店の人もホームレスのおじいさんに確認していたのです。お酒に関してはIDが必要だったりと厳しいけど、ホームレスの人だからといって門前払いにしたりはしないようです。
[PR]
by masmic | 2009-10-25 17:17 | ユージーン -ナイトスポット

神戸ビーフ、置いてマス。 -Rogue

ダウンタウンのRogue(ローグ)というお店に行ってきました↓
a0118890_14591190.jpg



またまたデビブ、ビール行脚です☆
なんだか居酒屋っぽい店だな~↓
a0118890_14593728.jpg




このrogueというお店は、NewportPortlandなどにもあるみたいです。
NewportのRogue Brewery(ローグ・ブリュワリー)が造ってるSt. Rogue Redというビールは
最近、ロンドンのWorld Beer Awards(ワールド・ビア・アワード)の
Indian Pale Ale(インディアン・ペール・エール)という部門で1位を取ったそうです。
今日の新聞に載ってました。

カウンターにbeers on tap(生ビール)がずらっと↓
a0118890_14595510.jpg




あと、ここのお店ってなぜかKobe beef(神戸牛)メニューがたくさんあるんです。
1/2 LB Kobe Burger(1/2パウンド神戸バーガー)とか、
Kobe slider(神戸牛のスライダーという小さいバーガー)とか、
Kobe beef sausage(神戸牛ソーセージ)とか。。。
黒豚メニューも少しあって、
Kurobuta Ham & Cheddar Sandwich(黒豚ハムとチーズのサンドイッチ)とか、
American Kurobuta chorizo pork sausage(アメリカン黒豚チョリソー)とか。
何ででしょう?


ちなみに私達が注文したのは、
Kobe Blue Balls(神戸ブルーボール)という、
オレゴン産ブルーチーズが入った、神戸牛のミートボール。
塩・コショウが、なぜか日本のビール瓶に入っていました。
(しかも、なんだか変わったビールだし・・・)
何ででしょう?↓
a0118890_150141.jpg





この日本との癒着ぐあい・・・。
噂によると、札幌に姉妹店があるそうです。


この日は客が少なかったけど、学生さんとかがぐわーっと集まってきて集団で飲んでそうなお店だなぁと思いました↓
a0118890_1503050.jpg






今日の豆知識⇒ここのトイレは、Men/Womenとか、Gentlemen/Ladiesなどという表示じゃなくて、代わりにHops/Barleyと書いてありました。分からなくて、つい店員さんにどっちが女子トイレか聞いちゃいました。barley(大麦)から作った液にhops(ホップ)を入れてビールを造るから・・・、なんでしょうね(~_~;)
[PR]
by masmic | 2009-10-21 14:57 | ユージーン -ナイトスポット

アスレチッククラブの上で、ジャズィーな夜。 -Ax Billy Grill

デビブが大学のときに受講していたジャズ論の先生がライブをやると聞いて、
行ってみることにしました。
ただ、書かれていた住所のところにバーらしきものはなく、
あったのがコチラの高級アスレチッククラブ、
Downtown Athletic Club(ダウンタウン・アスレチッククラブ)↓
a0118890_14513178.jpg



恐る恐る入ってみると、アスレチッククラブの受付の人が
「ああ、実はsign(看板)ないけど、ここの3階にレストランあるわよ」
だって。看板なんでないの?

で、3階に行ってみたら、ちゃんとありました。
Ax Billy Grill(オックス・ビリー・グリル)というお店↓
a0118890_14514912.jpg



本当にここでやるのかな?
私達、ジーンズで来たけど入れるんかいな・・・?
なんか不安~。だって案内なんにもないんだもーん。

と、これまた恐る恐るバーカウンターに座ってみた。
お食事している人たちの年齢層が高いんです・・・。
ユージーンじゃないみたいな雰囲気だし。
この町にこんなfancy(ぜいたく)な場所あったんだ~↓
a0118890_1452973.jpg



しばらくしたら、ちゃんと演奏が始まりました。
この先生、よくSaturday Marketのステージ前で演奏を聞いているのを見かけるけど、
彼も実際にsaxophone(サックス)吹けたんですね。
バンドのメンバーって、もしかして教え子たち?
(だったら緊張するでしょうね)
と、いらぬ心配、する私。

サックスとベース、キーボード、ドラムの
大人Jazzy(ジャズ風)な夜だったのでした↓
a0118890_14522770.jpg




立派なwood-fired oven(薪オーブン)があったので、ピザを食べてみたかったな↓
a0118890_14524750.jpg





今日の豆知識⇒食事しないでドリンクだけ飲みたい場合はそう言えばOKです。内装とは裏腹に、意外と安くて(ビール$3.50)驚きました。会計したいときは、テーブルにcheck(伝票)を持ってきてもらうのですが、server(ウェイター)の方を大声で呼んだりとかできないので、待たされてイライラすることがあります。が、じっと我慢して待ちましょう。
[PR]
by masmic | 2009-10-19 14:50 | ユージーン -ナイトスポット

アメリカ軍関係のグッズがおいてあります。 -Mac’s at the Vets Club

Eugene(ユージーン)の町を東西に分けているWillamette St.(ウィラメット通り)沿いに、
Veteran's Memorial building(ベテランズ・メモリアル・ビルディング。通称Vets Club-ベッツクラブ-)という建物があります↓
a0118890_15194829.jpg



veteran(ベテラン)は日本語ではエキスパートという意味だけど、
英語では退役軍人のことです。
だからここは退役軍人のための建物。


前から気になっていたのですが、
先週ついに入ってみました↓
a0118890_15201410.jpg



中はレトロな雰囲気で、2階へ続く階段あり。
階段の横にショーケースがあって、のぞいてみると・・・↓
a0118890_15203375.jpg



米軍関係のものが入っていました↓
a0118890_15205021.jpg



2階に行ってみました。
階段にも軍人の絵が↓
a0118890_1521892.jpg



2階には、広くて立派なballroom(ダンスフロア)がありました↓
a0118890_1521245.jpg



さて、1階に戻ってきました。本来の目的はこっち。
この建物には、Mac’s(マックス)というレストランが入っています。
そこに飲みにきたデビブと私↓
a0118890_15214236.jpg



奥のほうにテーブルのあるフロアが広がっていて、暖炉やバンドのステージなどもありました↓
a0118890_1522360.jpg



デビブはここのバーのカウンターに座りたかったみたいだけど、満席なのでテーブルに座ることに↓
a0118890_15221917.jpg



red hot strips(レッド・ホット・ストリップス)を注文。辛酸~っぱかったけど、おいしいチキンでした↓
a0118890_15224118.jpg



テーブルのあるフロアを奥に突っ切って外に出ると、入り口のある建物正面側に出ます。
喫煙者の方はこちらでどうぞ~↓
a0118890_15225933.jpg



この日は夜9時半からblues & soul(ブルースとソウル)の演奏があるので、バンドの人たちが準備を始めていました。木金土曜は何かしら演奏があるみたい。
大人~なかんじの渋いナイトスポットです。


◎おまけ
ベッツクラブ内にあったレトロなマシン。m&m(エムアンドエムというチョコレート)も入ってるけど、買う人いるのかな?↓
a0118890_15231836.jpg






今日の豆知識⇒veteran(退役軍人)のビルだから、バーのお客さんは義足の人とか多いのかな・・・と勝手に想像していた私ですが、そういう人はむしろいませんでした。ただ、元軍人らしきおじいさんはいました。毎週木曜日に"sing along”イベントをやっているのですが、これは「~と一緒に歌う」というカラオケみたいなイベントのことです。
[PR]
by masmic | 2009-10-16 15:18 | ユージーン -ナイトスポット

リバーサイドで一杯。 -North Bank

North Bank(ノースバンク)というレストランに行ってきました↓
a0118890_5491769.jpg



ここは、High Street Brewery & CaféEast 19th Street Caféと同じ、McMenamins(マクメナミンズ)という会社の系列です。

この店の特徴は、riverside(川辺)にあるという点。patio(テラス)が広くて席数もけっこうありました↓
a0118890_5494920.jpg



が、この日は暗くて何も見えず・・・(-_-;)
私達が遅い時間にいったせいもありますが、もうちょっと照明明るく設定してもよいのではー? 
料理も暗すぎて撮影できなかった(T_T)
ほら、このとおり真っ暗↓
a0118890_550286.jpg



しかも外の席にはfireplace(暖炉)があるんだけど、私達はすごい端っこのほうに案内されたので寒かったです(*_*;

なので、行くなら夕方くらいがよいでしょう。


バーのほうはけっこう人が入っていました↓
a0118890_5504872.jpg




今日の豆知識⇒この時期ユージーンでは、オレゴン大学の新入生を送ってきた両親などが宿泊しているので、レストランで親子連れに遭遇することが多いです。他州や他の町から来ている生徒は、親との別れを惜しむ時期なのかもしれません。
[PR]
by masmic | 2009-10-04 05:42 | ユージーン -ナイトスポット

グレイハウンドのすぐ横。 -The Downtown Lounge

さて、夜遊びレポートが続いております・・・・が、
まだまだ続きます(~_~;)

Amtrak(アムトラック)ときたら、Greyhound(グレイハウンド。全米を回ってる長距離バス)。
ユージーンにも、ダウンタウンに乗り場があります↓
a0118890_831198.jpg



そのバス停のすぐ近くにある、The Downtown Lounge(ダウンタウン・ラウンジ)に行ってみました↓
a0118890_8315811.jpg



ここは昔~から内装が変わっていないそう。
古めかしい味のあるBar & Lounge(バーとラウンジ)です。
右手にバーと、ゲームができる空間がありました↓
a0118890_8322738.jpg



またピンボール台を発見↓
a0118890_8323872.jpg




(ブレまくっていてわかりにくいですが…)
左手はソファーのあるラウンジ席です。
この日は、Jennifer Batten(ジェニファー・バテン)というアーティストがguitar clinic(ギターのセミナー)とconcert(コンサート)のために来ていました↓
a0118890_8325525.jpg



なので、私とデビブは外で飲むことに。
ユージーンのダウンタウンは閑散としているけど、さびれた感じも結構私は好きです。夜風に当たりながら、人間ウォッチングをしていたら、Greyhoundのバスが到着するのを見ました↓
a0118890_8334144.jpg







今日の豆知識⇒Jennifer Battenはアメリカ北西部でよく知られたギタリストなんだそうです。参加するには別料金が必要とのこと。グレイハウンドを走っているところをなかなか見かけないのですが、どうやらユージーンには夜到着しているようです。
[PR]
by masmic | 2009-10-03 08:28 | ユージーン -ナイトスポット

アメリカン呑ん兵衛~な店。 -Jackalope Lounge

デビブがなぜか気に入っている、こちらの呑み屋へ行きました↓
a0118890_18354515.jpg



ユージーン駅の真ん前にあるこの店の名前は、Jackalope Lounge(ジャッカロープ・ラウンジ)↓
a0118890_183681.jpg



Jackalope(ジャッカロープ)とは、鹿の角が生えたウサギ(に似ている)のUMA(未確認生物)です。店内に飾ってあった。酔っぱらい=未知の動物になる、から?(笑)↓
a0118890_18363195.jpg



ユージーンの駅前は、東京の駅前みたいに栄えてないんですが、
この店は意外と人が入ってる。常連さんかな↓
a0118890_18372810.jpg



二階には、pool table(ビリヤード台)やdartboard(ダーツの的)、video lottery(画面でやるスロットなどの宝くじ)、ゲーム機などがあって、遊べるようになってました↓
a0118890_18374816.jpg



ここにもあった、pinball machine(ピンボール台)↓
a0118890_1838565.jpg



もう一つ↓
a0118890_18382460.jpg




中年のおばさんが、ビール片手にピンボール台をバンバンたたいて熱中している光景を見ながら、
「アメリカ人の飲みの文化って、面白いな~(日本でこんなおばさん見たことなかったよ)」
と思いました。



下の写真は、デビブが、「オイラもちょっとだけやる♥」といってあっけなく負けた、video lotteryです。
あ、ここ窓にスダレがかかってる(ここだけ和風?)↓
a0118890_1839069.jpg




一階のJackalopeのところでビールを注文して、
店の外に出てまったり飲んで、
たまに二階の遊び場に行ってみて、
途中の階段でjukebox(ジュークボックス)をいじってみたりして・・・、
と、そんなアメリカン呑ん兵衛~な時間を過ごせるのが、
デビブが気に入っているゆえんかもしれない(-_-;)




今日の豆知識⇒アメリカのダーツは日本みたいなマシーンではなく、シンプルな昔ながらの的が一般的のようす(私の見た限りでは)。ダーツは無料ですが、矢をお店の人から借りなければなりません。ビリヤードは台にお金を入れると玉が出てきます。
[PR]
by masmic | 2009-10-01 18:46 | ユージーン -ナイトスポット

田舎の体育館みたいな箱でライブ。 -Sam Bond’s Garage

ユージーンのスラム街whiteaker(ウィティカー)で2軒めは、
Sam Bond’s Garage(サム・ボンズ・ガラージ)へ↓
a0118890_1292267.jpg



人が集まりはじめていて、さっきのTiny Tavernで見かけた人もちらほら。みんな、ドリンクやフードのオーダーで忙しい↓
a0118890_12102960.jpg



9:30からライブが始まるのです。中はなんとな~く、田舎の体育館のステージみたいな雰囲気(良い意味で)↓
a0118890_1211717.jpg




フードはホームメイドのピザも気になったけど、今日はこちらのpotato samosa(ポテトサモサ)を注文。予想以上に料理は美味しかったです(^_^)v↓
a0118890_12112715.jpg




ステージが始まりました。
この日の音楽は、Cuban dance music(キューバのダンス音楽)。チャージは$5です。
さっそくみんなダンス開始!
一番前の席に、美女と一緒にステージを見てた白いスーツの黒人の人がいて、妙に貫禄があったので「この人がオーナー?(サムさん)?」と気になりました↓
a0118890_12115181.jpg





1ステージ終わって、beer garden(ビアガーデン)と書いてあったbackyard(裏庭)に行ってみました↓
a0118890_12122711.jpg



けっこう広い。今は喫煙所みたいになってたけど、
夏はステージの裏の壁を取り外して、裏庭でも音楽が楽しめるみたいです↓
a0118890_12124330.jpg




中に戻るとまたステージが始まった!!
アメリカ人はみんな好きなように自己流で踊るので、
いつも「私も踊れるかも!?」という気にさせられます(笑)↓
a0118890_12131144.jpg




デビブは踊らないので、ビールをぐいぐいっ、と↓
a0118890_12132421.jpg




盛り上がっていたところ、途中であのサムさんらしき人が席を立って、店の奥のほうにいきました。そしたら・・・
突然mirror ball(ミラーボール)が回りだしました!
偶然かな??? それとも、やっぱり?↓
a0118890_12134331.jpg







今日の豆知識⇒ステージの写真を見るとわかりますが、ステージの上に、金色の大きな牛のhorn(角)みたいなオブジェが飾ってあります。アメリカの田舎のステージでよくこういう角が飾ってあるらしいんですけど、デビブに言わせると、「この店のは大きすぎるでしょ! あきらかにバカにしてるでしょ(笑)」とのことです。
[PR]
by masmic | 2009-09-27 11:55 | ユージーン -ナイトスポット

スラム街の、いこいの場所? -Tiny Tavern

久々にデビブとはしご酒。
今日は、whiteaker(ウィティカー)という地域にいってみました。

whiteakerは、以前はユージーンのスラム街みたいな場所で、治安もあんまり良くなかったそうなんですけど、最近はユニークな新しいお店が増えて活気が出てきています。



ちなみに、この近くのお店としては、
アフロヘア兄弟のOff The Waffle
ケーキが美味しいSweet Life
恐竜がいっぱいのLaughing Planet Cafeなどがあります。



さて、この日まず行ったのはここ、Tiny Tavern(タイニー・タバーン)というバー。
手前の車の屋根になぜか人形がびっしりと・・・↓
a0118890_55172.jpg




ちなみにこの店は、
前にソウルフードを食べたPapa's Soul Food Kitchenのすぐ近くにあります。


入ると、ライブ中でした。
ステージのバッグに、レインボーのタイダイ幕がだだーっと貼ってあった(笑)
年取ったヒッピー、ってかんじ↓
a0118890_5505234.jpg




大音量すぎて、会話が聞こえない状態。
デビブとブースで飲んでいると、
レインボーカラーのニット帽子をかぶった人が、私達のブースに座ってきました。
上の写真の右側の方に立っている背が高い人なんですけど・・・。



その人は、「whiteakerはスラムだって言われて、たしかにfancy(贅沢)な店はないけど、この辺のブルーカラーの人たちは素朴でいい奴が多いし、今は楽しい店も増えて、僕は大好きさ。かえってこういう場所のほうが落ち着くよ」と言っていました。外野がうるさい中、デビブがなんとか聞き取りました(笑)



私が「その帽子、いいね!」といったら、
紙に何かを書いてくれました(音楽がうるさくて聞こえないので)↓
a0118890_5503070.jpg



I wish to add more & make the braids longer!
(もっと(耳あてのところの)三つ編みをたくさんつけたい&三つ編みを長くしたい!!!)だそうです。


彼の耳あて付きの帽子には、短いbraids(三つ編み)がついていたのです(笑)
帽子は、eugene celebrationのときに奥さんにもらったんだって。



今日の豆知識⇒Tiny Tavernのお客さんはblue-collar(肉体労働者)の階級が多いので、夜中働いて朝飲みに来れるよう、店は朝8時から営業しているとききました。アルコールを出すお店は夜2時ごろには閉まってしまうはずなので、一度閉めてからまた開くのかもしれません。
[PR]
by masmic | 2009-09-26 05:55 | ユージーン -ナイトスポット


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧