はい、隣はヒッピーです。


アメリカ移住した日米カップルのスローなオレゴン生活
by masmic
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

結婚指輪ができました。

サイズ直しが終わって、結婚指輪が手元にきました!
以前のブログに書いたジャッキーの店で希望のものを購入することができ、とても満足です。

a0118890_11422978.jpg



engagement ring(婚約指輪)は、ダイヤが一個だけついているクラシックなsolitaire ring(ソリテア)、wedding band(結婚指輪)は小さなダイヤが列になってついているものにしました。この組み合わせ、とても気に入っています↓
a0118890_1143881.jpg



婚約指輪とバンドをくっつけてしまう人もいるそうですが、私は将来子どもにbandをあげるかもしれないので、そのままにしました。
そのことより、私には気になっていることがあり…。

わたし「指輪の内側にイニシャルとか入れてもらう?」
デビブ「m&d tlfとか?ダサいよ!」
わたし「なに?? m&d(マスミとデビブ) trf(ティーアールエフ)?」
デビブ「それはTK rave factory(いわずと知れた小室ファミリー)じゃん!オイラが言ったのはtrue love forever。やっぱり日本人ってLとRに弱いね」だって…。ガーン!! 言われてしまった。く、くやしい!
「…そうだよね、…ださいよね」ということで却下です。

それにしても、デビブはなんでtrfのフルネームを知ってる???



今日の豆知識⇒私は「80歳のおばあさんになるまで同じ指輪だから、飽きのこないシンプルなものにしよう」と思っていたんですが、お友達のマリコさんによると、「そんなのは5年ぐらいして飽きたら、自分で作り変えてよいのよ。そんなもんは夫に断らなくてよろし」とのこと。マリコさんは最初ゴールドのリングだったのをプラチナに作り変え、さらに中央のダイヤの周りに、夫の母からもらったダイヤを一個ずつ付け加えていったので、最初の指輪と今の指輪は全然違うものになっているそうです。指輪も歳とともに進化するんですね…。
[PR]
by masmic | 2009-02-26 11:52 | 日々の生活あれこれ
<< アンティークの小さな床屋。 -... オバマは本当に人気者。 >>


メモ帳
国際結婚をへて、2009年1月に東京からアメリカ・オレゴン州ユージーンへ移住したマスミ(わたし)とデビブ(夫)の、スローな毎日の日記。


◎ランキングに登録してみました。読んだら1クリックお願いします(*^_^*)↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




◎友ブロです↓
片山智香子@ボウル一個のパン作り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
検索
最新のトラックバック
子供の木のうつわ
from ~Nipponと暮らす~ 「..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧